非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • システム分析・設計
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
全てコミコミのグループウェア
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

社内でのコミュニケーションに必要な機能は一通り揃っており、ITリテラシーの有無に関係なく万人が扱いやすいインタフェースとなっている。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

「メッセージ」アプリでの検索性能が悪い。
特定文字列による全文検索ができるのは良いが、差出人を絞ったり、検索結果のソートができなかったりするので、使いづらい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

企業内の情報共有で使用しており、スケジュールや電話メモなど活用することで業務が効率的になった。
また、勤務時間を記録することのできるタイムカード機能があり、地味に便利だと思う。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 開発
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
日本的で使いやすい
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

基本的な機能は揃っていて、これを導入しておけばまず問題なしと思える。いい意味で日本的なグループウェア。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

API を洗練してほしい。基本機能が十分なので、他のシステムとの連携でもっと便利に活用できると感じた。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内の情報やスケジュールを共有するのに大変便利。ワークフローとしても活用できるので、比較的に小規模な組織ではおすすめ。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
オールインワンのグループウェア
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

中小規模の企業内でのコミュニケーションに必要な機能が一通り用意されています。メッセージ、ワークフロー、ファイル管理、電話メモなどいずれも日本人が使いやすいインタフェースで利用することができ、特別な説明がなくとも直感的に操作ができるためユーザーが非常に使いやすいツールです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

API が一部用意されてはいますが、他のシステムとの連携があまり強くないと思います。サイボウズ社が API 拡充を表明されているので今後の発展に期待します。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内の情報共有基盤として考えると非常に便利なツールです。これまで紙で回していた業務をデジタル化するためにもとても有効に活用できます。

関口 貴光
  • 株式会社ストリーム
  • デザイン・クリエイティブ職
  • ユーザー(利用者)
  • 通信販売
  • 50-100人未満
情報共有のしやすさは◯
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

スケジュールの共有や調整の他、社内メールでの継続したやり取りなどもしやすいグループウェアだと思います。
ITリテラシーが高くないひとでもある程度利用できているので使いやすいと言えるのではないでしょうか。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

社内メール内の検索機能が貧弱です。
指定キーワードで検索したとしても並び替えもできませんし、日時順で結果が並ぶなどもありません。
発信者の絞り込みなどもできないためあまり使い物にはならない印象です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内を横断した情報共有などは有効だと思います。
また、承認フローを設定するなどすればペーパーレスでの承認も行えたりと便利に使うことが可能です。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

情報共有・スケジュール共有等、グループウェアで満たしたい基本的な要求については平均以上に充実していると思います。
ただ、一歩踏み込んだ使い方をしたい、カスタマイズを個人で行いたい などになると利用者目線では多少の使いづらさを感じると思います。

志村 淳
  • 専門学校デジタルアーツ仙台
  • その他専門職
  • IT管理者
  • 専門学校
  • 100-300人未満
あらかじめ用意されているもので使いたいものがあれば良し
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

グループウエアでは老舗で、日本特有のビジネス習慣であるものや出退管理、稟議などのフローを実装しやすく用意してある。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

チャット的なものが散在していて、どれを使ったら良いかを決めて運用しないと、よく判らなくなる。一覧性が低い。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

クラウドでスケジュール管理などをするのに便利。こうしたツールに疎い人でもそれ用の画面をポータルで用意しておけば、何とかなる。