Web面接とは

 Web面接とは、Web上で行う就職、転職などの面接のことであり、オンライン面接とも呼ばれる。
「オフラインでの対面面接が難しくなったのでWeb面接を導入したい」
「Web面接の専用ツールを使って採用コストを削減したい」
といったような外部要因によって対面での面接ができなかったり、地方採用などの場合で採用コストが大幅にかかる場合、Web面接ツールを導入することで以下のような課題を解決できる
・地方在住の候補者と距離を気にすることなく選考できる
・面接を動画撮影可能なため、動画を視聴することで候補者の確認が可能となり、面接官同士のスケジュール調整がなくなりスピーディーな選考が可能

 Web面接ツールにはWeb経由での会話機能があるため、Web会議ツールと類似しているように思われるが、営業向けのオンライン商談ツールがオンラインでの商談や提案に特化していることと同様に、
・評価機能
・応募者管理機能
・応募者のステータス確認
・履歴書などの書類確認機能
といった面接をサポートし、効率的にすすめるための機能が充実している。

Web面接の流れ

 Web 面接担当者が理解しておきたい Web 面接の流れを紹介する。 Web 面接での面接と違い Web 面接の開始前、また終了後に行うべき準備はアフターフォローがあるため、対面で面接をこれまで行なってきた担当者も Web 面接の流れをしっかり理解しておきたい。

(1)面接開始前

 Web面接の開始前には、Web面接で使うツールの設定環境をしっかりと確認しておきたい。例えば通信環境が在宅などでネット環境がいつもと違う時などは、回線が安定しているか、カメラの位置やマイクが入ってるかどうかをあらかじめ確認しておこう。特にカメラの角度や距離については、面接者に圧迫感があったり、面接官の顔が見えづらいなどと思われる場合があるため、あらかじめ社内でカメラの位置や角度を確認しておきルールとして設定しておくと良いだろう。

(2)面接実施時

 面接実施時には、あらかじめ準備していた質問事項に基づいて面接を進めることになるが、途中で音声が拾いにくくなるなどの事態が発生することもあるため、質問の途中で面接者が質問が聞こえているか確認したり、 必要な資料を面接ツールで送るなどスムーズに進行が進むように一方通行にならないような面接を心がけよう。

(3)面接終了後

 面接終了後は、面接者が Web 面接ツールの画面を閉じたことを確認しツールの電源を切るようにしよう。面接終了後は面接者に対する評価をメモしておき、ツールの社内共有用の機能などを使い、面接がどのようなものであったかを記録しておくことが大切である。

Web面接ツールの導入メリット

 Web面接は対面の面接と違い、面接前にあらかじめ面接用のリンクを送付したり、面接途中にチャット機能を使って面接に関する資料を送ったりすることなどが発生する。
Web 面接専用のツールでないと、本来面接者にのみ送るべき面接用の URL を誤って送信したり、 Web 面接の録画がうまくできなかったりすることもあるため Web 面接専用のツールを使うのがおすすめである。具体的に Web 面接ツール導入のメリットを3つ紹介する。

メリット1.採用候補者の確保

  Web 面接ツールを使い Web 面接をするメリット一つ目は、採用候補者との設定を早急に保つことができ採用候補者をしっかり確保することができる点である。
 採用候補者をさウェブサイトなどで集めた場合、本来であればすぐに面接を行うことが望まれるが、対面での面接のみの実施の場合、スケジュールを確保することが難しかったり、面接までの時間が空くことで面接者のモチベーションが下がったりし面接の前の段階で辞退してしまうということも考えられる。
Web 面接ツールを使えば、採用担当者と面接者が面接のスケジュールを組みやすく、選考辞退をする前に面接を行うことができる。
また Web 面接ツールではスケジュール調整機能もあるため採用候補者が多くいる場合であっても採用担当者とのスケジュールを組みやすかったりスケジュールのダブルブッキングなどを防ぐことができる。

メリット2.Web面接専用機能が豊富

  Web 面接ツールを使い Web 面接をするメリット二つ目は、Web 面接ツール専用の機能を使うことができ効率的に採用活動を行うことができる点である。
一般的なオンラインミーティング用のツールと違いWeb面接ツールは、採用資料のダウンロード機能があったり、採用者ごとのメモを社内で共有することができる。また面接専用の録画機能もあるため、採用候補者の面接を社内で共有する事ができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
採用活動のほぼ全てがこのアプリで運用・管理できる点。また、従来の対面面接から大きく変わり、動画を活用できる点。1次選考では毎回同じ質問を投げる面接官も大変ですが、共にPC画面を見る方法だからこそ、既定の質問動画で設問しても問題無いし、回答も動画に保存してその場にいなくても評価できるようになりました。
製品名:インタビューメーカー
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/intabyumeka/reviews/53236

メリット3.採用コスト削減

 Web 面接ツールを使い Web 面接をするメリット三つ目は、ツールを使うことによって採用コストを削減することができる点である。対面での面接のみを行う場合であれば、採用候補者の交通費の支払いが発生したり、 地方採用など社内で面接用のスペースがない場合は、貸し会議室を借りるなどの費用も発生することがあるある。 Web 面接を行う場合であれば交通費や面接場所にかかる費用を削減できるため、採用コストを削減することができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
入社後のミスマッチをなくすために導入されました。ミスマッチを防ぐために何度も面接をするのは、面接の準備や足を運んでいただいたりとお互いに負担がかかるので、PCをつかって面接を行うことで面接のハードルが下がっていると感じています。
面接や説明会の予約や取り消し作業はWEBページ上から参加者に全て委ねるので、電話やメールでの確認作業がなくなりスタッフの労力を減らすことができます。また、面接の進行状況を参加者情報の一覧とともに確認することができるので選考がやりやすくなります。
製品名:インタビューメーカー
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/intabyumeka/reviews/52098

Web面接ツールの選び方

  Web 面接ツールを自社で導入する場合の選び方を三つの選定軸で紹介する。 Web 面接ツールをは機能も多岐に渡るため、自社がどういった採用に対する課題があるかなどによって導入するツールを選定したい。

(1)効率性

  Web 面接ツールの選び方一つ目は、ツールの導入でどれぐらいの効率が上がるかである。例えば採用候補者数が多く、採用候補者と大量にスケジュール調整を行っている場合、 Web 面接ツールのスケジュール管理機能を使うことでスケジュール調整にかかる時間を削減することができる。
 また担当者のみで採用判断をするのではなく、本社と連携が必要な場合や社内での検討が発生する場合などには Web 面接ツールで採用候補者の情報を管理することで社内共有の手間が削減される。 Web 面接ツールでどのようなことが可能なのか自社でどういった作業の手間を削減したいと考えているのか照らし合わせて導入を検討しよう。
以下のレビューも参考になる

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
今年から非常に注目されている「オンライン採用」(新卒・中途)に特化したSaaSです。
応募者からの記述も添えられる録画面接とライブ面接の双方に対応をしています。

・募集企業の紹介ビデオを応募者に見てもらえる機能
・応募者の履歴書経歴書PDFの管理機能
・複数選考者の得点、コメント管理機能
・応募者、選考者への招待・依頼メール送信機能 etc
(他にも数多くの機能があります)

オンライン面接「のみ」であればzoomやその他ツールでも可能ですが、HireVueは採用活動に特化されているだけあって、上記機能を活用することで採用活動が非常に効率的です。

特に良いと思うポイントは、複数の評価者がそれぞれ得点やコメントを簡単に加えられる機能です。
また、どの評価者がどのポイントを何点をつけていて、どんなコメントを寄せているかが一目で分かるため、評価者同士で応募者に対する採用可否の議論が深まるきっかけになり、関係者の納得を得ながら選考を進められる点です。これまでは評価者同士の意識合わせをリアルな会議を開いていましたが、本システム導入後はそれらも全てオンラインで済ませられるようになりました。
製品名:HireVue
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/hirevue/reviews/52207

(2)採用サポートの有無

  Web 面接ツールの選び方二つ目は、 Web 面接ツールの提供だけでなく採用活動に対するサポートがあるかどうかがある。例えば今まで中途採用のみを行ってきた場合で新卒採用も今後行うという場合には、今まで中途採用で使ってきた採用エージェントだとサポートが足りないなども考えられるため、新卒採用活動のサポートも行なっているツール提供者を選ぶことがおすすめである。その他にも採用活動に関する課題などを一緒に考えてくれるツール提供事業者を選ぶことで社内の採用に活動に関わる課題を解決することが可能になる。

採用など人事に関する課題については、人事評価ツールの導入も合わせて行うのもおすすめだ。こちらのページで紹介しているので参考にして欲しい。
https://www.itreview.jp/categories/personal-evaluation

(3)費用や導入実績 

 Web 面接ツールの選び方三つ目は、 Web 面接ツール導入に関わる費用がどれくらいあるかやどういった企業に導入実績があるかという点である。
  Web 面接ツールは昨今のコロナ禍などで対面での面接ができない代わりに導入を検討しているという企業もあるだろう。企業によっては面接を行う時期が一定期間のみの場合であったり、そこまで頻繁に使わないなどの場合もあるため、そういった際には Web 面接ツールを導入することで得られる効果とそれにかかる費用がどれくらいかという点を考慮して導入ツールを選定するのも大切である。
また現場担当者が主導して面接ツールを導入する場合、社内稟議で面接ツールがどういった企業に導入されているかなどの実績を確かめる必要もあるが、そのような場合には自社と同じぐらいの規模感の企業や業種で導入があるかどうかをツール提供者に確認することがおすすめだ。
採用活動を円滑に行い採用コストを削減することにも繋がる Web 面接であるが、自社に導入することでどれぐらいのインパクトがあるかという点を念頭に置きどのツールを選定するのが良いかを検討するようにしよう。


Web面接の機能一覧


基本機能

機能 解説
面接用URL生成 応募者がクリックするだけでWeb面接を実施可能な個別のURLを生成
ライブ面接 オンライン上で応募者と面接担当者(複数可)がリアルタイムで面接を行える
録画面接 応募者が自分で撮影した動画を受信し、選考を行えるようにする
応募者とのやりとり 応募/採用の書類、企業資料などを互いに見ながら面接を行える
画面共有/資料ダウンロード データ暗号化などを用いてデータの転送/保管/利用の安全性を保つ
スケジュール管理 面接スケジュールの調整を省力化もしくは自動化できる
評価情報の共有/管理 面接中に評価情報を担当者間でリアルタイムで共有したり、事後に一元管理したりできる
外部システム/サービス連携 外部システム/サービスとの連携を図ることで採用管理の一元化を可能にする


Web面接の基礎知識

 Web面接とは、Web上で行う就職、転職などの面接のことであり、オンライン面接とも呼ばれる。
「オフラインでの対面面接が難しくなったのでWeb面接を導入したい」
「Web面接の専用ツールを使って採用コストを削減したい」
といったような外部要因によって対面での面接ができなかったり、地方採用などの場合で採用コストが大幅にかかる場合、Web面接ツールを導入することで以下のような課題を解決できる
・地方在住の候補者と距離を気にすることなく選考できる
・面接を動画撮影可能なため、動画を視聴することで候補者の確認が可能となり、面接官同士のスケジュール調整がなくなりスピーディーな選考が可能

 Web面接ツールにはWeb経由での会話機能があるため、Web会議ツールと類似しているように思われるが、営業向けのオンライン商談ツールがオンラインでの商談や提案に特化していることと同様に、
・評価機能
・応募者管理機能
・応募者のステータス確認
・履歴書などの書類確認機能
といった面接をサポートし、効率的にすすめるための機能が充実している。

Web面接の流れ

 Web 面接担当者が理解しておきたい Web 面接の流れを紹介する。 Web 面接での面接と違い Web 面接の開始前、また終了後に行うべき準備はアフターフォローがあるため、対面で面接をこれまで行なってきた担当者も Web 面接の流れをしっかり理解しておきたい。

(1)面接開始前

 Web面接の開始前には、Web面接で使うツールの設定環境をしっかりと確認しておきたい。例えば通信環境が在宅などでネット環境がいつもと違う時などは、回線が安定しているか、カメラの位置やマイクが入ってるかどうかをあらかじめ確認しておこう。特にカメラの角度や距離については、面接者に圧迫感があったり、面接官の顔が見えづらいなどと思われる場合があるため、あらかじめ社内でカメラの位置や角度を確認しておきルールとして設定しておくと良いだろう。

(2)面接実施時

 面接実施時には、あらかじめ準備していた質問事項に基づいて面接を進めることになるが、途中で音声が拾いにくくなるなどの事態が発生することもあるため、質問の途中で面接者が質問が聞こえているか確認したり、 必要な資料を面接ツールで送るなどスムーズに進行が進むように一方通行にならないような面接を心がけよう。

(3)面接終了後

 面接終了後は、面接者が Web 面接ツールの画面を閉じたことを確認しツールの電源を切るようにしよう。面接終了後は面接者に対する評価をメモしておき、ツールの社内共有用の機能などを使い、面接がどのようなものであったかを記録しておくことが大切である。

Web面接ツールの導入メリット

 Web面接は対面の面接と違い、面接前にあらかじめ面接用のリンクを送付したり、面接途中にチャット機能を使って面接に関する資料を送ったりすることなどが発生する。
Web 面接専用のツールでないと、本来面接者にのみ送るべき面接用の URL を誤って送信したり、 Web 面接の録画がうまくできなかったりすることもあるため Web 面接専用のツールを使うのがおすすめである。具体的に Web 面接ツール導入のメリットを3つ紹介する。

メリット1.採用候補者の確保

  Web 面接ツールを使い Web 面接をするメリット一つ目は、採用候補者との設定を早急に保つことができ採用候補者をしっかり確保することができる点である。
 採用候補者をさウェブサイトなどで集めた場合、本来であればすぐに面接を行うことが望まれるが、対面での面接のみの実施の場合、スケジュールを確保することが難しかったり、面接までの時間が空くことで面接者のモチベーションが下がったりし面接の前の段階で辞退してしまうということも考えられる。
Web 面接ツールを使えば、採用担当者と面接者が面接のスケジュールを組みやすく、選考辞退をする前に面接を行うことができる。
また Web 面接ツールではスケジュール調整機能もあるため採用候補者が多くいる場合であっても採用担当者とのスケジュールを組みやすかったりスケジュールのダブルブッキングなどを防ぐことができる。

メリット2.Web面接専用機能が豊富

  Web 面接ツールを使い Web 面接をするメリット二つ目は、Web 面接ツール専用の機能を使うことができ効率的に採用活動を行うことができる点である。
一般的なオンラインミーティング用のツールと違いWeb面接ツールは、採用資料のダウンロード機能があったり、採用者ごとのメモを社内で共有することができる。また面接専用の録画機能もあるため、採用候補者の面接を社内で共有する事ができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
採用活動のほぼ全てがこのアプリで運用・管理できる点。また、従来の対面面接から大きく変わり、動画を活用できる点。1次選考では毎回同じ質問を投げる面接官も大変ですが、共にPC画面を見る方法だからこそ、既定の質問動画で設問しても問題無いし、回答も動画に保存してその場にいなくても評価できるようになりました。
製品名:インタビューメーカー
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/intabyumeka/reviews/53236

メリット3.採用コスト削減

 Web 面接ツールを使い Web 面接をするメリット三つ目は、ツールを使うことによって採用コストを削減することができる点である。対面での面接のみを行う場合であれば、採用候補者の交通費の支払いが発生したり、 地方採用など社内で面接用のスペースがない場合は、貸し会議室を借りるなどの費用も発生することがあるある。 Web 面接を行う場合であれば交通費や面接場所にかかる費用を削減できるため、採用コストを削減することができる。
以下のレビューも参考になる。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
入社後のミスマッチをなくすために導入されました。ミスマッチを防ぐために何度も面接をするのは、面接の準備や足を運んでいただいたりとお互いに負担がかかるので、PCをつかって面接を行うことで面接のハードルが下がっていると感じています。
面接や説明会の予約や取り消し作業はWEBページ上から参加者に全て委ねるので、電話やメールでの確認作業がなくなりスタッフの労力を減らすことができます。また、面接の進行状況を参加者情報の一覧とともに確認することができるので選考がやりやすくなります。
製品名:インタビューメーカー
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/intabyumeka/reviews/52098

Web面接ツールの選び方

  Web 面接ツールを自社で導入する場合の選び方を三つの選定軸で紹介する。 Web 面接ツールをは機能も多岐に渡るため、自社がどういった採用に対する課題があるかなどによって導入するツールを選定したい。

(1)効率性

  Web 面接ツールの選び方一つ目は、ツールの導入でどれぐらいの効率が上がるかである。例えば採用候補者数が多く、採用候補者と大量にスケジュール調整を行っている場合、 Web 面接ツールのスケジュール管理機能を使うことでスケジュール調整にかかる時間を削減することができる。
 また担当者のみで採用判断をするのではなく、本社と連携が必要な場合や社内での検討が発生する場合などには Web 面接ツールで採用候補者の情報を管理することで社内共有の手間が削減される。 Web 面接ツールでどのようなことが可能なのか自社でどういった作業の手間を削減したいと考えているのか照らし合わせて導入を検討しよう。
以下のレビューも参考になる

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
今年から非常に注目されている「オンライン採用」(新卒・中途)に特化したSaaSです。
応募者からの記述も添えられる録画面接とライブ面接の双方に対応をしています。

・募集企業の紹介ビデオを応募者に見てもらえる機能
・応募者の履歴書経歴書PDFの管理機能
・複数選考者の得点、コメント管理機能
・応募者、選考者への招待・依頼メール送信機能 etc
(他にも数多くの機能があります)

オンライン面接「のみ」であればzoomやその他ツールでも可能ですが、HireVueは採用活動に特化されているだけあって、上記機能を活用することで採用活動が非常に効率的です。

特に良いと思うポイントは、複数の評価者がそれぞれ得点やコメントを簡単に加えられる機能です。
また、どの評価者がどのポイントを何点をつけていて、どんなコメントを寄せているかが一目で分かるため、評価者同士で応募者に対する採用可否の議論が深まるきっかけになり、関係者の納得を得ながら選考を進められる点です。これまでは評価者同士の意識合わせをリアルな会議を開いていましたが、本システム導入後はそれらも全てオンラインで済ませられるようになりました。
製品名:HireVue
参考レビュー:https://www.itreview.jp/products/hirevue/reviews/52207

(2)採用サポートの有無

  Web 面接ツールの選び方二つ目は、 Web 面接ツールの提供だけでなく採用活動に対するサポートがあるかどうかがある。例えば今まで中途採用のみを行ってきた場合で新卒採用も今後行うという場合には、今まで中途採用で使ってきた採用エージェントだとサポートが足りないなども考えられるため、新卒採用活動のサポートも行なっているツール提供者を選ぶことがおすすめである。その他にも採用活動に関する課題などを一緒に考えてくれるツール提供事業者を選ぶことで社内の採用に活動に関わる課題を解決することが可能になる。

採用など人事に関する課題については、人事評価ツールの導入も合わせて行うのもおすすめだ。こちらのページで紹介しているので参考にして欲しい。
https://www.itreview.jp/categories/personal-evaluation

(3)費用や導入実績 

 Web 面接ツールの選び方三つ目は、 Web 面接ツール導入に関わる費用がどれくらいあるかやどういった企業に導入実績があるかという点である。
  Web 面接ツールは昨今のコロナ禍などで対面での面接ができない代わりに導入を検討しているという企業もあるだろう。企業によっては面接を行う時期が一定期間のみの場合であったり、そこまで頻繁に使わないなどの場合もあるため、そういった際には Web 面接ツールを導入することで得られる効果とそれにかかる費用がどれくらいかという点を考慮して導入ツールを選定するのも大切である。
また現場担当者が主導して面接ツールを導入する場合、社内稟議で面接ツールがどういった企業に導入されているかなどの実績を確かめる必要もあるが、そのような場合には自社と同じぐらいの規模感の企業や業種で導入があるかどうかをツール提供者に確認することがおすすめだ。
採用活動を円滑に行い採用コストを削減することにも繋がる Web 面接であるが、自社に導入することでどれぐらいのインパクトがあるかという点を念頭に置きどのツールを選定するのが良いかを検討するようにしよう。


Web面接の機能一覧


基本機能

機能 解説
面接用URL生成 応募者がクリックするだけでWeb面接を実施可能な個別のURLを生成
ライブ面接 オンライン上で応募者と面接担当者(複数可)がリアルタイムで面接を行える
録画面接 応募者が自分で撮影した動画を受信し、選考を行えるようにする
応募者とのやりとり 応募/採用の書類、企業資料などを互いに見ながら面接を行える
画面共有/資料ダウンロード データ暗号化などを用いてデータの転送/保管/利用の安全性を保つ
スケジュール管理 面接スケジュールの調整を省力化もしくは自動化できる
評価情報の共有/管理 面接中に評価情報を担当者間でリアルタイムで共有したり、事後に一元管理したりできる
外部システム/サービス連携 外部システム/サービスとの連携を図ることで採用管理の一元化を可能にする