非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • デザイン・クリエイティブ職
  • IT管理者
  • 経営コンサルティング
  • 20人未満
  • 契約タイプ 無償利用

これまでSaaSを管理するという概念がありませんでした

良いポイント

このサービスを使うことで、部署ごとや個人ごとの管理だったSaaSを一括して管理できるようになります。弊社でもこれまではスプレッドシート等に情報をまとめていましたが、どのサービスに誰がアカウントを持っているかという管理が非常に煩雑で抜け漏れが多かったのですが、多くのSaaSでそれが解決しました。

改善してほしいポイント

SaaSによっては、組織用プランと個人用プランが存在するものがあります。例えば、AdobeのCreative Cloudは、個人プランと法人プランが存在し、使い勝手の良さから弊社では法人プランを複数契約しています。しかし、IT管理クラウドからは法人プランのみしか登録ができず、SaaSによってはこれまで通りのスプレッドシート管理を続ける必要があります。これが改善されれば更に便利になると感じます。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

解決できた課題・具体的な効果
・これまでスプレッドシートで行なっていた非効率な管理を効率化できた
・具体的には、どのSaaSを使っているか、使っているSaaSにどのユーザーがアカウントをもっているかが一括して把握できるようになった
・その結果、有料アカウントだけでなく、社外で連携するアカウントなども把握することができ、適切なアカウント管理が可能になった
課題に貢献した機能・ポイント
・SaaS毎に管理に用いるアカウントの情報を入れるだけで、組織に紐づくすべてのアカウントを取得する機能
・アカウント(メールアドレス)毎に、どのSaaSを利用しているかを表示する機能

検討者へお勧めするポイント

どのSaaSを契約しているかや、誰がどのメールアドレスで登録しているかなど、エクセルやスプレッドシートで管理して把握に苦労された方に是非オススメします。SaaS毎に管理者アカウントを登録するだけで、紐付いているすべてのアカウントが一括して把握できるようになります。

もっと見る