ホームページ作成とは

 ホームページ作成ツールとは、WYSIWYGやドラッグ・アンド・ドロップ操作などによる直感的なユーザーインタフェースや、多様な用途/業種向けにあらかじめ用意されたデザインテンプレートなどを用いて、Webサイトを容易に作成/更新できるプラットフォームだ。

「ホームページ作成をツールを使って自分で行いたい」
「ホームページ作成ツールの種類が多くどれがいいかわからない」
ホームページ作成は、自社や商品についてオンライン上に情報を公開することで、オンライン上で情報収集が行われる現在は作成が必須と言われているが、実際どう作成すればよいかわからないという方も多いだろう。
ホームページ作成は、自身でコーディングを行い作成する方法と、作成ツールを使って作成する方法がある。

 ツールを使った作成の場合、企業向けの製品においては、独自ドメイン取得/設定、SEOツール、アクセス解析、決済などのECサイト向けプラグイン、モバイルWebサイト作成、各種SNSとの連携といった機能も備えていることが多い。

 ホームページを作成するのに通常必要となるHTMLやCSSなどコーディングの専門知識や経験がなくてもかっこいいWebサイトを構築でき、幅広い規模の企業で自社Webサイトの運営、プロモーション展開、ECサイト運営などに利用されている。

用途別ホームページ作成ツール

 ホームページ作成ツールは、ホームページにどのような用途を求めるかを基準に選定を行うのがおすすめだ。

ホームページは用途別に以下の種類に分けられる。

● コーポレートサイト
● メディアサイト
● LP
● ECサイト

 それぞれどういった用途で使われるのか、またそれぞれの種類でのホームページ作成に役立つツールを紹介する。

・コーポレートサイト

コーポレートサイトは、会社や団体などを紹介するホームページだ。
ホームページといえば多くの人はコーポレートサイトをイメージするだろう。

コーポレートサイトの目的
 コーポレートサイトを作成する目的は様々あるが、主に対外的に信用をアピールすること、採用につなげることである。
 対外的に信用をアピールするというのは、ウェブサイトがあるということや、サイトの中の会社概要ページで資本金や設立年月日等を記載してアピールすることである。
また、採用については、どういった企業かをわかりやすく説明したコーポレートサイトで、自社の理念やサービスに共感した働き手を採用することにつなげる事ができる。

コーポレートサイトの掲載内容
コーポレートサイトは、主に以下のような内容で構成されている。
● 会社概要
● 商品/サービスについて
● 採用情報
● メンバー紹介
● 実績
● お客様の声
● ニュース
● よくある質問
● お問い合わせ

コーポレートサイトの目的と照らし合わせても、対外的な信用力のアピールと採用候補者を募集するという内容と整合性の取れた内容となっていることが大切だ。
商品を売り込むようなページについては、コーポレートサイト上で紹介するのではなく、後述するLP等の専門の別ページを作成するのを推奨する。

コーポレートサイト作成におすすめのツール
 コーポレートサイト作成におすすめなツールは、Wixだ。テンプレートが豊富にあるため、テンプレートをベースにしてホームページを作成することができるため、経験者でなくてもきれいなコーポレートサイトを作ることができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
サーバ、SSL、ドメイン、webサイトの制作を全てインクルードした作成サービス(独自ドメインはオプション)。自分でサーバを用意して、ドメインを設定して、ssl設定をして、ワードプレスをインストールしてという手間が一切必要なく、コードを記述することもなくサイトが作れるのは驚異。
テンプレートがベースになるとはいえ、膨大な数のテンプレートがある烏煙、かなりのカスタマイズも行えるので、手間さえかければプロが作ったサイトと遜色ないようなものも初心者が作ることが出来る。
製品名:Wix
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/wix/reviews/59360

・メディアサイト

メディアサイトは、特定の領域に関わる記事を作成し、サイト訪問者に役に立つコンテンツを配信しているサイトである。

メディアサイトの目的
メディアサイトの目的はその種類によって2つに分けられる。1つ目がそのサイト単体で収益化を図るサイト、もう一つが自社商品に関連の記事を結びつける集客を目的としたサイトである。オウンドメディアとも呼ばれることがある。

メディアサイトの掲載内容
メディアサイトでは、特定の領域でのお役立ち情報を掲載することで、収益化・集客を行う。
例えば、税理事務所を運営している企業であれば、税理士へのオンラインからの問い合わせを増やすために、メディアサイトを作成する。
内容としては、確定申告の方法や、経理に関するお役立ち記事を作成する。その記事を読んだ読者が、確定申告を税理士に頼みたいとなった場合、そのまま問い合わせ獲得ができるという方法である。

メディアサイト作成におすすめのツール
メディアサイト作成には、おりこうブログがおすすめだ。おりこうブログは、CMSといってホームページの情報更新、記事管理を行いやすいシステムでできているため、担当者がエンジニアなどがいなくても記事の更新を行う事ができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
企業ホームページは今まで運用していたが、更新作業のたびにエンジニアがローカル環境で手直しして、手動(FTP)でアップロードする作業が必要だったのだが、おりこうブログではhttpタグなどのスキルがない社員が直接更新できるので運用しやすい。導入時は支援もあるし、モバイル端末向けも同時に短期間でリニューアル開設できた。
製品名:おりこうブログ
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/orikoublog/reviews/60509

・LP(ランディングページ)

LPは、商品やサービスを紹介する専門ページのことで、広告出稿などをした際にクリックしたユーザーに見てもらうためのページである。広告等のクリックを行ったユーザーをLanding(着地)させるページという意味である。

LPの目的
LPの目的は、商品・サービスの販売につなげることである。例えば、10代向けのニキビケアの化粧品を取り扱っている会社の場合、商品販売の専門ページがなければ、コーポレートサイト上にニキビケア商品を扱っているという情報が少ししか掲載されないため、Web上で売上をあげるのは難しいが、専用のLPを作成し、Web広告を出稿すれば、ニキビを治したいと思っている10代のターゲットが商品を購入する可能性は上がるだろう。

LPの掲載内容
LPの掲載内容は、商品を購入してもらうために必要な情報であるが、一般的には以下の内容で構成されることが多い。

● 商品の魅力(キャッチコピー)
● 商品の基本情報(価格など)
● 悩みへの共感
● 商品の効果・実績
● お客様の声
● よくある質問
● 購入ページ・問い合わせ

LP作成におすすめのツール
LP作成にはペライチがおすすめだ。ペライチを利用すれば、経験者でなくても簡単に1ページのサイトを作成することができる。LPは改善を積み重ねてより商品を買ってもらえる、魅力が伝わるページにするのが大切だが、ペライチなら制作会社に依頼せずとも自社で細かい文言変更等が簡単にできる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
サーバーインフラを用意する必要がなく、またWebアプリの構築なども不要なため、専門知識を持った技術者がいなくても、すぐにランディングページを立ち上げ、公開することができます。
月単位で契約することもでき、安価なので、ビジネス状況に合わせてスピーディーに対応することができますし、複数のページを立ち上げてテストマーケティングするにも最適です。
製品名:ペライチ
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/peraichi/reviews/51545

・ECサイト

ECサイトは、ネット上で商品やサービスを購入することができるページである。ネットショップ、オンラインショップなどとも言われる。
ECサイトの目的
ECサイトの目的は、ネット上で商品の販売を行うことである。今まで実店舗で商品を販売してきた場合、ECサイトを作成しオンラインでの販売を行うことで売上が伸びることが期待できる。ただし、実店舗での運営と同じく、どうやってお店を認知してもらうかをしっかりできなければ売上を上げることはできないので注意が必要だ。

ECサイトの掲載内容
ECサイトの掲載内容は、商品情報を掲載することはもちろんであるが、商品を扱っている会社や運営の情報をしっかり掲載することが重要である。実店舗では、どこのビルに入っているか、お店の概観などで運営の健全性をアピールすることができるが、オンラインでは、そういった情報を掲載しないと、消費者は不審に思い購入してもらえない。

ECサイト作成におすすめのツール
ECサイト作成ツールはカラーミーショップ がおすすめだ。
カラーミーショップは、GMOグループが提供するECサイト作成ツールで、ECサイトをテンプレートなどを用いて簡単に作ることができる。受発注などの管理も管理画面でできたり、送信メールのテンプレートや、決済方法もカード払いや請求書作成などに対応しているため、オンラインでも商品販売を行いたいと考えている方におすすめだ。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
オールインワンで低価格でネットショップを始めることが出来る。
しかもテンプレートさえ選べば、ほぼすべてカスタムすることが出来るので、ほぼオリジナルのサイトも作ることが出来る。
製品名:カラーミーショップ 
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/color-me-shop/reviews/55756

ホームページ作成にかかる費用・時間

(1)ホームページ作成にかかる費用

ホームページを自分で作成する場合、以下のような費用がかかる。
1. サーバー費用
2. ドメイン使用料
3. ツール利用料

1.サーバー費用は、ホームページをネット上にあげるのにサーバーを使う必要があり、その費用がかかる。サーバーについては、サーバー会社が提供しているレンタルサーバーを使うことになるが、規模が大きくない場合は月額1,000円程度で借りることができる。

2.ドメイン費用は、ドメインと言われるURLを取得するのにかかる費用である。ご覧いただいているITreviewの場合は、「https://www.itreview.jp/」のitreview.jpがドメインで、こちらは年額100~5,000円程度で使用できる。

3.ツール利用料は、ホームページを自分で1からコードを書くのではなく、ツールを利用する場合にかかる費用である。ツールについては、それぞれのホームページ作成目的によっておすすめのツールが異なるため、自分がどういった目的でホームページを作成したいと考えているのかを考えてから、契約することをおすすめする。

(2)ホームページ作成にかかる時間

ホームページ作成にかかる時間は、自分で1からホームページを作成する場合と、ツールを利用する場合で異なる。

ホームページを1からコードを書いて作成する場合は、コーポレートサイトの作成で大体2~3ヶ月程度はかかると考えたほうが良い。これには、どういったサイトがターゲットに合うかという概念を考える作業や、社内調整、素材作成、実際の開発などが含まれる。

一方で、ツールを利用してサイトを作成する場合は、早ければ2週間~1ヶ月程度で作成が可能である。どういった内容が良いかを考える期間等は同程度かかるが、開発にかかる工数がツールの利用で大幅に削減できるため、時間は少なくて済む。

ホームページ作成で得られるメリット

ホームページ作成はオンラインでビジネスが行われる現在では事業者にとっては必須のものであるが、具体的に得られるメリットについて紹介する。

メリット1.顧客獲得につながる

ホームページ作成で得られる最大のメリットは、実際に顧客獲得が行える点である。ホームページは24時間稼働してくれる営業と言われることもある通り、良いホームページがあれば、それだけで顧客への商品認知、比較、購入までをオンラインで一気通貫に行う事ができる。
もちろんホームページを作っただけではオンラインで売上を作ることはできず、実際に顧客獲得を行うには、先行投資や内容を考える工数が発生する。

メリット2.信頼感・認知度アップ

ホームページ作成で得られるメリットとしては、信頼感のアップや認知を獲得することが挙げられる。会社の知名度が低い場合、名刺交換等を行った後には多くの人がその会社について調べることが考えられるが、そういった時に、しっかりしたホームページがあれば、ちゃんとした会社という認識を与える事ができる。
また、ホームページでSEO対策を行っていれば、業界で関連のキーワードで上位表示されることとなり、認知度がアップする。

メリット3.コスト削減

ホームページ作成で得られるメリットは、売上拡大だけでなく、コスト削減もある。例えば、今までは飛び込み営業などの営業パーソーンを使って開拓していた営業先を、ホームページを作成することで、こちらから出向かずとも問い合わせを獲得することが可能になったり、関係者に郵送で配布していたニュースレターをホームページ上で閲覧できるようにすることで郵送費用を削減することが可能である。


ホームページ作成の機能一覧


基本機能

機能 解説
テンプレート 栄えのいいWebサイトを手間なく作成できるよう、さまざまな用途・業種向けにデザインされたレイアウトが複数用意されている
ドラッグ&ドロップでのサイト構築 用意されたパーツをドラッグ&ドロップで配置し、デザイン画面で見たままのサイトを構築できる
SEOサポート H1などの見出しの設定やmetaタグなどの設定が容易にできる
画像編集 画像のサイズ変更、補正などが可能
ストックフォト サイト上で利用可能な画像やイラストなどの素材を提供する
フォーム作成 会員登録のための情報入力ページ、アンケートページなどの入力フォームを作成できる
ブログ* 記事作成、タグやカテゴリーでの分類、コメント欄などを備えたブログを開設できる
Webホスティング 作成したWebサイトを公開するWebホスティングを提供する
ネットショップ構築 オンライン決済、受注/在庫管理機能などを備えたオンラインストアをワンストップで構築できる
モバイル最適化 PCサイトの作成と同時に、各種モバイルデバイスで快適に閲覧可能なページを自動で作成できる


ホームページ作成の基礎知識

 ホームページ作成ツールとは、WYSIWYGやドラッグ・アンド・ドロップ操作などによる直感的なユーザーインタフェースや、多様な用途/業種向けにあらかじめ用意されたデザインテンプレートなどを用いて、Webサイトを容易に作成/更新できるプラットフォームだ。

「ホームページ作成をツールを使って自分で行いたい」
「ホームページ作成ツールの種類が多くどれがいいかわからない」
ホームページ作成は、自社や商品についてオンライン上に情報を公開することで、オンライン上で情報収集が行われる現在は作成が必須と言われているが、実際どう作成すればよいかわからないという方も多いだろう。
ホームページ作成は、自身でコーディングを行い作成する方法と、作成ツールを使って作成する方法がある。

 ツールを使った作成の場合、企業向けの製品においては、独自ドメイン取得/設定、SEOツール、アクセス解析、決済などのECサイト向けプラグイン、モバイルWebサイト作成、各種SNSとの連携といった機能も備えていることが多い。

 ホームページを作成するのに通常必要となるHTMLやCSSなどコーディングの専門知識や経験がなくてもかっこいいWebサイトを構築でき、幅広い規模の企業で自社Webサイトの運営、プロモーション展開、ECサイト運営などに利用されている。

用途別ホームページ作成ツール

 ホームページ作成ツールは、ホームページにどのような用途を求めるかを基準に選定を行うのがおすすめだ。

ホームページは用途別に以下の種類に分けられる。

● コーポレートサイト
● メディアサイト
● LP
● ECサイト

 それぞれどういった用途で使われるのか、またそれぞれの種類でのホームページ作成に役立つツールを紹介する。

・コーポレートサイト

コーポレートサイトは、会社や団体などを紹介するホームページだ。
ホームページといえば多くの人はコーポレートサイトをイメージするだろう。

コーポレートサイトの目的
 コーポレートサイトを作成する目的は様々あるが、主に対外的に信用をアピールすること、採用につなげることである。
 対外的に信用をアピールするというのは、ウェブサイトがあるということや、サイトの中の会社概要ページで資本金や設立年月日等を記載してアピールすることである。
また、採用については、どういった企業かをわかりやすく説明したコーポレートサイトで、自社の理念やサービスに共感した働き手を採用することにつなげる事ができる。

コーポレートサイトの掲載内容
コーポレートサイトは、主に以下のような内容で構成されている。
● 会社概要
● 商品/サービスについて
● 採用情報
● メンバー紹介
● 実績
● お客様の声
● ニュース
● よくある質問
● お問い合わせ

コーポレートサイトの目的と照らし合わせても、対外的な信用力のアピールと採用候補者を募集するという内容と整合性の取れた内容となっていることが大切だ。
商品を売り込むようなページについては、コーポレートサイト上で紹介するのではなく、後述するLP等の専門の別ページを作成するのを推奨する。

コーポレートサイト作成におすすめのツール
 コーポレートサイト作成におすすめなツールは、Wixだ。テンプレートが豊富にあるため、テンプレートをベースにしてホームページを作成することができるため、経験者でなくてもきれいなコーポレートサイトを作ることができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
サーバ、SSL、ドメイン、webサイトの制作を全てインクルードした作成サービス(独自ドメインはオプション)。自分でサーバを用意して、ドメインを設定して、ssl設定をして、ワードプレスをインストールしてという手間が一切必要なく、コードを記述することもなくサイトが作れるのは驚異。
テンプレートがベースになるとはいえ、膨大な数のテンプレートがある烏煙、かなりのカスタマイズも行えるので、手間さえかければプロが作ったサイトと遜色ないようなものも初心者が作ることが出来る。
製品名:Wix
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/wix/reviews/59360

・メディアサイト

メディアサイトは、特定の領域に関わる記事を作成し、サイト訪問者に役に立つコンテンツを配信しているサイトである。

メディアサイトの目的
メディアサイトの目的はその種類によって2つに分けられる。1つ目がそのサイト単体で収益化を図るサイト、もう一つが自社商品に関連の記事を結びつける集客を目的としたサイトである。オウンドメディアとも呼ばれることがある。

メディアサイトの掲載内容
メディアサイトでは、特定の領域でのお役立ち情報を掲載することで、収益化・集客を行う。
例えば、税理事務所を運営している企業であれば、税理士へのオンラインからの問い合わせを増やすために、メディアサイトを作成する。
内容としては、確定申告の方法や、経理に関するお役立ち記事を作成する。その記事を読んだ読者が、確定申告を税理士に頼みたいとなった場合、そのまま問い合わせ獲得ができるという方法である。

メディアサイト作成におすすめのツール
メディアサイト作成には、おりこうブログがおすすめだ。おりこうブログは、CMSといってホームページの情報更新、記事管理を行いやすいシステムでできているため、担当者がエンジニアなどがいなくても記事の更新を行う事ができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
企業ホームページは今まで運用していたが、更新作業のたびにエンジニアがローカル環境で手直しして、手動(FTP)でアップロードする作業が必要だったのだが、おりこうブログではhttpタグなどのスキルがない社員が直接更新できるので運用しやすい。導入時は支援もあるし、モバイル端末向けも同時に短期間でリニューアル開設できた。
製品名:おりこうブログ
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/orikoublog/reviews/60509

・LP(ランディングページ)

LPは、商品やサービスを紹介する専門ページのことで、広告出稿などをした際にクリックしたユーザーに見てもらうためのページである。広告等のクリックを行ったユーザーをLanding(着地)させるページという意味である。

LPの目的
LPの目的は、商品・サービスの販売につなげることである。例えば、10代向けのニキビケアの化粧品を取り扱っている会社の場合、商品販売の専門ページがなければ、コーポレートサイト上にニキビケア商品を扱っているという情報が少ししか掲載されないため、Web上で売上をあげるのは難しいが、専用のLPを作成し、Web広告を出稿すれば、ニキビを治したいと思っている10代のターゲットが商品を購入する可能性は上がるだろう。

LPの掲載内容
LPの掲載内容は、商品を購入してもらうために必要な情報であるが、一般的には以下の内容で構成されることが多い。

● 商品の魅力(キャッチコピー)
● 商品の基本情報(価格など)
● 悩みへの共感
● 商品の効果・実績
● お客様の声
● よくある質問
● 購入ページ・問い合わせ

LP作成におすすめのツール
LP作成にはペライチがおすすめだ。ペライチを利用すれば、経験者でなくても簡単に1ページのサイトを作成することができる。LPは改善を積み重ねてより商品を買ってもらえる、魅力が伝わるページにするのが大切だが、ペライチなら制作会社に依頼せずとも自社で細かい文言変更等が簡単にできる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
サーバーインフラを用意する必要がなく、またWebアプリの構築なども不要なため、専門知識を持った技術者がいなくても、すぐにランディングページを立ち上げ、公開することができます。
月単位で契約することもでき、安価なので、ビジネス状況に合わせてスピーディーに対応することができますし、複数のページを立ち上げてテストマーケティングするにも最適です。
製品名:ペライチ
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/peraichi/reviews/51545

・ECサイト

ECサイトは、ネット上で商品やサービスを購入することができるページである。ネットショップ、オンラインショップなどとも言われる。
ECサイトの目的
ECサイトの目的は、ネット上で商品の販売を行うことである。今まで実店舗で商品を販売してきた場合、ECサイトを作成しオンラインでの販売を行うことで売上が伸びることが期待できる。ただし、実店舗での運営と同じく、どうやってお店を認知してもらうかをしっかりできなければ売上を上げることはできないので注意が必要だ。

ECサイトの掲載内容
ECサイトの掲載内容は、商品情報を掲載することはもちろんであるが、商品を扱っている会社や運営の情報をしっかり掲載することが重要である。実店舗では、どこのビルに入っているか、お店の概観などで運営の健全性をアピールすることができるが、オンラインでは、そういった情報を掲載しないと、消費者は不審に思い購入してもらえない。

ECサイト作成におすすめのツール
ECサイト作成ツールはカラーミーショップ がおすすめだ。
カラーミーショップは、GMOグループが提供するECサイト作成ツールで、ECサイトをテンプレートなどを用いて簡単に作ることができる。受発注などの管理も管理画面でできたり、送信メールのテンプレートや、決済方法もカード払いや請求書作成などに対応しているため、オンラインでも商品販売を行いたいと考えている方におすすめだ。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
オールインワンで低価格でネットショップを始めることが出来る。
しかもテンプレートさえ選べば、ほぼすべてカスタムすることが出来るので、ほぼオリジナルのサイトも作ることが出来る。
製品名:カラーミーショップ 
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/color-me-shop/reviews/55756

ホームページ作成にかかる費用・時間

(1)ホームページ作成にかかる費用

ホームページを自分で作成する場合、以下のような費用がかかる。
1. サーバー費用
2. ドメイン使用料
3. ツール利用料

1.サーバー費用は、ホームページをネット上にあげるのにサーバーを使う必要があり、その費用がかかる。サーバーについては、サーバー会社が提供しているレンタルサーバーを使うことになるが、規模が大きくない場合は月額1,000円程度で借りることができる。

2.ドメイン費用は、ドメインと言われるURLを取得するのにかかる費用である。ご覧いただいているITreviewの場合は、「https://www.itreview.jp/」のitreview.jpがドメインで、こちらは年額100~5,000円程度で使用できる。

3.ツール利用料は、ホームページを自分で1からコードを書くのではなく、ツールを利用する場合にかかる費用である。ツールについては、それぞれのホームページ作成目的によっておすすめのツールが異なるため、自分がどういった目的でホームページを作成したいと考えているのかを考えてから、契約することをおすすめする。

(2)ホームページ作成にかかる時間

ホームページ作成にかかる時間は、自分で1からホームページを作成する場合と、ツールを利用する場合で異なる。

ホームページを1からコードを書いて作成する場合は、コーポレートサイトの作成で大体2~3ヶ月程度はかかると考えたほうが良い。これには、どういったサイトがターゲットに合うかという概念を考える作業や、社内調整、素材作成、実際の開発などが含まれる。

一方で、ツールを利用してサイトを作成する場合は、早ければ2週間~1ヶ月程度で作成が可能である。どういった内容が良いかを考える期間等は同程度かかるが、開発にかかる工数がツールの利用で大幅に削減できるため、時間は少なくて済む。

ホームページ作成で得られるメリット

ホームページ作成はオンラインでビジネスが行われる現在では事業者にとっては必須のものであるが、具体的に得られるメリットについて紹介する。

メリット1.顧客獲得につながる

ホームページ作成で得られる最大のメリットは、実際に顧客獲得が行える点である。ホームページは24時間稼働してくれる営業と言われることもある通り、良いホームページがあれば、それだけで顧客への商品認知、比較、購入までをオンラインで一気通貫に行う事ができる。
もちろんホームページを作っただけではオンラインで売上を作ることはできず、実際に顧客獲得を行うには、先行投資や内容を考える工数が発生する。

メリット2.信頼感・認知度アップ

ホームページ作成で得られるメリットとしては、信頼感のアップや認知を獲得することが挙げられる。会社の知名度が低い場合、名刺交換等を行った後には多くの人がその会社について調べることが考えられるが、そういった時に、しっかりしたホームページがあれば、ちゃんとした会社という認識を与える事ができる。
また、ホームページでSEO対策を行っていれば、業界で関連のキーワードで上位表示されることとなり、認知度がアップする。

メリット3.コスト削減

ホームページ作成で得られるメリットは、売上拡大だけでなく、コスト削減もある。例えば、今までは飛び込み営業などの営業パーソーンを使って開拓していた営業先を、ホームページを作成することで、こちらから出向かずとも問い合わせを獲得することが可能になったり、関係者に郵送で配布していたニュースレターをホームページ上で閲覧できるようにすることで郵送費用を削減することが可能である。


ホームページ作成の機能一覧


基本機能

機能 解説
テンプレート 栄えのいいWebサイトを手間なく作成できるよう、さまざまな用途・業種向けにデザインされたレイアウトが複数用意されている
ドラッグ&ドロップでのサイト構築 用意されたパーツをドラッグ&ドロップで配置し、デザイン画面で見たままのサイトを構築できる
SEOサポート H1などの見出しの設定やmetaタグなどの設定が容易にできる
画像編集 画像のサイズ変更、補正などが可能
ストックフォト サイト上で利用可能な画像やイラストなどの素材を提供する
フォーム作成 会員登録のための情報入力ページ、アンケートページなどの入力フォームを作成できる
ブログ* 記事作成、タグやカテゴリーでの分類、コメント欄などを備えたブログを開設できる
Webホスティング 作成したWebサイトを公開するWebホスティングを提供する
ネットショップ構築 オンライン決済、受注/在庫管理機能などを備えたオンラインストアをワンストップで構築できる
モバイル最適化 PCサイトの作成と同時に、各種モバイルデバイスで快適に閲覧可能なページを自動で作成できる