Webデザイン・アプリデザインとは

 Webデザイン・アプリデザインとは、Webページやアプリを作成・編集・更新するための機能を提供するツールだ。ワイヤーフレームの作成やコード編集のための機能をもっており、デザインのプレビューを確認しながらコードを記述/編集したり、描画ツールや画像の切り抜き・編集、レイアウト調整をドラッグ&ドロップすることでWebデザインを行える。テキストエディタなどのツールからコードをインポートしたり、ベクターグラフィックツールなどのデザインツールから視覚要素をインポートしたりもできる。

 多くの製品では、Webページなどの基本構造の作成を支援するフレームワークに加えて、デザインを効率的に行うためのテンプレートや要素ライブラリなども備えている。また、Webページやアプリのユーザーインタフェイスのデザイン、あるいはプロトタイプ作成により重点を置いた製品も存在する。

Webデザイン・アプリデザインの定義

・オブジェクトやテキスト、画像を組み合わせてWeb・アプリデザインのプロトタイプを作成できる
・HTMLやCSSを編集するためのプラットフォームを提供する
・カスタマイズ可能なテンプレートやWebフレームワークを提供する


Webデザイン・アプリデザイン


基本機能

機能 解説
テンプレート Webサイトの作成を簡素化するための各種テンプレートを提供する
ライブラリの提供 テーブル、グラフ、ウィジェットなどの事前構築済みのWebサイトコンポーネントを提供する
ドラッグ・アンド・ドロップでの操作 Webサイト/アプリのデザインをアイテムとコンテンツのドラッグ・アンド・ドロップで作成、カスタマイズできる
コンテンツ管理 特定のアイテムに対し強調表示や文字色・背景色などのさまざまな装飾を付与できる
強調表示・装飾 さまざまな形状、色、フォントを選択して目的や意図に沿ったダイアグラムを作成できる
オートコンプリート コードを手動入力する際、一般的なタグなどを自動入力する
共同編集 複数のデザイナーや開発者が同じファイルを同時に操作できる
言語サポート Java、C、Pythonなどのプログラミング言語や、レスポンシブWebデザインのためのHTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンド言語をサポートする


Webデザイン・アプリデザインの基礎知識

 Webデザイン・アプリデザインとは、Webページやアプリを作成・編集・更新するための機能を提供するツールだ。ワイヤーフレームの作成やコード編集のための機能をもっており、デザインのプレビューを確認しながらコードを記述/編集したり、描画ツールや画像の切り抜き・編集、レイアウト調整をドラッグ&ドロップすることでWebデザインを行える。テキストエディタなどのツールからコードをインポートしたり、ベクターグラフィックツールなどのデザインツールから視覚要素をインポートしたりもできる。

 多くの製品では、Webページなどの基本構造の作成を支援するフレームワークに加えて、デザインを効率的に行うためのテンプレートや要素ライブラリなども備えている。また、Webページやアプリのユーザーインタフェイスのデザイン、あるいはプロトタイプ作成により重点を置いた製品も存在する。

Webデザイン・アプリデザインの定義

・オブジェクトやテキスト、画像を組み合わせてWeb・アプリデザインのプロトタイプを作成できる
・HTMLやCSSを編集するためのプラットフォームを提供する
・カスタマイズ可能なテンプレートやWebフレームワークを提供する


Webデザイン・アプリデザイン


基本機能

機能 解説
テンプレート Webサイトの作成を簡素化するための各種テンプレートを提供する
ライブラリの提供 テーブル、グラフ、ウィジェットなどの事前構築済みのWebサイトコンポーネントを提供する
ドラッグ・アンド・ドロップでの操作 Webサイト/アプリのデザインをアイテムとコンテンツのドラッグ・アンド・ドロップで作成、カスタマイズできる
コンテンツ管理 特定のアイテムに対し強調表示や文字色・背景色などのさまざまな装飾を付与できる
強調表示・装飾 さまざまな形状、色、フォントを選択して目的や意図に沿ったダイアグラムを作成できる
オートコンプリート コードを手動入力する際、一般的なタグなどを自動入力する
共同編集 複数のデザイナーや開発者が同じファイルを同時に操作できる
言語サポート Java、C、Pythonなどのプログラミング言語や、レスポンシブWebデザインのためのHTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンド言語をサポートする