ID管理とは

 ID管理(アイデンティティー管理)とは、企業で運用するシステムにアクセスするためIDとパスワードといったユーザー情報を一括管理するためのシステム。複数システムにおけるユーザー情報の管理ができ、新しい従業員が増えた場合には一括登録、退職者が発生した場合にはユーザー情報の削除など、IDのライフサイクル管理を実現できる。IDの有効期限やパスワード変更を定期的に促せるため、ID管理が統制でき、ユーザー情報が知らぬ間に外部に漏れ、システムへ不正アクセスされ情報が漏えいするといったリスクを下げることができる。

 また、データベースの管理などシステムの維持や管理、ユーザー権限の変更など特別な権限を持ったID(特権ID)を管理できる特権ID管理に対応した製品も存在する。


ID管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
ユーザー情報の一元管理 アカウント情報(従業員名や所属、ID・パスワード)を一元的に管理し、さまざまなシステムに連携できる
AD連携 構築済みのActive Directoryと連携できる
人事システム連携 アカウント情報を人事システムなどから取り込める
プロビジョニング ユーザーアカウントの作成/変更が行われると、ポリシー要件にもとづき、連携システムへその情報を展開する
ワークフロー アカウントの申請/承認の処理をワークフロー化して効率化できる
セルフサービス ユーザー自身がパスワードの設定/変更などを行え、アプリケーションへのアクセスをリクエストしたりできる
SSO ログイン情報を各種システムで共有し、ユーザーがID・パスワードの入力を一度行えば、各種システムにログインが利用できる状態になる


ID管理の基礎知識

 ID管理(アイデンティティー管理)とは、企業で運用するシステムにアクセスするためIDとパスワードといったユーザー情報を一括管理するためのシステム。複数システムにおけるユーザー情報の管理ができ、新しい従業員が増えた場合には一括登録、退職者が発生した場合にはユーザー情報の削除など、IDのライフサイクル管理を実現できる。IDの有効期限やパスワード変更を定期的に促せるため、ID管理が統制でき、ユーザー情報が知らぬ間に外部に漏れ、システムへ不正アクセスされ情報が漏えいするといったリスクを下げることができる。

 また、データベースの管理などシステムの維持や管理、ユーザー権限の変更など特別な権限を持ったID(特権ID)を管理できる特権ID管理に対応した製品も存在する。


ID管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
ユーザー情報の一元管理 アカウント情報(従業員名や所属、ID・パスワード)を一元的に管理し、さまざまなシステムに連携できる
AD連携 構築済みのActive Directoryと連携できる
人事システム連携 アカウント情報を人事システムなどから取り込める
プロビジョニング ユーザーアカウントの作成/変更が行われると、ポリシー要件にもとづき、連携システムへその情報を展開する
ワークフロー アカウントの申請/承認の処理をワークフロー化して効率化できる
セルフサービス ユーザー自身がパスワードの設定/変更などを行え、アプリケーションへのアクセスをリクエストしたりできる
SSO ログイン情報を各種システムで共有し、ユーザーがID・パスワードの入力を一度行えば、各種システムにログインが利用できる状態になる