掲載ツール数 1,963
掲載レビュー数 19,311
製品を探す

マーケティングオートメーション(MA)とは?メリットや各ツールの機能を比較

 マーケティング活動を支援するツールとして注目を集めるマーケティングオートメーション(以下MA)。近年では国内外のベンダーからさまざまなMAツールが提供されているため、自社に合ったMAツールの選び方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

 本記事では、MAツールの基礎知識をはじめ、代表的なツールの機能を比較していきます。

MAとは

 MAとは、「マーケティングオートメーション(Marketing Automation)」の略で、マーケティング活動におけるプロセスを自動化し、見込み客の獲得・育成に向けた効率的かつ適切なアプローチをするためのツールのことを指します。

 さまざまな情報が行き交うインターネット上において、顧客に対して効果的にアプローチするためには、見込み客一人一人のニーズに合わせた情報を最適なタイミングで提供し、コミュニケーションを構築することが重要です。

 こうしたOne to Oneマーケティングを効率化するためのツールとして活用できるのが、MAツールです。Webサイトの閲覧履歴などのリード情報を一元管理して可視化することで、顧客のニーズに適切なアプローチを図り、購買意欲向上や収益向上につなげます。手作業では限界があったメール配信やスコアリングなどの膨大な作業を自動化できるため、マーケターの作業効率の向上も期待できます。

MA導入によるメリット

 MAの活用によって得られるメリットには、次のようなものが挙げられます。

・見込み客の集客や育成の作業プロセスを自動化

・顧客情報の一元管理

・見込み客の興味関心に合わせたアプローチ

・営業部門との情報共有がスムーズになる

 リードジェネレーションと呼ばれるリード(見込み客)の獲得に向けた段階では、顧客の情報収集を目的としたWebサイトの作成やフォーム作成、SNSとの連携などが求められます。MAツールを利用することで、これらの作業を効率化できます。

 見込み客を獲得した後は、リードナーチャリングによって購買意欲を高める必要があります。MAツールでは、顧客のニーズに合ったメール配信や広告配信、Webサイトでのリアルタイムなコミュニケーションが可能となるため、効率的なプロセスでゴールに導きます。

 さらに大きな利点といえるのは、ナーチャリングによって可能性が高まった顧客をスコアリングによって選別できる点です。確度の高い顧客を優先的に営業につなげられるため、成約に至る可能性も高まるでしょう。

MAツールの機能比較

 導入実績が多い代表的なMAツールをご紹介します。機能の比較で特に注目すべきポイントとしては、下記が挙げられます。

・幅広いチャネルに対応しているか

・CRMなどのシステムと連携できるか

・総合的な機能 or 1つの機能に特化しているもの

・B to BとB to Cのどちらが向いているか

・サポートの内容

 自社の課題解消に適したMAツールを選定するとともに、サポートや運用体制、長期的なコスト負担なども考慮しましょう。

Marketo Engage(マルケト エンゲージ)

 世界の6,000社が が採用しているというMAツール「Marketo Engage(マルケト エンゲージ)」。MAツールに必要な機能が十分に備わっているとともに、顧客とのエンゲージメントの向上に力を入れた一貫性のあるプラットフォームが特徴です。

【向いている取引形態】B to BとB to Cに限らない、顧客とのエンゲージメントの実践が目的

【多様なチャネルに対応】〇

【統合型 or 特化型】統合型

【他システムとの連携】〇

【サポート体制】無料と有料のサポートが充実

SHANON MARKETING PLATFORM

デジタルとアナログの顧客データを統合管理できるMAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」。国内の導入実績は900社以上、キャンペーン実績は22万件以上を誇ります。リードジェネレーションやリードナーチャリングに特化した機能が含まれており、継続的な顧客抽出を可能にするスコアリング機能、キャンペーン機能も充実しています。

【向いている取引形態】B to BとB to Cの双方に対応

【多様なチャネルに対応】〇

【統合型 or 特化型】統合型

【他システムとの連携】〇

【 サポート体制】提案から設定、コンサルティングまでトータルサポートが可能

【費用】問合せ

SATORI

 国内で500社以上が導入している国産のMAツール「SATORI」。通常のMA機能に加え、匿名の顧客にもアプローチできる「アンノウンマーケティング」機能を搭載しており、Webメディアの集客に強いことが特徴です。シンプル設計で直感的に操作しやすいため、MA運用経験がない担当者でも安心して利用できます。

【向いている取引形態】B to C向け

【多様なチャネルに対応】メールが中心

【統合型 or 特化型】特化型(リードジェネレーション)

【他システムとの連携】一部のみ

【サポート体制】オンラインサポートデスクを用意

【費用】問合せ


ユーザーによる顧客満足度をベースに、自社に最適なMAを選ぼう!

お知らせやキャンペーンなどの
お得な情報が手に入ります

会員登録

「MA(マーケティングオートメーション)」の記事一覧

「MA(マーケティングオートメーション)」の記事一覧 >

よく読まれている記事