3DCAD(機械設計)とは

 3Dのモデルをベースに設計図面の作成や変更、修正を行えるCAD。2DCADとは異なり、平面図などを作成せずに、はじめから3Dで立体モデルとして設計を始められる。工業部品や電子機器、家電などの機械設計や自動車設計、航空機などの設計に用いられることが多い。3DCADの中には自動車や航空機などの部品数が大量なプロダクトを設計するためのハイエンドCADや、機械や家電製品などを設計するためのミッドレンジCAD、比較的安価に利用できるが、利用できる機能などには制限のあるローエンドCADなどがある。


3DCAD(機械設計)の機能一覧


基本機能

機能 解説
パラメトリックパーツモデリング パラメトリックモデリングの手法によって、特定の部品の寸法値を変更した際に、関係するほかの部品の寸法や形状が自動的に変更される
アセンブリモデリング 複数のパーツを配置したアセンブリを作成し、さらにそうしたアセンブリを複数組み合わせることで1つの完成品として設計できる
スケッチ フィーチャーベースのモデリングの基本要素となる2D形状(断面図)の作図を行える
コラボレーション 製品設計をほかのメンバーと共有し、全体的な設計を改善するための検討/提案などを行いながら編集を実施できる
板金モデリング 板金ベースの切断や曲げ加工、穴あけといった操作を用いつつ、最終的な設計を仕上げていくことができる


3DCAD(機械設計)の基礎知識

 3Dのモデルをベースに設計図面の作成や変更、修正を行えるCAD。2DCADとは異なり、平面図などを作成せずに、はじめから3Dで立体モデルとして設計を始められる。工業部品や電子機器、家電などの機械設計や自動車設計、航空機などの設計に用いられることが多い。3DCADの中には自動車や航空機などの部品数が大量なプロダクトを設計するためのハイエンドCADや、機械や家電製品などを設計するためのミッドレンジCAD、比較的安価に利用できるが、利用できる機能などには制限のあるローエンドCADなどがある。


3DCAD(機械設計)の機能一覧


基本機能

機能 解説
パラメトリックパーツモデリング パラメトリックモデリングの手法によって、特定の部品の寸法値を変更した際に、関係するほかの部品の寸法や形状が自動的に変更される
アセンブリモデリング 複数のパーツを配置したアセンブリを作成し、さらにそうしたアセンブリを複数組み合わせることで1つの完成品として設計できる
スケッチ フィーチャーベースのモデリングの基本要素となる2D形状(断面図)の作図を行える
コラボレーション 製品設計をほかのメンバーと共有し、全体的な設計を改善するための検討/提案などを行いながら編集を実施できる
板金モデリング 板金ベースの切断や曲げ加工、穴あけといった操作を用いつつ、最終的な設計を仕上げていくことができる