ソースコード管理とは

 ソースコード管理とは、ソフトウェア開発におけるソースコード(ファイル)の変更履歴を管理することで、一般的にはバージョン管理システムを利用する。各ファイルのバージョンは一般的にリポジトリと呼ばれるデータベースに保管し、ファイルの作成日時、変更日時、変更点などの履歴を管理することで、変更内容を確認や変更前の状態への復元などを行うことができる。バージョン管理システムはリポジトリの管理方式によって、「集中型」と「分散型」に分類できる。

ソースコード管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
リポジトリ ソースコードをデータベース(リポジトリ)に格納し、複数の開発者間で閲覧/編集を行えるようにする
バージョン管理 編集されたソースコードがリポジトリへ反映された際に、作成日時、変更日時、変更内容、コメントなどを記録し、履歴を管理する
差分チェック 別バージョンのソースコードを比較して、追加や削除、その他編集が行われた部分を分かりやすく表示する
コミュニケーション 開発者間などでソースコードに関するリクエストやフィードバック、コメントなどを効率的に行えるようにする


ソースコード管理の基礎知識

 ソースコード管理とは、ソフトウェア開発におけるソースコード(ファイル)の変更履歴を管理することで、一般的にはバージョン管理システムを利用する。各ファイルのバージョンは一般的にリポジトリと呼ばれるデータベースに保管し、ファイルの作成日時、変更日時、変更点などの履歴を管理することで、変更内容を確認や変更前の状態への復元などを行うことができる。バージョン管理システムはリポジトリの管理方式によって、「集中型」と「分散型」に分類できる。

ソースコード管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
リポジトリ ソースコードをデータベース(リポジトリ)に格納し、複数の開発者間で閲覧/編集を行えるようにする
バージョン管理 編集されたソースコードがリポジトリへ反映された際に、作成日時、変更日時、変更内容、コメントなどを記録し、履歴を管理する
差分チェック 別バージョンのソースコードを比較して、追加や削除、その他編集が行われた部分を分かりやすく表示する
コミュニケーション 開発者間などでソースコードに関するリクエストやフィードバック、コメントなどを効率的に行えるようにする