IT資産管理

IT資産情報を収集して運用を最適化

ハードウェア情報の取得と台帳管理
コンピュータ名、IPアドレス、CPUの種類、メモリ容量、ディスク容量などのハードウェア情報を自動的に取得し、管理する
4.4
回答者数:73
ソフトウェア情報の取得
OSのバージョン、アップデートの適用状況、コンピュータ内部にある実行形式ファイルなどの情報を自動的に取得する
4.3
回答者数:73
更新プログラム管理と適用
Windows更新プログラムやセキュリティパッチの適用状況を把握し、必要な更新プログラムを一斉に適用する
3.6
回答者数:57
周辺機器情報の取得
ネットワークに接続されているプリンタ、複合機、ルーター、スイッチなどの周辺機器情報を自動的に取得する
3.7
回答者数:61
デバイス情報の取得
USBメモリ、光ディスクドライブ、デジタルカメラ、スマートフォンなどのデバイス情報を自動的に取得する
4.1
回答者数:70
死活監視
プリンタやルーターなどSNMP対応機器を検知して死活監視を行う
3.4
回答者数:44

ソフトウェア資産管理(SAM)によるライセンス適正化

管理台帳の作成
管理台帳を作成し、ライセンス情報の登録/割当、資産の棚卸しなどを行い、ソフトウェア資産管理に利用する
3.6
回答者数:58
ライセンス登録
ソフトウェアのライセンス数/種別、使用/管理部署など必要な情報を登録する
3.2
回答者数:50
ライセンス利用状況
保有ライセンス数とインストール数の過不足確認、アップグレード/ダウングレードなどの利用状況を把握する
3.4
回答者数:55
不要ソフトウェア廃棄
ライセンス超過やライセンス切れなどにより不要になったソフトウェアをコンピュータからアンインストールする
3.2
回答者数:34
利用申請、承認
ハードウェア/ソフトウェアの利用申請から承認までのプロセスを管理する
3.0
回答者数:29

セキュリティ対策の強化

ログ管理
アプリケーションの起動状況や外部との通信、特定のファイル操作、データの取り扱いなどコンピュータで実行されたさまざまな挙動をログとして記録し、管理する
4.3
回答者数:71
ネットワーク検知
ネットワークの接続状況を監視して情報収集を行い、管理対象外の不正な機器接続を検知、遮断する
3.6
回答者数:49
操作制限
ファイルのアップロード、メール送信、印刷出力などの操作をクライアント コンピュータ単位、ユーザー単位で制限する
3.9
回答者数:52
アラート表示
違反行為があった際に、メッセージを送信してユーザーに注意を促す
3.9
回答者数:58
サーバ/データベース監査
サーバのログを収集し、権限のないユーザーからのアクセスやデータベースの使用状況などを把握する
3.3
回答者数:32
レポート
サーバやフォルダ、ファイルへの失敗アクセス状況をレポートとして可視化する
3.3
回答者数:37

ログ管理

基本機能

ログの収集
対象とする社内システムや各種ハードウェア、アプリケーション、ファイルへのアクセスログや操作ログを収集する
4.6
回答者数:13
ログの保管
収集したログデータの一元管理を行い、必要に応じて圧縮やアーカイブなどを施す
4.6
回答者数:13
ログの分析
収集したログデータを分析し、システム障害の調査や原因特定、不正アクセスなどの証跡管理に役立てる
3.8
回答者数:12
ログレポート
予め設定した項目や分析結果の内容を決められた日時に自動でレポートを作成、管理者に送信する
2.8
回答者数:5