更新日:2020 年 11 月 11 日
スモールビジネス
3,980円 / 月
まずはバックオフィス業務を 効率化したい企業はこちら
  • 年額プラン:2,980円/月(年額 35,760 円)
  • 決算書の作成
  • 銀行・クレジット明細の自動取込
  • 部門登録:2部門まで
ビジネス
5,980円 / 月
複雑な会計業務や 請求書発行の多い企業はこちら
  • 年額プラン:4,980円/月(年額 59,760 円)
  • 決算書の作成
  • 銀行・クレジット明細の自動取込
  • 部門登録:無制限
  • 振込データの作成
エンタープライズ
問い合わせ
上場企業やIPOを ご検討の企業はこちら
  • 決算書の作成
  • 銀行・クレジット明細の自動取込
  • 部門登録:無制限
  • 仕訳の承認機能・変更履歴
  • 振込データの作成

※情報の修正や更新についてはこちらまでご連絡ください

価格情報を他製品と比較する

読み込んでいます

価格や費用について投稿されたレビュー

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • デザイン・製作
会計士と随時共有できる
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

なんといってもクラウドでベースであることが特徴で、会計士と共有したり複数のPCから入力できることが良い。この良さは消費税10%の時でさらに発揮されるはずであるが、これはその時になってみないと分からない。

一般的な複式簿記の方式そのままであるので、複式簿記の方式から乗り換えが容易である。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

WEBベースであることの制限か、数値や項目を入力したあとにリターンキーを押して確定しないと入力が消えていることが多い。しかもその挙動がいまいち分かりづらくイライラする。またこれもWEBベースの限界かもしれないが、全体の見通しが悪いように感じる。会計システムとしては基本共通であると思うが、各社によって気にしたい数値や指標は違うので、常に特定の項目を表示できるなどが画面のカスタムができるようにしてほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

一般的な複式簿記からの移行が行いやすい。今までExcelなどを利用して手作業で行っていたときには、月末などある特定の時にしかできなかった数値の確認やグラフ化などが、入力さえできていれば随時見ることができるようになったので助かっている。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

月々かかる費用と会社の規模が合えばコストパフォーマンスが高い。マネーフォワードの他のサービスとセットになったプランもあるので、併せて検討すると良い。

もっと見る
非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 不動産賃貸
まだまだ未完成
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

料金が安価で基本的な経理処理ができます。
遠隔にいる方(会計士、監査など)にも招待をすることで
細かくチェックしてもらうことが可能です。
銀行と連携すると入出金のデータが自動で取り込みされるので
仕分けが楽になります。また学習機能もあります。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

私の会社では複数の部門があるので、ユーザーによって部門毎に閲覧権限が欲しいのですがこの商品にはありません。また入力の制限が細かく設定できないため
複数人で入力している場合、どのユーザーが仕分登録したものなのかわかりません。

予算管理機能(別会社のオプションあり)がありません。
自由度が高い分、デメリットも多いです。
また合計残高などを開いたときに、その期のすべてが一旦集計されます。その集計には時間を要するのでストレスが溜まります。開いたときに何もアクションをしないよう改善を強く求めます。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

まだまだPCAやオービック、弥生などの専用ソフトには追いついていません。
サポートも基本的には役に立ちません。

もっと見る
非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 経営コンサルティング
わかりやすい会計ツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

競合ツールに比べて、一般的な財務会計のルール(貸方・借方)で入力できるため、ネット上の仕訳ルールをそのまま適用できわかりやすい。UIも問題なく、決算書など各種書式の出力もスムーズ。オンラインバンクとの自動連携も便利。価格も安い。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

あまり思い浮かばないが、オリジナル科目の設定方法がややわかりにくかった。全般によくできたツールだと思う。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

日々の仕訳入力、月次処理、決算処理などで大幅に労力と時間が短縮された。帳票も電子で保存できるようになりむだな書類がなくなった。

もっと見る