非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(CIO・マネージャ)
  • IT管理者
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
ネットワーク仮想化といえばこれ
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ネットワークも仮想化できる点です。ネットワークといってもアプライアンスも含んでいるため、ファイアウォールやスイッチ、負荷分散装置等、広範囲に渡って仮想環境を実現できます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

魅力的な製品だと思いますが、今後いろいろ問題も出てくるような気がしますので、保守サポート体制をしっかりしてもらえたらと思います。他に有力な競合製品が無いことで、メーカーがあぐらをかかないといいのですが。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバに続いてネットワークも仮想化できるため統合的に管理できるため、保守運用面でもメリットが大きいです。勿論、物理的なコストも削減できます。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

ネットワーク仮想化といえば、現在はこの製品が優位性高いと思いますので、検討するといいと思います。

user
  • 日本電子計算株式会社
  • その他情報システム関連職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
便利ではあるが難解
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

一旦、初期設定を行い、概要的なところが理解できれば、
その後の追加、導入は比較的スムーズにできる。
そのため、運用が楽になるとは感じている。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

導入するために理解するのに非常に時間がかかった。
考え方の概念を実際に使えるレベルまで落とし込むのはなかなか難しく、
気軽に導入できるとは思えなかった。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ネットワークを仮想化できるため、物理機器の購入費用が抑えられる。
設置場所の心配や費用がかからない。
また、統合的に管理できるのは大きなメリットと考える。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

概要が理解できて、使い方がわかれば便利だとは思います。

その他の製品

user
  • trustytrading.work
  • その他専門職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
ネットワーク仮想化の革新的手法
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ネットワークの物理ハードウェアの設置管理は、導入費用、新たな機種への入れ替え、構成の変更と何かと大変な要素ですが、これを一括して仮想化してしまうという革新的な解法だと思います。サーバを仮想化するのみならずネットワークもということで、統合的に運用できます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

まだバグも多いようで、信頼性については疑問符がつく。現実的には、物理ネットワークと仮想ネットワークとの統合は必要で、その柔軟性や親和性にも課題あり。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

仮想サーバのシームレスな延長線上に仮想ネットワークがあるのは非常に利点が大きいです。ネットワークハードウェア機器についても管理は煩雑になりやすいので、そこを一気に無くす、と現実的には行かないものの、その方向へ進めます。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 保守・運用管理
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
ネットワーク仮想化プラットフォーム
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

スイッチ、ルータ、ファイアウォール、ロードバランサなどのネットワークコンポーネントをソフトウェアで実現するため柔軟かつ迅速にネットワークを構築することが可能

改善してほしいポイントは何でしょうか?

バグが多く頻繁にバージョンアップが提供されるが、多数の仮想サーバを導入、管理しているため容易にシステム停止しての作業ができない

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

今まで仮想サーバ導入時にファイアウォールやロードバランサについては物理環境を用意しなければならなかったが、NSXの導入により物理的な機器を導入せずによくなった

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
  • 販売関係者
サーバ仮想化との親和性重視なら一番
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

サーバ仮想化のトップブランドと言っていいVMware vSphere環境用のネットワーク仮想化ソフトウェア。当たり前だがサーバ仮想化の拡張機能的に取り扱えることがポイントで、サーバ担当者が合わせて構築・利用が可能。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

物理ネットワークとの統合機能部分はまだ改善の余地があると思われる。仮想の世界と物理の世界をもう少し柔軟に統合できるよう改善されるとなお使い勝手が良いと思われる。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバ担当者がネットワークも含めて運用可能な体制が作れ、コストメリットもさることながら、人員をシステム企画へ配置換えするなどの体制変更に寄与してくれた。ハードウェアは単なる箱として、最小限の保守サービスへ移行出来た。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

サーバ管理者がネットワークまで管理・運用しなければならない少人数体制なら、一度は検討してよいかと思います。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • 電気
  • 1000人以上
VMware製品群との親和性
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ネットワーク仮想化において、サーバ仮想化や仮想化サーバ内での仮想ネットワークとの親和性を保ちつつ、データセンターレベルでの拡張が図られる点。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

openflow型のSDN含め、ネットワーク仮想化領域においては製品間の違いがまだまだ大きい印象があり、均一化を期待したい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

一部組織においてvCDなどVMware製品群とともに基盤環境を整え運用しています。今後は一層の標準化を進める等利活用面での施策を検討しています。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

L3レイヤーなど従来高いグレードの通信機器で実現している箇所との接続においては、将来的な統合も見据えた検討をすることで、必要な実現レベルが見えてくると考えます。