非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 開発
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
  • 販売関係者
Google の PaaS
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

開発の初期段階でトライアル的に構築するなどの場面で低予算で構築できるのが良い。負荷に合わせてスケールできるところも利点。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Google App Engine 向けにシステム構築しなければならない。他のサービスからの単純移行は難しいと感じた。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

低予算の小環境の案件を構築した。スモールスタートしてアクセス規模に応じてスケールさせることができた。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
オートスケールが簡単にできます
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

システム負荷に合わせて、スペックを変化させてくれるので、一時的に高負荷を向かえるようなシステム構成の際に、効果的です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Google App Engineで使用するためのシステム構成にする必要があるため、単純なサーバーからのシステム移行が難しい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

オートスケールを実現するために、ロードバランサーなどの設定を考慮する必要があったが、その煩わしさからも解放されました。

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
できることがどんどん増えていく
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

アクセス数に応じてインスタンス数がスケールするため、最低限のインフラ費用で運用が可能。開発初期からでも最低限の費用でトライアルが可能。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

フレキシブルと比べ、スタンダードは機能に制約が多い。そのため、完全に理想の環境を立てることはできなかった。
バージョンアップはどんどんしているので今後に期待。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

スモールスタートの案件の際にコストを抑えつつ、すぐに環境を用意できた。環境構築もドキュメントを読めばスムーズに行えた。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 株式会社ライクウェル
  • ITアーキテクト
  • 導入決定者
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
Googleが手掛けているクラウドサービス
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

新規開始でGoogleアカウントごとに30000円分のボーナスがつくのでとりあえず試してみることができる。
サイトのダッシュボードはしっかり日本語化されており、用語や概念は耳慣れないものが目白押しだが、
それなりに検討をつけて使うことができる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

「お支払い」の「料金の履歴」から課金内容を見ることができるが、何故そのような課金額になるのか、
理解できないものがいろいろとある。
例えば
>2018年11月1日~4日
>App Engine Flex Instance Core Hours Japan: 192.498 時間 [通貨換算: USD から JPY(レート 112.495 を使用)]
となっているが少なくとも4日間は96時間しかないわけだし、11月3-4日は休日だからCPUもほぼ0%の使用頻度だから、
使ってないと言えるのではないかな?と疑問に感じる。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

本来はサービスをクラウド展開する予定がなかったものの、デプロイ先サーバーが不調とのことで急きょGCP上でのリリースに決定。
日本のどこからでも遅延が無いようだし導入のための審査的なタイムロスも皆無であり、
素早く導入、すばやくデプロイが出来たのでおおむね満足。
ただし慌ただしい導入だったので、Webサービスのconfigだけ書き換えたいのにどうにも書き換え方がわからない(というかなさそうだ)とか、
何が課金されているのかよくわからない、とか曖昧なものも多い。
ランニングコストがかさむようであれば自社サーバーにデプロイしなおしても良いわけだし、お手軽な感もある。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

クラウドでのシステム展開の候補としてAmazonのaws、Googleのgcp、WindowsのAzureがあり、
どれもそれなりに考え方が違うが最終的にやれる事は同じようなものだし、
とりあえず試してみるのが良いと思う。