APM(アプリケーションパフォーマンス管理)とは

 APM(アプリケーションパフォーマンス管理)とは、社内システムやWebサービス、アプリケーションなどの稼働状況(パフォーマンス)やトランザクションを可視化、モニタリングするツール。障害発生時には、アラートや迅速な原因特定を行える。

 昨今、企業のシステム基盤はIaaSなどのクラウドや仮想化環境、オンプレミス環境などに分散し、それぞれは密に連携し合うために複雑化が進んでいる。同時にシステムの運用管理も複雑さを増し、負荷がますます高まっていることから、これらシステムの稼働状況を1つのツールに集約し、運用管理負荷を下げるために導入されるのが、APMである。

 また、APMでWebサービスやアプリケーションのパフォーマンスを監視し、障害時の原因特定や対策を素早く行うことで、サービスレベルの向上にも貢献する。


APM(アプリケーションパフォーマンス管理)の定義
・Webアプリやソフトウェアのパフォーマンスと応答時間を監視/追跡する
・パフォーマンスのベースラインを作成し、パフォーマンスの変動を管理者に通知する
・パフォーマンスを明確に把握できるよう、視覚データを提供する

APM(アプリケーションパフォーマンス管理)の機能一覧


基本機能

機能 解説
メトリックダッシュボード 応答時間や負荷といったアプリケーションのパフォーマンス状況を視覚的に表示する
アラート パフォーマンスがベースラインを下回った場合、メールやデスクトップ通知などで即時に警告する
包括的な追跡 クラウドも含め、ホストされている場所に関係なく、全アプリケーションを追跡できる
トランザクション/トポロジー分析 エンドツーエンドの可視性を提供し、トランザクションの全てのステップの詳細を示し、機能の最適化や改善に役立てられる


APM(アプリケーションパフォーマンス管理)の基礎知識

 APM(アプリケーションパフォーマンス管理)とは、社内システムやWebサービス、アプリケーションなどの稼働状況(パフォーマンス)やトランザクションを可視化、モニタリングするツール。障害発生時には、アラートや迅速な原因特定を行える。

 昨今、企業のシステム基盤はIaaSなどのクラウドや仮想化環境、オンプレミス環境などに分散し、それぞれは密に連携し合うために複雑化が進んでいる。同時にシステムの運用管理も複雑さを増し、負荷がますます高まっていることから、これらシステムの稼働状況を1つのツールに集約し、運用管理負荷を下げるために導入されるのが、APMである。

 また、APMでWebサービスやアプリケーションのパフォーマンスを監視し、障害時の原因特定や対策を素早く行うことで、サービスレベルの向上にも貢献する。


APM(アプリケーションパフォーマンス管理)の定義
・Webアプリやソフトウェアのパフォーマンスと応答時間を監視/追跡する
・パフォーマンスのベースラインを作成し、パフォーマンスの変動を管理者に通知する
・パフォーマンスを明確に把握できるよう、視覚データを提供する

APM(アプリケーションパフォーマンス管理)の機能一覧


基本機能

機能 解説
メトリックダッシュボード 応答時間や負荷といったアプリケーションのパフォーマンス状況を視覚的に表示する
アラート パフォーマンスがベースラインを下回った場合、メールやデスクトップ通知などで即時に警告する
包括的な追跡 クラウドも含め、ホストされている場所に関係なく、全アプリケーションを追跡できる
トランザクション/トポロジー分析 エンドツーエンドの可視性を提供し、トランザクションの全てのステップの詳細を示し、機能の最適化や改善に役立てられる