非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
管理が簡単な DNS サーバー
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

機能としては DNS サーバーでそれ以上でもそれ以下でもありません。ただ、DNS サーバー 1 台のためにサーバー構築、運用する手間を省いてくれるサービスだと考えるとメリットを感じやすいと思います。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

格安とはいえ従量制の課金であるためエンタープライズ企業では予算化しずらい。少し高めでも良いので固定額プランがあるとありがたいです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

これまでサーバーの管理が必要だった DNS サーバーが導入後はほぼメンテナンス要らずになり、運用コストの大幅削減につながった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(CIO・マネージャ)
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 50-100人未満
SLA100%DNSサーバー
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

SLAが100%のDNSサーバーでしかも格安。ドメイン管理サイトについてくる無料のDNSは度々障害を起こす場合があるので、備えておけば心配がないでしょう。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

いくら格安とはいえ、あくまでも従量制なので予算が立てづらい。またAmazon特有のUIなので慣れるまで時間がかかる。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

Amazonのセキュリティで、障害の心配がないSLA100%のDNSサービスの運用を格安で実現できた。

その他の製品

姜 修章
  • 株式会社鈴木商店
  • プログラミング・テスト
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20-50人未満
AWS上でサービス運用するならメリット多い
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

通常のDNSサービスとしてももちろん便利で堅牢なサービスですが、AWS上でサービスを運用する場合にはエイリアスが利用できます。
またAWSのVPC内からのみアクセス可能なPrivateZoneも構築できます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

利用料金が使ってみないとわかりません。
DNSのクエリ数が予め予想ができればいいですが、なかなか難しいです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

AWSで運用しているサービスのDNS管理を全てRoute53で行っています。
AWSの信頼できるネットワーク環境が利用でき、独自の機能(エイリアスなど)も便利です。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • IT管理者
  • 情報通信・インターネット
  • 50-100人未満
信頼性の高いDNSサービス
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

信頼性の高いDNSサービスは、Route53が登場する前は大手ISPのサービスくらいしかなく、安定しているが柔軟性が低く、費用も高かった。
ホスティング事業者のDNSサービスは、費用は安いものの、簡易すぎて困ることも多かった。
自社運用はセキュリティ問題への対応が難しいし、安定した基盤上で運用しないとリスクが高い。
Route 53は安定しており、費用も比較的安く、柔軟に複雑な設定が可能。セキュリティ問題への対応も不要。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

利用開始してみないと費用がどれくらい掛かるかわかりにくい点。
DNSのクエリ数で金額が決まるため、そのドメインがどれくらい検索されるかわからないと金額がわからない。
今までクエリ数なんてカウントしたことがなかった。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

以前はDNSサーバは自社運用しており、セキュリティ対応のためのバージョンアップなどで、かなりの手間が掛かっていた。
Route 53に移行することでセキュリティ対応を気にせず安定したサービスを運用することができるようになった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • システム分析・設計
  • ユーザー(利用者)
  • 広告・販促
  • 20-50人未満
低価格で高品質
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

安定性の高い DNS サービスを低価格で利用することができます。Amazon Web Services の他サービスとの連携も魅力です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

DNS 以外の付加機能、例えばサーバーのヘルスチェックなどは機能が少なく、高度なことを行う場合は単体ではできない場合があります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ドメイン事業者の提供する DNS はオマケ程度で安定性の低いものもありますが、Route 53 を採用することで高品質な DNS を AWS の他サービスと連携しながら利用できるようになりました。