user
  • 株式会社PUCCA
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 20人未満
社内のノウハウ共有ツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

散らばりがちな社内のノウハウなどをひとまとめにここに保管?しておくことが出来ますので、情報伝達に便利です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

当然なのですが、ノウハウを意図的に残そうと思っていないと、溜まっていくことはないです。自動でノウハウ蓄積されてくと嬉しいです。。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

困ったことがあったらとりあえずConfluenceを見れば一通り書いてあったりするので誰かにいちいち聞きに行ったりがなくなり時間の削減にはなりました。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 製造・生産技術
  • ユーザー(利用者)
  • 電気・電子機器
  • 300-1000人未満
Webベース企業向けwiki
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

これまでTWikiで構築して使用していたが、本社の意向でConfluenceを導入されたが、検索や更新状況の把握などTWikiよりも使いやすいと思う。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

入力の方法など使い方が少し難しいので、ITリテラシーが低いユーザーには使いにくいので、もっと使いやすくして欲しい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

コラボレーションツールとして社内のメンバーとの情報のやり取りが1か所で時系列でシェアできるため、情報共有がやりやすくなった。

その他の製品

user
  • 株式会社SUPER STUDIO
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 50-100人未満
情報共有ツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

今までいろいろな場所にまとめていた事項がConfluenceに一本化されたことで情報共有がとても便利になりました。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

英語表記なので使用方法に慣れるまで少しむずかしいです。
ただ、慣れるとどんどんカスタマイズできるので使いやすくなります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

情報が様々な場所に保管されていましたがConfluenceに統一することにより情報共有が便利になりました。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

社内業務の可視化に最適なツールです。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITコンサルタント
  • ユーザー(利用者)
  • 経営コンサルティング
  • 20-50人未満
社内wiki、議事録格納等なんでも使えるページ
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・ノンプログラミングで社内wiki的なページを作ることができる(数年前までは、どうしてもHTML等のプログラミングが必要だった)
・リアルタイムで更新でき、他人のカーソル等も分かるため、チームmtgで画面に投影しながら操作等もでき、つまりはファシリテーション、議事録記録にも適しています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・日々、コンフルエンスにはアップデートがあるから仕方ないのですが、要は日々使える便利な機能が増えています。ただし、その増えた機能は自身でwebで確認して追いつく必要があり、また非常に有用なツールを使うにはエンジニアメンバーの知識が必要だったりします。これが、よりノンプログラミングでできる範囲で増えたりすると、更に使い勝手が広がる気がします。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

・営業メンバー内での情報管理、議事録必須ルールがなかなか浸透せずに苦しんでいました。言い換えると、それらのルールを守れる人、守れない人にばらつきがありました。コンフルをエンジニアメンバーに勧められ、使い始めることで、情報管理や議事録保管有無を、全員に公開し易くなり、結果的に全員が当たり前のように登録するようになりました。(誰がやったやっていないかが公に見えるため)

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

・全員で同じルールやノウハウに則って学んでいく、個人個人がスキルやノウハウをもっている、といったどちらの組織にも、コンフルエンスは向いていると思います。要は、情報を全員に公開できるため、そのURLを公開するだけで確認できるため、非常にすばらしいツールだと思います。

佐竹 崇司
  • 楽天株式会社
  • 経営・経営企画職
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
社内用の情報共有Wikサービスi
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

昔はRedmineを使っていましたが、全社的にConfluenceに変更になり、プロジェクトや社内用の情報共有Wikiとして活用しております。
機能が多岐にわたり、JIRAのチケットと連携も取れるので、システム系の会社には非常に適応しやすいサービスだと思います

改善してほしいポイントは何でしょうか?

各社毎のドメインを使っている場合、サーバーの制約のせいかもしれませんが、更新等の処理が少し重いと感じます。よるシームレスかつ軽い更新ができるように改良できると使い勝手は向上すると思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

プロジェクト中で問合せ等をチケット管理して運用しているケースではJIRAと合わせて活用する事でプロジェクトマネジメントツールとしての側面を持つと思います。
とりわけシステム開発関連のプロジェクト担当する会社においては良い管理ツールではないでしょうか

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

Wikiなどドキュメントを管理、運用する事に慣れている方には非常にFitするツールかと思います。

user
  • 株式会社SUPER STUDIO
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • 広告・販促
  • 50-100人未満
社内Wikiとして活躍してます。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

散らかり放題になりがちな社内のノウハウをコンフルに纏めておけば、とりあえずコンフルを見れば解決します!

改善してほしいポイントは何でしょうか?

スペースをコピーするとき下にぶら下がってるページたちも一緒にコピーしたいのだがそれができないのがすごく不便です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

いろいろな場所に散らかっていた情報をConfluenceにまとめたことにより、今ではとりあえずConfluenceを見ようというのが癖づいています。新入社員が入ったときもまずはConfluenceを見るように言っています。

Yamasaki Kunito
  • 株式会社マイベスト
  • 会計・経理
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 50-100人未満
社内wikiや部署内の文書管理に使っています
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

Gsuiteと同期できるので、専用のアカウント管理は不要です。
細かい権限設定が簡単にできるので、文章管理に便利です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

使い勝手が難しいところがある。
ITリテラシーが相当高くないと使いこなせない。
レスポンジブサイズで表示すると崩れる。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

文章管理に重宝しています。
部署内のナレッジを貯めるのに使い勝手が良いと思います。
スプレッドシートではあちこちに点在してしまうのを一箇所でパンくずつけて保管できる点が良いです。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

検討にいれても良いと思います。

user
  • IP FORWARD株式会社
  • 法務・知財・渉外
  • ユーザー(利用者)
  • 会計、税務、法務、労務
  • 20-50人未満
プラットフォームとして優秀だが
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

グループウェアには、簡易的に社内向けの情報蓄積ウェブサイトを構築する機能があるが、このConfluenceはその機能を特化させたようなものといえる。ページの作成が簡易にかつ、自由度が高くおこなえる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

プラットフォームとして、ちょっとお高めかなと思う以外、近年までのアップデートにより特段の不満はありません。一方で、利用する側の問題として、こういう情報蓄積をおこなって、手続きを整理していったり、もっと抽象的に言うと誰かと書類を一緒に作成していくような文化がないと、せっかくのプラットフォームに情報がたまりません。結局、特定の人が更新をすることになって、その人すら異動してしまうと、もう期限切れ情報となってしまって…。こういう最もソフトな人間側にアプローチするノウハウも提供していただけると、最高です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内の手続きや、過去の事案からの情報を蓄積、果ては議事録の作成公開までConfluenceで行うようになりました。ドキュメントを誰かが囲い込んでしまって、何をしているかわからない状況が減り、みんなで仕事を回せていることに気が付ける。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

Confluenceに記載する文化の構築が最も重用で、大変です。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • 精密機械
  • 1000人以上
社内の情報共有ツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

階層構造を持った情報管理をベースとして、プロジェクトでたまった知見やマニュアルなどの情報の置き場所として、利用すると便利ではある。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

結局のところ、多くのユーザーがこのツールを基本として利用しないと効果を発揮しづらいので、ユーザービリティをもっと上げないと真価は発揮しづらい

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

少なくとも、情報を一元的に管理をできるようにはなり、管理しているものについては、知っている人は探すことができる

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

とくにない

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 組み込みソフトウェア開発(設計/プログラミング)
  • ユーザー(利用者)
  • その他
  • 20人未満
JIRAと連携できるのが最大の利点
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

情報まとめという目的であれば、他にも数多くのツールがあるが、JIRAと簡単に連携できるのはConfluenceのみ。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Conflueceを機能拡張ができるいろいろなガジェットがありますが、デフォルトでもっと多くのガジェットを用意しておいてほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

情報まとめだけではなく、JIRAのタスク管理もConfluenceで管理することで、チームの情報を一元管理でき、仕事の効率が向上した。

user
  • 楽天
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
社内の情報掲示板として各プロダクトをまとめるのに使える
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

Confluence内に社内の各サービスの情報共有の場を設けることで、みんなでアクセス、共有編集が可能でほしい情報を手に入れるのがスムーズになった。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

慣れれば問題ないかもしれませんが、正直見づらいです。
機能が十分なのでしょうがないところはあるかもしれませんが、階層がわかりづらく、自分が見たいページにたどり着けないことがありました。慣れれば大丈夫です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

どこに問い合わせたらいいかという課題に対して、Confluence上で問い合わせ出来るため、
社内の関係部署との連携がスムーズになった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • ユーザー(利用者)
  • 衣服・繊維
  • 1000人以上
情報の蓄積スペースとして重宝
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

親ページに対して子ページを作るといった、情報の階層構造を持たせられるので、そのままナレッジやマニュアルなどの情報の置き場所として機能してくれる。
ページ内での表現もHTMLが編集できれば自由度が高く、追加機能を実装できる多数のマクロも用意されているため、拡張性も高い。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

学習コストが高いことが導入の障壁になるので、その点は改善してほしい。
知識があれば実現できることは非常に多いのだが、そこにたどり着くまでに必要なドキュメントがもう少し充実していると助かります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ナレッジやマニュアルなどのドキュメントに対して、
「クオリティ・書式がバラバラになる」
「作成したドキュメントの置き場所が分からず意味をなさない」
といった課題が長年放置され続けていたが、このツール導入により大幅に解決された。

Tanaka Daichi
  • アイリス株式会社
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 20-50人未満
社内イントラだが、ユーザビリティは最悪
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

社内イントラ、Wikiツール。Version管理や編集者に記録が残るのは良い。
ただ、とにかくユーザビリティが悪く、間違った上書きや同時ログインなどが日常茶飯事、導入者以外はみんな不満を持っていた。
esaが登場してからはほとんど使う意味がなくなった。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

誰かが編集中だと、編集終了までずっと待たなければならないので、ユーザビリティがとにかく悪いこと。また、一度コンフルエンスを使い始めてしまうと、他のサービスへの移行コストが高いこと。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

バージョン管理が必要な要件定義資料や、社内イントラなどを作成できるのはありがたい。ただ、代替ツールは多数出てきているので、わざわざこれに固執する理由はないように思える。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITコンサルタント
  • 導入決定者
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
社内WIKI
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

社内での情報共有を行い、個人で持っている情報を全社で共有できます。
社内でのナレッジを貯める基盤に最適です。
クラウドと社内オンプレを選べるのもメリットです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

UIも綺麗にまとまっており、使い易いソフトウェアだとは思いますが、マークダウンでの記載ができないのが一番の難点だと思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内の情報を書き込む先として、社内の仮想環境に立てる事で費用的にも安価で、費用対効果のあるナレッジサイトを作成する事ができました。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
ドキュメントのバージョン管理が容易
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

議事録やドキュメントを残すことができるだけでなく、メンションを使用し、容易に特定のユーザに共有ができる。マクロ機能も充実しており、目次やページツリーを簡単に表示するなど、操作に慣れれば使いやすい。また、検索機能は、ページに記載された文言だけでなく、Excel等の添付ファイルも含め検索可能なため、大変便利である。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Excelのような吹き出しや、フローチャート等の図を挿入することはできない。今は、図を書く必要があるドキュメントに関しては、Excelに記載し、そのファイル自体をページに添付し管理しているが、図をページ上に直接描けるようになれば、更に便利であると感じる。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

設計書等のドキュメントのバージョン管理をConfluenceで行っており、各バージョンに対し、修正点などフリーでコメントが記載できるため管理しやすい。また、過去のバージョンを容易に確認でき、かつ、過去のバージョンに戻すことも可能である。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • 人材
  • 1000人以上
社内イントラ作成に便利
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

今までイントラと呼べるものが機能的に不十分だったが、confluenceを導入してから各部署が一定のルールのもと独自にイントラを作れるようになり、社内情報の共有が加速された。イントラを各自が作れるほどのUIUXが優れているのだと感じている。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

とはいえ作成者からするとまだまだはじめての利用は難しいらしい。作成者向けのマニュアルやヘルプ機能を拡充させるべきだと感じている。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内情報の共有が圧倒的に加速された。各部署がイントラを作りやすくなったことで、新規情報もすぐにアップされるようになり、業務が効率的に進むようになったと感じている。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • 不明
  • 20-50人未満
社内の議事録やマニュアル保管ツールとして利用
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

マニュアルを画像、ファイルなどのデータも含め、作成が可能。目次を追加したり、日付つきのタスクを人に紐づけて設定するなど、ミーティング議事録などとしても利用することができる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

キーワード検索で検索する際、タイトル、本文関係なく全てに含まれる結果が出てくるため、OR検索などもあるがUIがわかりづらく、全体的にもう少しユーザフレンドリーなUIであるとなお良い

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

定期的なミーティングの議事録を管理している。ミーティング内で出たタスクは、該当者に紐づけて期限を紐づけて保存することで、タスク漏れ等も管理できている