更新日:2022 年 05 月 16 日
50IDまでの企業
0円 / ID
2022年10月まで無料です。51ID以上に増えた場合、課金が発生しますのでご注意ください。
51ID以上の企業
300円 / ID
クレジットカード不要で14日のトライアルをお試しいただけます。
300ID以上の企業
300円 / ID
ボリュームディスカウント有り
  • 詳細な金額はお問い合わせください

価格情報を他製品と比較する

読み込んでいます

価格や費用について投稿されたレビュー

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 経営コンサルティング
これまでSaaSを管理するという概念がありませんでした
良いポイント

このサービスを使うことで、部署ごとや個人ごとの管理だったSaaSを一括して管理できるようになります。弊社でもこれまではスプレッドシート等に情報をまとめていましたが、どのサービスに誰がアカウントを持っているかという管理が非常に煩雑で抜け漏れが多かったのですが、多くのSaaSでそれが解決しました。

改善してほしいポイント

SaaSによっては、組織用プランと個人用プランが存在するものがあります。例えば、AdobeのCreative Cloudは、個人プランと法人プランが存在し、使い勝手の良さから弊社では法人プランを複数契約しています。しかし、IT管理クラウドからは法人プランのみしか登録ができず、SaaSによってはこれまで通りのスプレッドシート管理を続ける必要があります。これが改善されれば更に便利になると感じます。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

解決できた課題・具体的な効果
・これまでスプレッドシートで行なっていた非効率な管理を効率化できた
・具体的には、どのSaaSを使っているか、使っているSaaSにどのユーザーがアカウントをもっているかが一括して把握できるようになった
・その結果、有料アカウントだけでなく、社外で連携するアカウントなども把握することができ、適切なアカウント管理が可能になった
課題に貢献した機能・ポイント
・SaaS毎に管理に用いるアカウントの情報を入れるだけで、組織に紐づくすべてのアカウントを取得する機能
・アカウント(メールアドレス)毎に、どのSaaSを利用しているかを表示する機能

検討者へお勧めするポイント

どのSaaSを契約しているかや、誰がどのメールアドレスで登録しているかなど、エクセルやスプレッドシートで管理して把握に苦労された方に是非オススメします。SaaS毎に管理者アカウントを登録するだけで、紐付いているすべてのアカウントが一括して把握できるようになります。

もっと見る
非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 情報通信・インターネット
スプレッドシートしか管理方法が無いと思っていたので便利!
良いポイント

多くのSaaSが連携対応済みで、どの部署が何を利用していて、何アカウントあるのか管理がクラウドシステム上でできる。スプレッドシートの様に手作業での管理から脱却できます。50IDまでは無償で利用できるので、一旦使い勝手を試せるのも良い。

改善してほしいポイント

費用発生の仕方がSaaSサービスによって異なるので費用関係も一式管理できるようになると年間の経費が意識しやすくて助かります。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

社内でのSaaS利用は社の方針としても積極利用ですのでどんどんと増えていき、部署によって利用しているツールも違いまたアカウントについても同様なのでIT管理者としてはスプレッドシートに報告が上がったものを記載していくしかなかったので、抜けや漏れが多く管理になっていないと感じていました。大体社内にこれくらい利用しているSaaSサービスがあり、概ねこれくらい経費使ってるけれど費用対効果本当にあってますかの問いかけができる様になりました。

もっと見る
非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 広告・販促
IT管理は見えないコストで以外に大変が楽になる
良いポイント

50IDは無料で利用できるので、一旦管理を試してみることができました。実際使ってみなければ管理系は特にその良さや不具合が自社のフローに合うか検討をしなければいけないので助かりました。初見でも十分直感的に触れるUIです。
スプレッドシートの管理はその煩雑さから抜け漏れを放置しがちなので簡単になって防げると思います。

改善してほしいポイント

SaaSの費用を年間稟議を上げないといけないのですが、このシステム上で料金、契約時期なども一元管理できるとより管理者の手間が削減できる

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

テレワークも進み各部署でSaaSサービスを積極的に採用が進んでいます。その分クラウドサインってどのアカウントでいつ申し込んだか分からなくなったり、様々な部署で新しいSaaS利用が始まると横の連携が計れず確認や管理に時間が掛かってました。システム導入後は各部署にもシステムを理解していただき入力を助けてもらいながら全体を管理できるようになり管理工数は大幅に削減できましたし、不要アカウントの発生などの検知も早くなりました。

もっと見る