リモートアクセス

セキュリティ強化機能

認証方式の複数サポート
リモートアクセス利用時の認証に、ユーザーIDとパスワードの組み合わせに加え、ハードウェアキーやワンタイムパスワード、生体認証、電子証明書による認証が採用できる
4.1
回答者数:60
アクセス権限の設定
ユーザーごとにネットワークやアプリケーションレベルでのアクセス制限を設定できる
3.8
回答者数:60

管理者機能

使用状況管理
ユーザーのアクティビティーやセッション、接続デバイスなどの情報を記録し管理することで不正アクセスや情報漏えいのリスクを低減する
3.9
回答者数:61
モバイルデバイス、クロスプラットフォーム対応
PCやタブレット、スマートフォンなどマルチデバイスをサポートしており、WindowsやLinux、iOS、Androidなど異なったOSでも利用できる
4.0
回答者数:75