社内のコストを見直し、余分なコストを排除することは、企業経営にとって大変重要な課題の1つといえる。コスト削減の実現により、利益率の改善に貢献できるだろう。

 企業コストの種類は大きく3つ「オフィスコスト(事務用品費、郵送代、通信費など)」「オペレーションコスト(人件費、物流費、仕入れ費など)」「エネルギーコスト(電気代など)」に分けられる。ここでは、IT製品・サービスの導入によって削減できる紙の利用やIT資産の利用にかかるオフィスコストと、顧客先との商談にかかる移動費や、システム運用にかかる人件費といったオペレーションコストを中心に、どのような製品がコスト削減課題を解決できるかを具体的に紹介する。

その他の製品