非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 品質管理
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 20-50人未満
フォルダ・ファイル比較といえばコレ
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

フォルダ丸ごと、ファイル単位で比較することが可能です。
また、文字コードが異なるファイルでも比較することができます。
比較した結果は左右に表示され、色付きでわかりやすく表示されるため非常に使いやすいです。
Windowsの右クリックメニューへもメニューを追加できるので使い勝手が高いです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Windowsのファイル比較ツールの定番だと思いますが、Macではコレといったものが無く、WinMergeのMac版があればいいのに、と常々思ってる至大です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

現在の環境と新しい環境を比較したい場合や、修正点の洗い出しによく利用しています。
ファイル2つを選択して右クリックメニューから起動するだけでいいのでとても便利に利用しています。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • システム分析・設計
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
精度の高いファイル比較ツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

プログラムソースの比較やテキストファイルの差分確認で使用。
他のファイル比較ツールに比べて正確な比較結果を表示してくれるため、重宝している。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

機能面では特にありませんが、Macでの開発時に同様のツールがあるといいなと常々思っているので、Macに対応してほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

プログラムソースやテキストファイルを修正したときの検証の一環として差分比較を行う際、これなしでは作業ができないくらい便利なツールです。

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 論理・回路設計(アナログ)
  • ユーザー(利用者)
  • 電気・電子機器
  • 300-1000人未満
差分チェックの必需品
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

テキストファイルの差分チェックだけでなく、フォルダやOfficeドキュメントの比較もできるので便利。
比較だけでなく、マージ機能があるのもメリット。しかも、3ファイルマージも可。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

比較するファイルは1つずつドラックする必要があるが、2つ同時にドラックして比較できる機能があれば便利。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

複数人でドキュメント作成した際の差分チェック時に使用している。
フォルダ比較はバックアップフォルダの管理・整理の際に活躍している。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

インストーラ版だけでなく、ポータブル版(zip版)もあるので導入しやすい。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プログラミング・テスト
  • ユーザー(利用者)
  • 不明
  • 不明
ファイル比較などをするときに便利
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ファイル単位で差分を知りたいときに、視覚的に表示することができるので便利です。他にも、テキスト単位やフォルダ単位でも比較できるのでお勧め。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

比較の精度が悪いときがあるのでそこら変をよくしてもらえれば、なおよいかと思います。基本的によく出来たツールなので特に改善してほしいところが見あたらないです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

バージョン管理ソフトに付随する比較ツールが使いづらいので、こちらのソフトでよくファイル比較をしています。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プロジェクトマネージャ
  • 導入決定者
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
開発現場では必須
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

主にプログラムのソース比較で使用していますが、的確に差分を出してくれるので長年利用しています。細かい設定で差分の精度も良くなりますので場面によって調整しながら利用しています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

設定で対応可能かもしれませんが、既存のソースを自動で整形した時に全行を差分と判断されるのでそれを簡単に対応出来れば良いと思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

あるとないとでは開発効率が全然変わります。規模が大きくなる程にそれが実感できています。これが無ければチームでの開発は不可能です。