エディタソフトとは

 エディタソフトとは、コンピュータ上の各種ファイルを編集するソフトウェアの総称だが、テキストファイルを作成、編集、保存するためのソフトウェアであるテキストエディタを指すことが多い。利用目的としては、日常的な文書編集以外にソースコードの記述などプログラミングがあげられる。また、ソースコードの入力を効率化するよう設計されたテキストエディタもある。それらのプログラミング用のテキストエディタを使うことで効率的に開発作業を行うことができる。


エディタソフトの機能一覧


基本機能

機能 解説
検索と置換 特定の文字列を見つけたり、指定した文字列に置き換えたりできる
構文の強調表示 特定のアイテムまたはアイテムタイプを異なる色/フォントで表示することで、大量のコードを視覚的に簡単に解析できるようにする
オートコンプリート 頻繁に使用するコードを手動で入力する時間を節約できるよう、一般的な関数や式などを自動補完する
コードの折り畳み コードの特定のセクションを非表示にすることで、膨大な行のコードを扱う場合に作業を行いやすくする
コンパイラ統合 コンパイラを使用してソースコードをより使いやすいコードに変換し、編集して元に戻すことができる
クロスプラットフォームのサポート 開発者が利用したいOS環境を用いたり、さまざまな開発者が共同作業を行えるように複数のプラットフォーム(UNIXなどを含む)をサポートする
拡張性 アドオンのライブラリなどを利用して機能を追加したり、カスタマイズを行える
共同編集 複数の開発者が異なるPCから同じファイルを同時に操作し、ノートの追加、チャット機能などの利用も行える


エディタソフトの基礎知識

 エディタソフトとは、コンピュータ上の各種ファイルを編集するソフトウェアの総称だが、テキストファイルを作成、編集、保存するためのソフトウェアであるテキストエディタを指すことが多い。利用目的としては、日常的な文書編集以外にソースコードの記述などプログラミングがあげられる。また、ソースコードの入力を効率化するよう設計されたテキストエディタもある。それらのプログラミング用のテキストエディタを使うことで効率的に開発作業を行うことができる。


エディタソフトの機能一覧


基本機能

機能 解説
検索と置換 特定の文字列を見つけたり、指定した文字列に置き換えたりできる
構文の強調表示 特定のアイテムまたはアイテムタイプを異なる色/フォントで表示することで、大量のコードを視覚的に簡単に解析できるようにする
オートコンプリート 頻繁に使用するコードを手動で入力する時間を節約できるよう、一般的な関数や式などを自動補完する
コードの折り畳み コードの特定のセクションを非表示にすることで、膨大な行のコードを扱う場合に作業を行いやすくする
コンパイラ統合 コンパイラを使用してソースコードをより使いやすいコードに変換し、編集して元に戻すことができる
クロスプラットフォームのサポート 開発者が利用したいOS環境を用いたり、さまざまな開発者が共同作業を行えるように複数のプラットフォーム(UNIXなどを含む)をサポートする
拡張性 アドオンのライブラリなどを利用して機能を追加したり、カスタマイズを行える
共同編集 複数の開発者が異なるPCから同じファイルを同時に操作し、ノートの追加、チャット機能などの利用も行える