個人情報や機密情報などセンシティブな情報を扱うビジネスが増え情報資産の価値が高まる昨今、サイバー攻撃などによりこれらを金目の資産として狙われるケースが拡大している。攻撃や被害の多さから、昨今では「セキュリティ対策」が経営課題の1つとして捉えられるケースも一般的になりつつある。これらの対策の有無が世間からの信頼に大きく影響するようにもなっているのも事実だ。

 また、地震や異常気象など自然災害による思わぬ被害も多発している。これらが発生した際、二次被害を食い止め被害を最小限に抑えたり、事業継続するための準備となる「リスク管理」も重要性が増している。

 ここでは情報漏えいを防ぐためのセキュリティ対策と、有事の際の事業継続のために準備しておくリスク対策においてどのような課題があり、またそれらがどの製品カテゴリーで対応できるかを紹介する。

その他の製品