非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 人事・教育職
  • ユーザー(利用者)
  • 設備(建設・建築)
  • 20-50人未満
便利に活用しています
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

親会社社長が兼務しているため、社内に在席していることが稀。稟議書類が溜まってしまうことを懸念していましたが、X-pointを入れたおかげで、何とか、処理しています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

差し戻しになった際、追加コメントを記載しようとしても、余白が限られている。結局、別紙にコメント作成し、ファイル添付するしかないが、もう少し。その辺りの設計に余裕がほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

親会社と、地理的に離れているので、今や必要不可欠。重宝しています。
操作が簡便なところ、途中に、関係者チェックも入れられるところが有難い。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

稟議システムの初期版として、使いやすさ含め、一番のお薦め。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 開発
  • ユーザー(利用者)
  • 電気・電子機器
  • 1000人以上
承認作業の簡略化と書類の完全ペーパレス化
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

電子データだけで承認作業を行える。
電子データで書類が添付でき、pdf化できる。
類似ソフトを使ったことが無いので比較できないがユーザインターフェイスも特別不便なところは無い。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

ユーザとして使っているだけなので、弊社のシステム管理者が使いこなせてないだけかもしれないが、承認ルートに乗っていない第三者が閲覧できないのと承認されても通知が来ないのでポーリングで確認する必要があるのは不便。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

いちいち経営層クラスの偉いさんにアポイントを取って承認してもらう必要が無くなった。
紙の資料の作成、保管をしなくてよくなった。

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • 人材
  • 20-50人未満
広く使用されいている稟議システム
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

企業や組織に合わせてカスタマイズ可能な稟議システムです。
比較的安価で導入しやすいのでベンチャー企業が初めて入れる決済システムとしては良いと思います。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

新規で稟議を上げる時にまずどこから入っていけば良いのかがわかりづらい。
全体的にマニュアルに目を通さないと使いこなせないツールではあると思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

稟議システムを入れる前は基本的に社長決裁で社長に許可を得ないといけなかったが忙しく対応が後手後手になっていた。
稟議システムを入れてからはある程度決済可能な権限を下の役職者に任せて進められるようになった。

田中 仁志
  • 伊藤忠丸紅鉄鋼
  • 社内情報システム(CIO・マネージャ)
  • IT管理者
  • 総合卸売・商社・貿易
  • 300-1000人未満
良くも悪くも普通のワークフロー
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

これまでの帳票をベースにしてワークフローが作成出来るのである意味ほとんど混乱なくワークフローを導入することが出来る。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

スムーズに切り替え出来るが故に、あまりBPRを進めるモチベーションが湧きにくいというのが難点と言えば難点。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

紙で捺印で回していた3Kや勤怠を全てワークフローに切り替えることが出来て、モバイルでも承認出来るため利便性が相当上がった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • IT管理者
  • 総合卸売・商社・貿易
  • 300-1000人未満
ペーパーレス化が進みます
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

X-pointの最大の特徴は分かりやすいインターフェースです。
帳票の作成から申請ルートの設定まで直観的に操作・設定できるようになっているため、
そこまで専門的な知識が必要ではありません。

また、困ったときの問い合わせであるヘルプデスクの対応も迅速・丁寧です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

組織変更対応が少し弱いように感じます。
組織が頻繁に変更となる会社の場合は、X-pointは向かないかもしれません。
代理設定を部署ごとに追加しないとこの機能を使用できなくなります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

今まで紙を印刷し、回覧していた書類を電子化することができ、ペーパーレス化が進みました。
また、スマホやタブレットでも閲覧できる環境にすることで外出先やPCが手元にない場合でも
申請・承認ができるようになりました。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

導入するならクラウド版が良いと思います。