3Dデザインとは

3Dデザインとは「Three-Dimensional」の略語で、名前の通り3次元に見えるデザインのことをいいます。立体的に形状をデザインし、物が飛び出して見えたり、そこに奥行きがあったりするかのように見えるデザインが3Dデザインにあたります。
3D映像を制作するデザイナーは3Dデザイナーと呼ばれます。主な仕事は「モデリング」と呼ばれる、平面から立体的な形を作り上げていく作業です。このほかにも「モーションデザイン」という映像に動きを与える作業や、「ライティング」「エフェクト」といった光や風景などを作る作業などがあります。

3Dデザインを始めるには「3Dソフト」が必要です。
3Dソフトには3D-CG(3次元コンピューターグラフィックス)と3D-CAD(3次元コンピューター支援設計)の2種類があります。

・3D-CG
アニメ、映像や映画、ゲームで使われている3Dキャラクターなどをデザイン

・3D-CAD
建築物、乗り物、機械、インテリア家具や雑貨、日用品など工業製品をデザイン

3Dデザインの機能一覧


基本機能

機能 解説
3Dモデリング 平面に作画されたキャラクターの頂点、エッジ、面などに基づくジオメトリ(図形を表す式の係数データの組み合わせ)を使用して立体的な3Dモデルを作成できる
モーションデザイン 3Dモデルに思い通りの動きを加えることができる
ビジュアル エフェクト 映画、テレビ、ゲームなど向けに迫力のある背景やエフェクト(効果)を加え、リアルで魅力的な環境を作成できる
レンダリング 何らかの抽象的なデータ集合を元に、画像や映像、音声などを生成できる機能で、ライティング、マテリアル、カメラなどのシーン変更が可能になる
3D CAD プロダクトデザインにおいて、設計作図や技術ドキュメントの作成を自動化。設計を立体化し、視覚化して共有できる


3Dデザインの基礎知識

3Dデザインとは「Three-Dimensional」の略語で、名前の通り3次元に見えるデザインのことをいいます。立体的に形状をデザインし、物が飛び出して見えたり、そこに奥行きがあったりするかのように見えるデザインが3Dデザインにあたります。
3D映像を制作するデザイナーは3Dデザイナーと呼ばれます。主な仕事は「モデリング」と呼ばれる、平面から立体的な形を作り上げていく作業です。このほかにも「モーションデザイン」という映像に動きを与える作業や、「ライティング」「エフェクト」といった光や風景などを作る作業などがあります。

3Dデザインを始めるには「3Dソフト」が必要です。
3Dソフトには3D-CG(3次元コンピューターグラフィックス)と3D-CAD(3次元コンピューター支援設計)の2種類があります。

・3D-CG
アニメ、映像や映画、ゲームで使われている3Dキャラクターなどをデザイン

・3D-CAD
建築物、乗り物、機械、インテリア家具や雑貨、日用品など工業製品をデザイン

3Dデザインの機能一覧


基本機能

機能 解説
3Dモデリング 平面に作画されたキャラクターの頂点、エッジ、面などに基づくジオメトリ(図形を表す式の係数データの組み合わせ)を使用して立体的な3Dモデルを作成できる
モーションデザイン 3Dモデルに思い通りの動きを加えることができる
ビジュアル エフェクト 映画、テレビ、ゲームなど向けに迫力のある背景やエフェクト(効果)を加え、リアルで魅力的な環境を作成できる
レンダリング 何らかの抽象的なデータ集合を元に、画像や映像、音声などを生成できる機能で、ライティング、マテリアル、カメラなどのシーン変更が可能になる
3D CAD プロダクトデザインにおいて、設計作図や技術ドキュメントの作成を自動化。設計を立体化し、視覚化して共有できる