CI・CD(継続的インテグレーション・デリバリー)とは

 CI(Continuous Integration)、CD(Continuous Delivery)とは、双方ともDevOps ソフトウェア開発の手法の1つで、それぞれ継続的インテグレーション、継続的デリバリーという。CI(継続的インテグレーション)とは、開発者がコード変更を定期的にリポジトリにマージし、ビルド・テストを自動的に行うものだ。バグの早期発見、ソフトウェアの品質向上、更新を検証しリリースにかかる時間を短縮することを目的している。
また、CD(継続的デリバリー)とは、CIを拡張したもので、変更されたコードが自動的にテスト環境にデプロイされる。


CI・CD(継続的インテグレーション・デリバリー)の機能一覧


基本機能

機能 解説
オーケストレーション ワークフローを作成してジョブをスケジュールし、開発プロセスの各局面を自動化できる
テストの自動化 コードがリリースされ統合されると自動的にテストが実行され、問題の素早い特定ができる
デバッグ コードが完全に正しく構築されているか、コード内のエラーを確認できる
クラウドネイティブ展開 サードパーティーのクラウドインフラを使用している場合、セキュリティで保護されたクラウドサービスコネクターを通じて展開を簡素化し、ワークフローを構築できる
アクセス制御 重要なデータへのユーザーアクセス権限を設定できる
CIサーバ テストや展開のためにコードをビルドサーバへ渡す
ビルドオートメーション ビルドを自動化し、開発/展開の時間を短縮する
フィードバック管理 開発者が質問したり、変更の影響を評価したり、ユーザーからの直接のコメントを受け取れる


CI・CD(継続的インテグレーション・デリバリー)の基礎知識

 CI(Continuous Integration)、CD(Continuous Delivery)とは、双方ともDevOps ソフトウェア開発の手法の1つで、それぞれ継続的インテグレーション、継続的デリバリーという。CI(継続的インテグレーション)とは、開発者がコード変更を定期的にリポジトリにマージし、ビルド・テストを自動的に行うものだ。バグの早期発見、ソフトウェアの品質向上、更新を検証しリリースにかかる時間を短縮することを目的している。
また、CD(継続的デリバリー)とは、CIを拡張したもので、変更されたコードが自動的にテスト環境にデプロイされる。


CI・CD(継続的インテグレーション・デリバリー)の機能一覧


基本機能

機能 解説
オーケストレーション ワークフローを作成してジョブをスケジュールし、開発プロセスの各局面を自動化できる
テストの自動化 コードがリリースされ統合されると自動的にテストが実行され、問題の素早い特定ができる
デバッグ コードが完全に正しく構築されているか、コード内のエラーを確認できる
クラウドネイティブ展開 サードパーティーのクラウドインフラを使用している場合、セキュリティで保護されたクラウドサービスコネクターを通じて展開を簡素化し、ワークフローを構築できる
アクセス制御 重要なデータへのユーザーアクセス権限を設定できる
CIサーバ テストや展開のためにコードをビルドサーバへ渡す
ビルドオートメーション ビルドを自動化し、開発/展開の時間を短縮する
フィードバック管理 開発者が質問したり、変更の影響を評価したり、ユーザーからの直接のコメントを受け取れる