非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 企業所属 確認済
  • 利用 確認済
  • デザイン・クリエイティブ職
  • ユーザー(利用者)
  • 印刷
  • 100-300人未満
  • 契約タイプ 無償利用

自分の使い方に疑問を感じたら

良いポイント

グラフィック系のソフトを何年も使っていても
「こんな使い方があるんだ!」と
知る事ができます。
(Adobe系が多いですが)
同じソフトで、同じ作業ばかりしていて
使いにくいけれど
仕方ない事だと思い込んでいる部分がありましたが
レビューを見て改める事が増えました。

機能についてはヘルプで確認するのが基本ですが
ユーザーの「生の声」はそれとは違って
使い方が具体的に想像できるので
新しい提案につながることもあります。

改善してほしいポイント

質問の内容の
「良いポイント」と「課題に貢献」の内容が
重複しているように感じます。

「改善」は理解できるのですが
レビューを読む場合も、書く場合も
どう違うのだろう…?と
よくわからなくなります。

問題解決ではなく
「オススメの機能」などに絞ってもらえると
理解できます。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

自分では使いこなしているつもりのソフトであっても
レビューを読んでみると
新しい機能が発見できたり
似たようなトラブルがあり
どう対処したかが書かれている場合があり
トラブル解決の際の参考にもなります。

もっと見る
連携して利用中のツール