SEOツールとは

 SEO(Search Engine Optimization)ツールとは、特定キーワードにおける検索エンジンの表示順位を上げるための支援ツールである。

 SEO対策は、大きく「専門性の高いサイトから被リンクを設計する外部要因」と「良いコンテンツと適切なキーワードのマッチングで表出を最適化する内部要因」からなる。SEOツールは後者の良質なコンテンツ制作に重きを置く製品が多く、主に適切なキーワードの選定やコンテンツの最適化、キーワードごとにおける競合Webサイトとの順位比較などの機能を有す。

SEOツールの種類

SEOツールには大きく3種類のツールが存在する。それぞれ目的別に利用することが可能だ。

検索順位の調査・モニタリングツール
自社のWebサイトにおいて、どのようなキーワードで、何番目の検索結果に表示されているかを日時でモニタリングできる。中には競合サイトの順位もモニタリングできるツールもある。コンテンツの公開やSEO強化の取り組みを行った後の順位変動をグラフなどに可視化され確認でき、Googleのアルゴリズムアップデートや何らかの要因で順位が下がった場合などに対策を講じることができる。

キーワード調査ツール
 調査したいキーワードがGoogleの検索エンジン上で月間に何件検索されているかというボリュームや、順位向上を狙いたいキーワードにてその時点で上位に掲載されているWebページ上でよく利用されている頻出キーワードや共起語の調査などが行える。コンテンツ制作の際にどのようなキーワードを狙って制作すべきか、またどんなコンテンツの内容がユーザーに受け入れられているかを理解するヒントが得られる。

内部診断、コンテンツ診断ツール
 Webサイトの内部構造やタイトル、h1タグなどの情報にエラーや注意すべき点がないカをチェックしたり、該当ページの被リンク元が調査できる。また、制作したコンテンツがユーザーのニーズを満たせる内容(キーワードなど)が含まれているかを調査したり、制作記事がコピーコンテンツでないかをチェックできるツールもある。

SEOツールの導入効果

検索順位の調査とモニタリングにかかる工数を削減できる
 SEO対策を行うにあたり、現状何のキーワードで何位の検索結果に表示されているかを把握し、コンテンツ公開前後や改修前後でその順位にどのような変動があったかを確認することが基本となる。

対象のキーワードで検索し、順位を目視で確認していくことは可能だが、対策キーワードが複数になると確認作業だけでも多くの工数がかかってしまう。上記の検索順位調査とモニタリングができるツールを導入すれば、それらを自動的に収集してくれるので、どのキーワードで順位が上がっているかを時系列で追うことができる。

SEO戦略の精度が高まる
SEO対策を行う上では、検索ユーザーがどのようなキーワードで検索しているかなどの市場を把握することが重要だ。もし検索ニーズが全くないコンテンツを公開し続けた場合、対策後に得られる効果は小さく、コンテンツの制作にかけた工数やコストは無駄な投資に終わってしまうとも言い切れないためである。

月間の検索ボリュームやそのトレンドなどを把握することで、SEO対策のためのコンテンツ制作や、施策の優先順位付けに役立てられる。またツールによっては、検索結果に表示されている検索結果をもとに、上位サイトがどのようなコンテンツを展開しているのかキーワードの含有率や共起語の含有率、サイトの傾向を可視化するツールもある。

SEOツールの基礎知識

 SEO(Search Engine Optimization)ツールとは、特定キーワードにおける検索エンジンの表示順位を上げるための支援ツールである。

 SEO対策は、大きく「専門性の高いサイトから被リンクを設計する外部要因」と「良いコンテンツと適切なキーワードのマッチングで表出を最適化する内部要因」からなる。SEOツールは後者の良質なコンテンツ制作に重きを置く製品が多く、主に適切なキーワードの選定やコンテンツの最適化、キーワードごとにおける競合Webサイトとの順位比較などの機能を有す。

SEOツールの種類

SEOツールには大きく3種類のツールが存在する。それぞれ目的別に利用することが可能だ。

検索順位の調査・モニタリングツール
自社のWebサイトにおいて、どのようなキーワードで、何番目の検索結果に表示されているかを日時でモニタリングできる。中には競合サイトの順位もモニタリングできるツールもある。コンテンツの公開やSEO強化の取り組みを行った後の順位変動をグラフなどに可視化され確認でき、Googleのアルゴリズムアップデートや何らかの要因で順位が下がった場合などに対策を講じることができる。

キーワード調査ツール
 調査したいキーワードがGoogleの検索エンジン上で月間に何件検索されているかというボリュームや、順位向上を狙いたいキーワードにてその時点で上位に掲載されているWebページ上でよく利用されている頻出キーワードや共起語の調査などが行える。コンテンツ制作の際にどのようなキーワードを狙って制作すべきか、またどんなコンテンツの内容がユーザーに受け入れられているかを理解するヒントが得られる。

内部診断、コンテンツ診断ツール
 Webサイトの内部構造やタイトル、h1タグなどの情報にエラーや注意すべき点がないカをチェックしたり、該当ページの被リンク元が調査できる。また、制作したコンテンツがユーザーのニーズを満たせる内容(キーワードなど)が含まれているかを調査したり、制作記事がコピーコンテンツでないかをチェックできるツールもある。

SEOツールの導入効果

検索順位の調査とモニタリングにかかる工数を削減できる
 SEO対策を行うにあたり、現状何のキーワードで何位の検索結果に表示されているかを把握し、コンテンツ公開前後や改修前後でその順位にどのような変動があったかを確認することが基本となる。

対象のキーワードで検索し、順位を目視で確認していくことは可能だが、対策キーワードが複数になると確認作業だけでも多くの工数がかかってしまう。上記の検索順位調査とモニタリングができるツールを導入すれば、それらを自動的に収集してくれるので、どのキーワードで順位が上がっているかを時系列で追うことができる。

SEO戦略の精度が高まる
SEO対策を行う上では、検索ユーザーがどのようなキーワードで検索しているかなどの市場を把握することが重要だ。もし検索ニーズが全くないコンテンツを公開し続けた場合、対策後に得られる効果は小さく、コンテンツの制作にかけた工数やコストは無駄な投資に終わってしまうとも言い切れないためである。

月間の検索ボリュームやそのトレンドなどを把握することで、SEO対策のためのコンテンツ制作や、施策の優先順位付けに役立てられる。またツールによっては、検索結果に表示されている検索結果をもとに、上位サイトがどのようなコンテンツを展開しているのかキーワードの含有率や共起語の含有率、サイトの傾向を可視化するツールもある。