受発注システム(BtoB EC)とは

 受発注システム(B2B EC)とは、企業同士の商取引に伴う受注・発注を電子的に実行し、管理するためのツールだ。EOS(Electronic Ordering System)と呼ばれる電子発注システムは、かつては個別のシステムを用いていたため、主に大規模な小売り流通のみで導入されていたが、現在ではECサイトのように構築できるWebベースのサービスなどの登場によって広く利用されている。

 受発注処理はもちろんのこと、販売管理、顧客管理、在庫管理、請求管理なども含めて、受注・発注に関わる業務を一元的に管理でき、処理に伴う人手や時間の効率化、ペーパーレス化に寄与する。


受発注システム(BtoB EC)の機能一覧


機能 解説
受発注処理 顧客企業の担当者がWeb画面上などで商品の在庫数や納期、その他の情報を確認しながら、見積もり依頼や発注などの作業を行えるようにする。
顧客管理 顧客企業の基本情報を管理するとともに、顧客ごとに決済方法や表示商品、価格(掛率)などを個別に設定でき、取引履歴なども確認できる。
商品/在庫管理 データベースへ品名や品番などの商品情報を登録して管理し、カテゴリー分類、価格設定、在庫などの管理も行える。
マイページ 顧客企業ごとにマイページを提供し、発注履歴や納期状況、お知らせなどを通知できる。


受発注システム(BtoB EC)の基礎知識

 受発注システム(B2B EC)とは、企業同士の商取引に伴う受注・発注を電子的に実行し、管理するためのツールだ。EOS(Electronic Ordering System)と呼ばれる電子発注システムは、かつては個別のシステムを用いていたため、主に大規模な小売り流通のみで導入されていたが、現在ではECサイトのように構築できるWebベースのサービスなどの登場によって広く利用されている。

 受発注処理はもちろんのこと、販売管理、顧客管理、在庫管理、請求管理なども含めて、受注・発注に関わる業務を一元的に管理でき、処理に伴う人手や時間の効率化、ペーパーレス化に寄与する。


受発注システム(BtoB EC)の機能一覧


機能 解説
受発注処理 顧客企業の担当者がWeb画面上などで商品の在庫数や納期、その他の情報を確認しながら、見積もり依頼や発注などの作業を行えるようにする。
顧客管理 顧客企業の基本情報を管理するとともに、顧客ごとに決済方法や表示商品、価格(掛率)などを個別に設定でき、取引履歴なども確認できる。
商品/在庫管理 データベースへ品名や品番などの商品情報を登録して管理し、カテゴリー分類、価格設定、在庫などの管理も行える。
マイページ 顧客企業ごとにマイページを提供し、発注履歴や納期状況、お知らせなどを通知できる。