CMP(同意管理プラットフォーム)とは

CMP(同意管理プラットフォーム)とは、企業と生活者の間で個人データの利用に関する同意形成を行うツールです。日頃スマートフォンやPCでインターネットの閲覧時に、「Cookie(クッキー)を許可しますか」という文言を見かけるかと思います。2016年にGDPRが制定されて以降、企業が自社のWebサービスやアプリのユーザーに対し、行動データを事業に活用するために相互同意が必要とされるようになりました。2022年4月には日本でも改正個人情報保護法の制定により、企業によるユーザーデータの利活用は厳しく見られるようになっています。CMPを活用することにより、ユーザーとの利用同意に必要な文章の提示、アクセス元IPによる文書の出し分け、データの利用可否を決めるボタンの設定などがオールインワンで実装することが可能になります。

CMP(同意管理プラットフォーム)の基礎知識

CMP(同意管理プラットフォーム)とは、企業と生活者の間で個人データの利用に関する同意形成を行うツールです。日頃スマートフォンやPCでインターネットの閲覧時に、「Cookie(クッキー)を許可しますか」という文言を見かけるかと思います。2016年にGDPRが制定されて以降、企業が自社のWebサービスやアプリのユーザーに対し、行動データを事業に活用するために相互同意が必要とされるようになりました。2022年4月には日本でも改正個人情報保護法の制定により、企業によるユーザーデータの利活用は厳しく見られるようになっています。CMPを活用することにより、ユーザーとの利用同意に必要な文章の提示、アクセス元IPによる文書の出し分け、データの利用可否を決めるボタンの設定などがオールインワンで実装することが可能になります。