OS(オペレーティングシステム)とは

 OS(オペレーティングシステム)とは、ユーザーがコンピュータの基本機能を実行するために必要なソフトウェアだ。OSはシステム上の全てのハードウェアとソフトウェアの管理を行い、CPU(中央処理装置)にアクセスして、システムがアプリケーションを(複数)実行できるようにする。PC、タブレット、スマートフォン、さらにはサーバの利用にはOSが不可欠であり、おのおのに最適な機能を備えたOSが提供されている。

 一般的なOSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのOS X、そして、Linuxディストリビューションが挙げられる。また、スマートフォン向けのモバイルOSとしては、Googleが開発したAndroidやアップルのiOSが存在する。

 一般的な従業員がPC上で日常的な作業を行う際にはWindowsが使われる一方で、開発者や技術者、グラフィックデザイナーといった専門職に従事する従業員はLinuxやOS Xなどを用いるケースも多い。

OS(オペレーティングシステム)の基礎知識

 OS(オペレーティングシステム)とは、ユーザーがコンピュータの基本機能を実行するために必要なソフトウェアだ。OSはシステム上の全てのハードウェアとソフトウェアの管理を行い、CPU(中央処理装置)にアクセスして、システムがアプリケーションを(複数)実行できるようにする。PC、タブレット、スマートフォン、さらにはサーバの利用にはOSが不可欠であり、おのおのに最適な機能を備えたOSが提供されている。

 一般的なOSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのOS X、そして、Linuxディストリビューションが挙げられる。また、スマートフォン向けのモバイルOSとしては、Googleが開発したAndroidやアップルのiOSが存在する。

 一般的な従業員がPC上で日常的な作業を行う際にはWindowsが使われる一方で、開発者や技術者、グラフィックデザイナーといった専門職に従事する従業員はLinuxやOS Xなどを用いるケースも多い。