更新日:2020 年 10 月 28 日
Drive Enterprise
8ドル/ユーザー
コンテンツコラボレーションサービス
  • 基本料金に加え1GBあたりUS$0.04の従量課金
  • 保存容量の制限なし
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを一定期間利用可能

価格情報を他製品と比較する

読み込んでいます

価格や費用について投稿されたレビュー

Matsuso Yuuto
  • ネクスクリエイション
  • その他
googleのアカウントでクラウドストレージ
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

googleのアカウントを持っていれば初回から、無料で15GBのクラウドストレージが利用できます。
もちろん、有料プランで容量の拡大も可能ですが、自身は社内業務が多く、たまに外出をする程度なので、無料プランで充分に間に合います。
外出先でデータを使用する際などに利用させていただいております。
無料で15GB使えるのはポイントが高いです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

個人で利用するには、やや有料プランの値段が高いことでしょうか。
でも、一時的に使用する分には15GBで間に合うので、企業の採算的には難しい内容ですよね。
ストレージ単体で有料プランと考えると高くなってしまいますが、googleのその他のサービスを特典としてつけて頂ければ有料に切り替えたいと思えます。

あと、各処理がやや重たいことが時々あることですかね。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内データの都合上、紙に印字するにはセキュリティ上の不安もありますが、google社の管理するストレージであればセキュリティの不安も少なくなります。
また、有料クラウドストレージを使用するには、手が出しづらいけれど、無料で試す分には非常に手軽に利用できます。

もっと見る
非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • デザイン・製作
クラウドに無料でデータ保存できて便利です
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

15Gまで、無料でクラウド上にファイルを保存、共有ができるので、仕事や友人とファイルを共有するのに手軽に使えるので重宝しています。

写真や動画など、ある程度の容量があるモノでも15Gあるので手軽に共有できます。

また、写真やファイルなど種類によってはパソコンで見れないファイルもGoogleドライブ上なら見れたモノもあったので凄く便利だと思いました。

無料では15GBですが、有料プランは100GB(月額250円)と低額から使えるのも使い易くて良いと思います。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

ブラウザでGoogleドライブを開いたときにフォルダーが表示されていますが、このフォルダーに表示するモノを自分でカスタマイズできるようにしてもらいたいです。

現在、仕事で共有フォルダーとして使っています。
共有アイテムの部分に、共有フォルダーを表示させるなど、目的のフォルダーを自分好みに設定・表示できるようになれば、さらに便利だと思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ネットを通じて、ファイルの共有やバックアップデータの保存が無料でできて便利でした。

お客さんから写真やアンケートなどの受け渡しは、昔は、郵送か直接会う必要がありました。

しかし、Googleドライブにデータをアップすれいいので、時間と手間、費用を抑えることができて助かっています。

もっと見る
非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ソフトウェア・SI
各種Googleサービスとの相性の良さが売り
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

個人で利用されている方が多いと思いますが、他のクラウドストレージとの大きな違いは、各種Googleサービス(Officeスイート、フォトなど)との直接連携の良さ=使い勝手の良さが一番だと思います。
Googleサービスは誰もがみな使っているサービスのため、学習コストが少なくすぐ誰でも使えます。
業務では、各種進捗・課題報告の添付情報(エラー情報やプログラムなど)の共有およびあまり「縁のない人」との一時的な情報やりとりで使ってます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

やはり無料枠での容量上限(15GB)が一番のネックかと。
無料枠の拡大をするとともに「セキュリティオプション」で費用がかかる等の「容量以外のオプションで費用発生」プランがあるととてもうれしいかと。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

チーム内での情報(資料、プログラム)流通はいうまでも無く、「普段あまり交流することの無い一度限りの情報共有」をするには最適と感じました。
※相手に利用方法を教える必要も無い。

もっと見る