仮想オフィスとは

仮想オフィス(バーチャルオフィスツール)とは、仮想空間に疑似的なオフィスを作り、テレワーク環境でも実際に出社しているような感覚でテレワークができるツールである。

チャットツールとは異なり、常時接続されているため、テレワーク環境でもチームメンバーと近い距離間で仕事しているように感じ、コミュニケーションが取りやすくなることが最大の特徴である。

仮想オフィスを導入することの効果

・コミュニケーションが増える、相談しやすくなる
チャットで聞きづらいことも、気軽に聞けるようになるため、結果コミュニケーション量が増える。また地方や海外の支社のメンバーとも同じ仮想オフィス内で仕事をすることとなるため、これまでなかったコミュニケーションが増える可能性も考えられる。

・マネジメント管理がしやすくなる
それぞれのメンバーの勤務状況や作業状況が可視化されるため、マネジメント管理に役立てることができる。

・作業効率があがる
オンオフの切り替えが難しいテレワーク環境でも、仮想オフィスによって集中しやすくなる。

仮想オフィスでできること

・メンバーの業務状況の可視化
メンバーがそれぞれ現在の稼働状況をステータスとして表示することができる。

・コミュニケーション機能
メンバーの業務状況を確認することができるため、チャットツールでは難しかった「ちょっとした会話」を増やすことができる。
-WEB会議
ツール上で、WEB会議を行うことが可能。ツールによっては、その他のWEB会議ツールと連携し、活用することも可能である。
-チャット機能
指定のメンバーとチャットすることが可能。業務状況を見ながらチャットを送って雑談をしたり、会議の打診などを行うことが可能だ。

・画面共有機能
WEB会議時に、画面の共有を行うことが可能。資料などを画面共有しながら説明することにより、さらに理解度を深めることができる。


仮想オフィスの機能一覧


基本機能

機能 解説
ステータス表示 誰が出社しているのかがアバターで表示され、話しかけてよい状況なのかが分かるため、オフィスと同じように会話ができ、チームの一体感を高めることができる
声かけ 近くの同僚に話しかけるような感覚で、ワンクリックで話しかけて会話することができる
会議室 会議室内のメンバーでオンライン会議を行うことができる。画面を共有して資料や画像を見ながらコミュニケーションをとることも可能
集計・管理 入退室時刻やコミュニケーション量が自動で取得、集計されるため、勤怠管理やコミュニケーション活性化に活用することができる
外部アプリケーション連携 カレンダーやオンライン会議、チャットなどの外部アプリケーションとデータを連携して使用することができる


仮想オフィスの基礎知識

仮想オフィス(バーチャルオフィスツール)とは、仮想空間に疑似的なオフィスを作り、テレワーク環境でも実際に出社しているような感覚でテレワークができるツールである。

チャットツールとは異なり、常時接続されているため、テレワーク環境でもチームメンバーと近い距離間で仕事しているように感じ、コミュニケーションが取りやすくなることが最大の特徴である。

仮想オフィスを導入することの効果

・コミュニケーションが増える、相談しやすくなる
チャットで聞きづらいことも、気軽に聞けるようになるため、結果コミュニケーション量が増える。また地方や海外の支社のメンバーとも同じ仮想オフィス内で仕事をすることとなるため、これまでなかったコミュニケーションが増える可能性も考えられる。

・マネジメント管理がしやすくなる
それぞれのメンバーの勤務状況や作業状況が可視化されるため、マネジメント管理に役立てることができる。

・作業効率があがる
オンオフの切り替えが難しいテレワーク環境でも、仮想オフィスによって集中しやすくなる。

仮想オフィスでできること

・メンバーの業務状況の可視化
メンバーがそれぞれ現在の稼働状況をステータスとして表示することができる。

・コミュニケーション機能
メンバーの業務状況を確認することができるため、チャットツールでは難しかった「ちょっとした会話」を増やすことができる。
-WEB会議
ツール上で、WEB会議を行うことが可能。ツールによっては、その他のWEB会議ツールと連携し、活用することも可能である。
-チャット機能
指定のメンバーとチャットすることが可能。業務状況を見ながらチャットを送って雑談をしたり、会議の打診などを行うことが可能だ。

・画面共有機能
WEB会議時に、画面の共有を行うことが可能。資料などを画面共有しながら説明することにより、さらに理解度を深めることができる。


仮想オフィスの機能一覧


基本機能

機能 解説
ステータス表示 誰が出社しているのかがアバターで表示され、話しかけてよい状況なのかが分かるため、オフィスと同じように会話ができ、チームの一体感を高めることができる
声かけ 近くの同僚に話しかけるような感覚で、ワンクリックで話しかけて会話することができる
会議室 会議室内のメンバーでオンライン会議を行うことができる。画面を共有して資料や画像を見ながらコミュニケーションをとることも可能
集計・管理 入退室時刻やコミュニケーション量が自動で取得、集計されるため、勤怠管理やコミュニケーション活性化に活用することができる
外部アプリケーション連携 カレンダーやオンライン会議、チャットなどの外部アプリケーションとデータを連携して使用することができる