特権ID管理とは

 特権ID管理とは、企業で運用するシステムにアクセスするためIDとパスワードといったユーザー情報を一括管理するためのシステムである、ID管理(アイデンティティー管理)の中でデータベースの管理などシステムの維持や管理、ユーザー権限の変更など特別な権限を持ったID(特権ID)を管理できるシステム。

 導入により、近年増加する不正アクセスによる事故を防止できる他、
・特権IDの申請・承認
・利用のデータの追跡による不正利用者の特定
・人員ごとの権限管理の詳細設定
といった機能により、製品管理の厳密化と履歴確認が可能になるため、外部だけではなく内部の人員による情報漏洩も防ぐことが可能。


特権ID管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
ID管理 企業が保有する機密性の高いアカウントを一元的に管理し、セキュリティを強化できる。また、アカウントを一覧化し、レポート出力することができる
パスワード定期変更 スケジュールを指定してパスワードを定期変更できる
申請管理 特権ID利用時の申請/承認作業をワークフローに則って行うことができる
ログ取得保管 アクセスログを記録し、不正なアクセスログなどを確認することができる
ユーザ管理 特権IDを利用する特権ユーザや、特権IDの申請者・承認者を一元管理できる


特権ID管理の基礎知識

 特権ID管理とは、企業で運用するシステムにアクセスするためIDとパスワードといったユーザー情報を一括管理するためのシステムである、ID管理(アイデンティティー管理)の中でデータベースの管理などシステムの維持や管理、ユーザー権限の変更など特別な権限を持ったID(特権ID)を管理できるシステム。

 導入により、近年増加する不正アクセスによる事故を防止できる他、
・特権IDの申請・承認
・利用のデータの追跡による不正利用者の特定
・人員ごとの権限管理の詳細設定
といった機能により、製品管理の厳密化と履歴確認が可能になるため、外部だけではなく内部の人員による情報漏洩も防ぐことが可能。


特権ID管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
ID管理 企業が保有する機密性の高いアカウントを一元的に管理し、セキュリティを強化できる。また、アカウントを一覧化し、レポート出力することができる
パスワード定期変更 スケジュールを指定してパスワードを定期変更できる
申請管理 特権ID利用時の申請/承認作業をワークフローに則って行うことができる
ログ取得保管 アクセスログを記録し、不正なアクセスログなどを確認することができる
ユーザ管理 特権IDを利用する特権ユーザや、特権IDの申請者・承認者を一元管理できる