非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(CIO・マネージャ)
  • 導入決定者
  • 自動車・輸送機器
  • 1000人以上
Simplivityに仮想基盤構築
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

昨年、念願のHCI、Simplivityを購入し、vSphereで仮想環境を構築した。本社、工場にそれぞれ同じマシンを置き、相互バックアップを取っている。ハード設置後3か月経過時点で、複数の物理サーバに分散していた20台以上のサーバを集約して稼働させているが、ハイスペックなマシンとVMの相性は抜群で、管理工数も大幅に削減されている。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

価格がもう少し安ければいいとは思うものの、機能面で改善してほしい点は何か、と言われれば、今のところみあたらない。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

複数の物理サーバを集約することで、購入・維持コスト、管理工数が大幅に削減できた。SimplivityとvSphereは最強の組み合わせといえる。

user
  • ビット・クルー株式会社
  • 経営・経営企画職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
スタンダードな仮想化ソリューション
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化を実施する場合にまず選定に入りやすいソリューションです。それは仮想化での実績があり、バージョンが進み熟れてきている為です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

UIの表示が時折遅れることがあります。例えばメンテナンスモードになっていても、GUI上はメンテナンスモードのアイコンになっていないなどが無くなる良いなと思いました。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

仮想化することで物理マシンの台数が減り、マシンを購入するコストダウンと電力カットを実施する事ができました。

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他専門職
  • 導入決定者
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
仮想基盤ならばやっぱり鉄板なVMwareで絶対安心。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

かれこれ、VMwareさんが日本に来てから20年以上使っています。
最初はWindows上でのLinuxのテストでしたが、今は、200社以上のお客様へサービスを提供する基盤として利用させてもらっています。
新しいことは確かに増えていきますが、ベースとなるスキルセットそんなに変わらないで利用できるところが一番です。58歳になりますが、バリバリ仮想オヤジです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

比較的安定しているので、改善してほしいポイントもあまりありませんが、今まで、Hyper-Vなどには周回遅れ以上の圧倒的な『差』をつけていたのが、段々と差を縮められている感があります。頑張ってほしいものです、新興勢力であるNUTANIXとの差も段々と縮まっている感があります。
が、やはり、ビジネスで基幹系でSDNまで実装となると、やはり鉄板です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

今はSDNとの組み合わせが最高です。200社以上のテナントを収容していますが、そのほとんどのは既存のVPNルータとIPSEC対抗をとって接続してます。物理ルータを設置とかなってしまえば、ラックはあっという間に満杯でビジネスモデルとして成立しません。SDNであれば物理ルータ(もしくはファイアーウォールは1台もしくは冗長化しても2台)を最小限に抑えてくれることと、すべてソフトウェアの設定だけでできることが強みです。仮想化はSDNが必須です。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

ビジネス利用であれば、導入時に『上』を説得するのは必須になりますよね、VMwareであれば事例は山ほどあります(かつ、公開してくれるユーザー様が多いこと...)し、データセンター事業者でも、NiftyなどはVMwareを使っているのは周知の事実ですし、説得材料にことかかないです。
実はこのことは安定稼働そのものを表してくれています。

user
  • ENA Co.,Ltd.
  • 経営・経営企画職
  • ユーザー(利用者)
  • 機械器具
  • 20人未満
モバイルマシンに複数の環境を搭載して出張・外出できる
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

好きなマシン、好きな環境(OSのバージョン違いまで)をいくつでも、ファイルの形でいくつでも準備しておき、それぞれの環境での動作の違いや、互換性の検証ができること。ずいぶん長くお世話になっていますが、最近ではMacの上にWindowsどころか、Windowsの上にMac!なんていう、ビル・ゲイツもスティーブ・ジョブズも腰を抜かす様な組み合わせまで可能になってます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

改善ポイントは多くはないが、とにかく「互換性、同一性の維持」の一言。もちろん全て、とは言えないが、動かしている途中で互換性のネックで動かなくなったりすると本当に悲しい。これからも迅速で確実なアップデートをお願いします。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

開発中のシステムをVMWARE上の仮想マシンにインストールして、クライアントの会社に赴き、開発内容、進捗状況を報告するとともに、課題や設計変更についてその場で実際にディスカッションできました。デスクトップマシンを車に積んで遠路いかなければならないところ、VMWAREのおかげで、いつも使っているノートPCに必要な環境をセットアップするだけで、身軽な出張が可能になりました。打合せのたびにデスクトップマシンとディスプレイ、キーぽーど、マウスまでを車に積んででかけたことを思えば天国です。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

開発したシステムの、ターゲットOSの異なったバージョンにおける互換性の検証、評価をする方、それから、開発中のシステムを外部のクライアントと相談のために持っていく必要の有る方には最高におすすめです。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プロジェクトマネージャ
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
スナップショット環境が便利
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化環境としてシェアも高くネット上に参考資料がたくさんあるため導入前の情報収集が十分に行える。また、スナップショット環境を活用することでテスト時の効率化が図れる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

機能は豊富ですがマニュアルがあまり親切でなく分かりづらい。設定事例や使い方別にシナリオがあるようなドキュメントが整備されるとさらに使いやすくなると思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

開発環境、テスト環境を1台のサーバで複数の稼働環境で利用できた。スナップショット環境を使用することで初期環境から派生させた環境の再現が簡単でテストに役立ちました。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

仮想化環境では安定感も高く安心して使用できます。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • ユーザー(利用者)
  • 大学
  • 100-300人未満
サーバ仮想化の定番ソリューション
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

サーバ仮想化ソフトウェアとして必要十分な機能を備えている。vSphereクライアントにて一元的に仮想サーバ群の管理が可能。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

仮想サーバとしての機能には全く不満はないが、ライセンス形態が複雑・かつ高額である点が唯一のウィークポイント。コスト面はクラウドサーバとの比較時に苦労する点。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

当然ながら物理サーバの台数を減らすことができた。またレガシーOSの避難先としても利用しており、(望ましくはないが)システム延命にも役立っている。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 株式会社イーツ
  • ITアーキテクト
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 100-300人未満
柔軟性・可用性など仮想化に必須
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想サーバを管理する上で必ずといっていいほど必要なツールです。
Webインターフェスでの利用も可能で、仮想マシンを操作および管理すること可能となる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

かなり洗練されており、それほどトラブルもありません。
しいて言えば、少し違和感がある日本語訳がたまにあったりする点です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバの集約および管理工数の削減が、実現できました。
また、災害対策システムの構築にも寄与しています。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

仮想サーバを利用する場合には、これしかありません。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • デザイン・クリエイティブ職
  • ユーザー(利用者)
  • デザイン・製作
  • 20-50人未満
仮装サーバーはスペースを問わない
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

なんと言ってもサーバーの台数を減らすことができる点。こじんまりとしたオフィスを借りている企業にとって、設置スペースを減らしつつ、サーバーを効率的に使用することができる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Linux知識がないとなかなか馴染めないと思う。Windowsに慣れている人が近づきやすい(使いやすい)環境を構築できるよう少し工夫してほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

従来、サーバー間のファイル転送が不便だったが、本システムを利用することでファイルのコピーとメモリ管理がしやすくなった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
  • 販売関係者
物理サーバではできない柔軟な運用を実現する。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

安定した稼動。仮想化によるオーバーヘッドをほぼ感じず、様々な柔軟な運用が可能です。一度入れると無くてはならないツールになります。ネットワーク仮想化など、仮想化技術のリーディングカンパニーだと思っています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

自社運用の課題になるが、どのソフトウェアには必要ではるが、運用していく上で、バージョンアップについては、基盤レベルのソフトウェアは更新も影響が大きく、気をつかう点。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

当初、サーバが増えすぎ、物理的な環境などに制約が出た際に、VMWareを導入することで、サーバ台数が半減して、様々なコストが低減できた。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

まずはトライアルとして、導入してパフォーマンスなどのチェックをされると良いと思います。

user
  • 京都ノートルダム女子大学
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • 導入決定者
  • 大学
  • 100-300人未満
サーバの管理も操作も楽になりました
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

複数のオンプレミスサーバを集約し、包括的な管理ができます。リソース不足やアクセス過多に陥った場合などもリソースの再分配により臨機応変な対応が可能となります。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Clientのログインに時間がかかりますが、問題がどこにあるのか分かりません。当方がそれほど大規模ではないためか、機能的な不満を感じることはありません。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

導入するハードウェア数が大幅に削減できました。リソースの再配置により問題解決が容易になりました。計画停電等で管理下にあるサーバ全てを停止、起動させる際の手間も大幅に削減できました。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(その他)
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
  • 販売関係者
サーバ仮想化でデータセンターのスペース削減
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

専用GUIで複数のサーバを一元管理でき、操作も直感的でわかりやすく、サーバを仮想化することで様々な効率化が可能。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

物理サーバに不具合が出た際、仮想環境を正常に稼働しているサーバへコピーして使おうとするとMACアドレスが変更され、Linux OSはIPアドレスがリセットされてしまった。意識しなくてもMACアドレスを固定で移行してほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

仮想化することにより、一元管理が可能になると同時にデータセンターのスペースを開けることができたため、コスト削減につながった。

user
  • 株式会社日本経済廣告社
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • IT管理者
  • 広告・販促
  • 300-1000人未満
普及率・安定性・信頼性が高い仮想化ソフト
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

物理サーバの数を減らすことができるので、運用コストの削減、省スペース化につながります。
負荷の少ないサーバを有効に活用でき、助かっています。
また、仮想サーバへの接続もスムーズに行えています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

システムを集約することによる、サーバ障害時の影響は大きくなります。
また、最初に検証して構築すれば良いのですが、データが増えた時の、運用負荷が大きくなります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

仮想化が話題になる前からある、実績のある仮想化ソフトです。
普及率が高く、安定性・信頼性も高いことは大きなメリットだと思います。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 50-100人未満
  • 販売関係者
仮想化の定番
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化において、非常に有名ですし、実績も多数あるソフトウェア。
情報が世にたくさん出回っているので、ある程度スキルのある人であればすぐに使いこなせる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

動作が重たく感じる。
接続までに時間がかかることもあり、その場合はやりなおすとうまくいったりもします。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

以前は他の仮想化を使っていましたが、こちらの製品のほうがサーバーとしては安定稼動しており、近年はこちらしか使っていません。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • 情報通信・インターネット
  • 100-300人未満
  • 販売関係者
vSphereプラットフォームでB2Bサイト安定稼働
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ESXおよび仮想マシンともに、OSパニックやクラッシュが発生したことがなく、安定的にサービス提供することができています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

EOS対応でバージョンアップするにも、手順が複雑で失敗が許されないサービスを稼働させているため、別基盤を用意しての移行を検討せざるを得ない。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

オンプレで立ち上げたことで、月額課金に悩まされることがなく、基幹システムとの受注データもスムーズに連携。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

バージョンアップ対応をしていくのであれば、冗長化が必須

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ビジネスパートナー
  • ソフトウェア・SI
  • 50-100人未満
  • 販売関係者
安定感抜群
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

複数ユーザーに導入していますがトラブルらしいトラブルは無く安定している。仮想化での安心感は1番で他を検討する余地はほぼない。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

中規模ではやや価格感が合わない場合もあるので小規模向けのパッケージを充実させて頂ければより売りやすくなる。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ハードウェアの集約はもちろん、サーバ無停止運用に大きく貢献しており、運用管理についてもかなりの簡素化に繋がりました。

user
  • AWPジャパン株式会社
  • 社内情報システム(その他)
  • ユーザー(利用者)
  • 保険
  • 不明
メジャー仮想環境
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想サーバの管理がHyper-Vに比べていろいろやりやすく、カスタマイズしやすい。また、インターフェースも視覚的にわかりやすい。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

Vcenterのアップグレードの時など、アプリケーションおよびDBの知識がない、トラブルシューティングがすぐに出来ない可能性がある。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

Horizon Viewの基盤構築で、仮想デスクトップおよびVDIに関連するサーバの構築をすることで海外のユーザが日本のマシンに接続して仕事ができるようになる。それにより人件費の削減につながった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
オンプレ仮想化の有力候補
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想ソフトウェアとして必要な機能は揃っており、実績や公開されているナレッジも豊富なため、エンタープライズでの使用に不安はありません。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

クラウド環境と併用していると実態として分断されてしまう点が改善ポイントと思います。
シームレスな仮想マシンの移動が可能となると自由度が上がるでしょう。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

オンプレミスの物理サーバと比べるとコスト低減およびアジリティ向上が実現できました。暫定的な用途に応えられる点は大きな利点です。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • その他金融
  • 50-100人未満
この製品がないと生きていけない
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化できたことでハードウェアの耐障害性が上がりました。システムの移行もvMotionですぐに切り替えできるし、災害復旧もSite Recovery Managerを使えばできる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

サポートの応答が悪い。Site Recoveryで問題が起きて、ログを出して3日経ってから調査資料の出し直しを指示されました。アプライアンスとWindowsにインストールする形のVMWare管理機能によってログの抽出の仕方も違うのに、勝手にアプライアンスを前提にした手順しか送ってこなくて、自力でログの抽出方法も探しました。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

稼働率は上がったし、ハードウェアのメンテナンスや入れ替えをすべてシステム稼働中のまま、平日の日中にできた。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(CIO・マネージャ)
  • IT管理者
  • その他小売・卸売
  • 300-1000人未満
リソース集約・障害対策に最適のソリューション
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

OS仮想化ソフトウェアの代表的なものの一つ。物理サーバーでは難しかった、各サーバーごとのCPU、メモリ等のリソースを再配分することも簡単で、リソースを有効活用できる。ホスト、ストレージを冗長化しHA構成を組むことにより、障害発生時のダウンタイムを限りなく抑えることも可能となる。この冗長化はお薦めで、ホストのメンテナンスの際にも仮想OSを停止させることなく他のホストに移行させることが出来るので、管理工数の削減も期待できる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

特に大きな不満はない。5.0→5.1→5.5→6.5とアップグレードしながら約6年ほど使用しているが、大きなトラブルもなく安定稼働している。稀にvCenterのWeb管理画面が突然英語表記に変わることがあるが、再ログインすれば解消するので問題はない。けれども少し気持ち悪いかな。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバーリソースを集約することで、ハードウェアのコストを抑えることが出来た。仮想マシンのイメージを退避させておくことで、障害発生時の復旧作業も簡単になり、ダウンタイムを抑えることができた。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

最近ではAWS、Azure等クラウド上での仮想化サービスも充実してきていますが、オンプレで構築する必要がある場合は本製品を強くお勧めします。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
サーバー仮想化ソフトウェアのデファクト・スタンダード
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

サーバー仮想化ソフトウェアとしてはシェアも多く、導入実績や技術情報が多いため安心して導入することができます。また定期的に機能もアップデートされて使い勝手や他ツールとの連携も充実しているため、この製品を選んでおけば間違いないと言えるでしょう。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

製品が進化しているため仕方の内面もありますが、ライセンス体系が何度か変わっているためわかりづらいと思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

物理的なハードウェアを導入することと比較すると初期、ランニングともにコストを大幅に削減することができます。また、バックアップなども一元化することができるため、運用の手間も削減できます。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • IT管理者
  • 貸金業、クレジットカード
  • 100-300人未満
サーバ機器障害対策で導入は必須です。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

機器障害が発生しても、別基盤の仮想環境に自動的に切替ができ、サービスを殆ど停止することなく、サービスの復旧が可能で、非常に重宝しています。
機器障害に備えて、サーバの2重化を行う必要がなくなり、コストメリットは大きいです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

VMになり、サーバのバックアップがイメージバックアップを使用しておりますが、戻す際はイメージ全体を一旦戻してから、部分的に必要なものを抽出することになり、データ復旧には向いていないので、部分復旧ができるようになれば助かります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

監査上、バックアップデータから復旧できることが条件になるのですが、これまではサーバ毎にバックアップを取得していたため、機器が限定されていました。そのため、導入後数年すると同じ機器の調達ができなくなり、復元できない問題がありました。
しかし、VMであれば、仮想基盤さえあれば、機器を限定する必要がないため、上記の問題がクリアになりました。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

惨事復旧、サーバの管理コスト削減で仮想化(VM)導入は効果が高いです。
また、バックアップ時間の削減も可能です。(イメージバックアップ)

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プロジェクトマネージャ
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
昔から定番の仮想化製品
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化が今のように大々的に取り上げられる前からある製品で、これまでの実績が活かされているため、動作が安定している。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

仮想化が当たり前となった今、他の製品の台頭もたくさんある中で、コストメリットがあまり感じられない。他とは差別化した魅力的な機能があるとよい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

物理サーバーの数を減らすとともに、管理事態も容易になるため、サーバーの運用コストを削減することができた。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(その他)
  • IT管理者
  • 建築・鉱物・金属
  • 20-50人未満
複数サーバの一元管理を実現した。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

複数の機器で運用していた小規模なサーバを一元管理できるようになった。またメモリやディスク容量を分けられるため、サーバに必要十分な性能を与えられる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

ファイルサーバを立ち上げたところ、1年半ほどでファイルの消失が発生するようになった。別のサーバに影響は出なかったがファイルサーバの用途には向かないようだとベンダーに説明されたがあまり納得がいかなかった。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバの購入費用や買い替えをまとめられた。故障の際にそれぞれ入れ替えていたためにコストがかかっていたため、予算を確保するのも大変だったがその問題が軽減された。また、Linuxサーバも統合できた点にも意義があった。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

古いサーバ機器をまとめるのに有用。特にWindowsサーバとLinuxが混在しているような場合は同じコンソールから起動でき初心者にも扱いを覚えやすかった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プロジェクトマネージャ
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
歴史ある仮想化ソフト
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

一時期、仮想化と言えばVMwareと言われるぐらいで様々なゲストOSに対応した仮想化ソフト巨塔。いち早く64ビット対応して他に差をつけた。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

仕方がない事だがVMのサイズが大きくリソースを圧迫する。圧縮等できれば良いがその分パフォーマンスに影響が出るだろうから受け入れるしかない。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

いち早く64ビット対応していたことからサーバーリプレイスのじゅうぶんな検証を安価に行うことができスムーズに安全にリプレイスを実施することができた。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プロジェクトマネージャ
  • IT管理者
  • ソフトウェア・SI
  • 20-50人未満
使用環境について
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

商用利用はもちろんのこと、開発環境としても柔軟に対応できる点がよいです。リソース監視機能もある点がとてもよいです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

こちらの使い方が適していないということが要因ですが、スナップショット取得後、ディスクIOが高くなるのは抑えられないのかなぁと思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

オンプレミスで仮想環境を構築できるので、省スペース化等が可能となる。またサーバのバックアップも容易なので障害対策も容易である。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(CIO・マネージャ)
  • IT管理者
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
定番の仮想化基盤
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化がメジャーになる以前より定番のシステムです。管理系のツールも充実しており、不具合等もある程度出尽くし枯れている所も魅力だと思います。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

コストとライフサイクルの観点でバランスがやや悪いように思います。ライフサイクルが短いとコストもかかるため、キャッシュアウト+労力をコスト全体として見ると少し厳しい数字になるため、ライセンス費用を下げるか、ライフサイクルを長くするかしてほしいです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

オンプレでのサーバ環境を準備する際に活躍してくれています。OSテンプレートから容易にサーバを準備できるため、短い時間でサーバを複数台作れます。当社では、クラウドと、オンプレを使い分けていますが、オンプレではvSphereを重宝しています。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

オンプレでサーバ環境を仮想基盤で管理する際に、是非検討するといいと思います。デファクトスタンダードと言っても過言でないくらい秀逸だと思います。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ビジネスパートナー
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
  • 販売関係者
仮想基盤のOSとしては安定的に動作します。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・仮想サーバーのOSとして納入しているが、ほとんどトラブルがなく安定稼働しています。
~納入時の初期トラブルやH/Wに起因するトラブルを除く。
・中小規模向け(仮想サーバー3台以下)と大規模向けに製品が分かれているので、組織規模の大小を問わず導入しやすい。
・HAなどの機能によりH/W障害によるシステムダウンのリスクを減らすことができる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・技術者の育成を積極的に実施して欲しい。
 MSのサーバー系の技術者数に比べると少ない。
 結果、Windows Serverと比較してユーザーへの提案や日常のサポートを潤沢に行うことができないケースがある。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

・H/Wの保守期限切れが迫ったレガシーシステムを移植し、延命を図ることができた。
 延命をしている間に、レガシーシステムを刷新することができた。
 H/Wの保守期限とシステムの刷新を別々で計画することができるメリットは大きいと感じる。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

仮想化を検討する際は、是非、デモや詳しい販売店に説明を受けて、一時的なコストアップはあるものの前向きに検討した方がよいでしょう。

user
  • 吉川建材
  • 経営・経営企画職
  • 導入決定者
  • 専門(建設・建築)
  • 20人未満
macでのWindows実装の決定版
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

非常に簡単に導入ができ、2OSを一端末で実現できるのはやはり楽であり、PCとしての振れ幅も広がります。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

キーボードに対してのショートカットがやはりイマイチ連携しきれていないところが面倒な部分ですので、このあたりの改善はぜひお願いしたい

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

OS依存のソフトの検証や、利用が求めれるときに即時利用が可能なため、いちいち端末を切り替えて作業する必要がないのがメリット

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(その他)
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
仮想マシンを安定して管理できている
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想環境のデファクトスタンダードと言える。多くの実績があり、安定している。インターネット上にも情報が多く、安心して使用できる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

一部の仮想マシンが高負荷になったとき、他のマシンのパフォーマンスにも影響してしまうことがあった。調査の結果、設定によって解消することができたが、調査自体に時間がかかってしまった。障害の原因が簡単に突き止められると良い。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

大量の仮想マシンを統合管理することができている。これにより物理サーバを削減することができた。スナップショット機能なども使えて便利である。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • ユーザー(利用者)
  • 総合卸売・商社・貿易
  • 300-1000人未満
  • 販売関係者
仮想化環境のデファクトスタンダードな製品
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・仮想化して動かしたいアプリケーションでも、ほぼ確実にvSphereで動作検証しているため安心感がある。
・どんなサーバー、ストレージであってもほぼ確実に動作保障を受けられる。
・サーバーハードウェアとのバンドルならば、OEMライセンスを購入可能で保守もサーバーメーカーでワンストップ提供可能。
・vSphere Hypervisorという無償版もあるため、vCenterからの統合管理が不要ならばスモールスタートが可能。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・vSphere Essentialsなど小規模向けライセンスならば安価だが、Standard以上だと高額なライセンスが発生する。
・管理ツールのvSphere Clientが廃止され、vSphere Web Clientに移行したが、動作が重い上に、操作が分かりづらい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

・サーバー仮想化により、アプリケーションの動作検証やテストは圧倒的に行いやすくなった。設定変更前にスナップショットを取得することで、変更を無かったことにしたい場合も瞬時に戻すことが出来る。
・vSANやNSXなど、ライセンスは必要だがストレージやネットワーク領域まで仮想化技術が進んでおり、今後の革新にも期待が出来る。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITコンサルタント
  • 導入決定者
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
仮想化のデファクトスタンダード
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化を実施する場合、ESXiは候補として起案されやすく、またバージョン的にも枯れてきて安定稼働する事が見込めます。
また、UIも熟れており直感的に操作できます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

EVCがデフォルトでONだと良いなと思いましたESXi稼働後にEVCをONにする場合、一度仮想マシンを全て止める必要がある為、クラスター内の全停止を伴ってしまう為です。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

物理マシンを仮想化し、集約できた点で管理含めたコスト削減ができた事がメリットだと思います。
また、ディスプレイを接続せずともWEBUIからコンソールを見る事ができるので、リモートでのオペレーションにも最適です。

user
  • 株式会社LIXIL
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • 鉄・金属
  • 20-50人未満
レガシーシステムの仮想化
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

オンプレサーバの仮想化については、シェア、実績共にこの製品になるかと思います。
IA系サーバOSについては、ほとんどのサーバOSを仮想化できます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

機能的には、仮想化(P2V)ツール含め、機能としては問題ないかと思いますが、ライセンス等費用がネックになってくるかと思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ゆくゆくはシステム刷新が必要となるシステムのハードウェアEOSLになってしまっているサーバ(システム)の一次延命ができています。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • その他金融
  • 1000人以上
今やサーバ仮想化のスタンダード製品に
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

単にサーバを仮想化するだけでなく、管理するためのソフトウェア群が充実している。
今となってはどのSIerも実績・経験を積んでおり、たいていの事はVMwareに確認するまでもなく、
SIerで解決出来ると思う(もちろん担当者によってはスキルの違いはあるが)

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・他の製品も同様であるがサポートサイクルが短いこと
・今やプライベートクラウドだけでなく、パブリッククラウドとの連携を行っている環境でもvSphereで管理できるようだが、
まだバージョン違いによる未対応範囲が存在する部分は改善してほしい

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバ仮想化においては、実サーバ台数の削減、クラウドサービス利用によるコスト削減が行える。
今までは実サーバの管理だけで良かったが、サーバ仮想化を行うと、ゲストだけでなくホスト管理の工数が追加となるため、
仮想化による実サーバ・維持費等のコスト削減を見込むのであれば、良くてプラマイゼロ程度。
サーバ納期や余剰リソースの活用によるメリットの試算も必要。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITコンサルタント
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20-50人未満
  • 販売関係者
仮想基盤のスタンダード
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

お客様含め、基本的な操作は理解してもらえているため新規の導入やリプレイスについてもオペレーションが課題となることは少ない。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

中小規模であれば、多くのことを求めていないため大きく不足していたり改良が必要なポイントは無いといえる。
価格についても、納得してもらえる程度の金額感。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

複数のサーバが必要な場合においても1台で構成できるなど、喜ばれる。
複数の仮想ホストも同一コンソールからまとめて管理できる点も喜ばれる。

user
  • 不二ライトメタル株式会社
  • プロジェクトマネージャ
  • IT管理者
  • 鉄・金属
  • 300-1000人未満
トラブルなく安定しています
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化基盤として6年前から導入しているが、特にトラブルは発生せず、仮想化のメリットを享受できています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

特に困っていることはないが、バージョンが6.5になり、webのUIになったことで、使い勝手が悪くなった。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバー仮想化による耐障害性の向上。
サーバー運用の負荷軽減。
サーバー設置スペースの有効活用。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 保守・運用管理
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
  • 販売関係者
サーバ仮想化のパイオニア
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化の機能を活用して設置スペースの削減やリソースの有効活用等柔軟で信頼性の高いITサービスを提供している

改善してほしいポイントは何でしょうか?

不具合が多いため対応が大変
大量の仮想サーバを管理しているとバージョンアップ等のメンテナンスを実施することが困難

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバの移行が簡単にできる
リソースの無駄を排除できる
安価なサーバで対応できる
障害に強くなる
古いシステムを延命できる
コスト削減になる

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 開発
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
  • 販売関係者
定番のサーバ仮想化
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

歴史の長さから来る安定感や情報の多さは安心につながる。機能が豊富なことやサポートの充実もおすすめポイント。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

ライセンス料金の低減を検討してほしい。またバージョンアップによる機能削減や変更はやめてほしい。それだけでも他社製品の検討材料となってしまう。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

必ずしも物理サーバが必要ない場合・管理工数や接地面積によるコストを低減したいときに有効で、これからも活用していきたい。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • 放送・出版・マスコミ
  • 100-300人未満
老舗仮想化基盤、ただし最近は高コストに
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

やはり仮想化基盤の中でも老舗といえる、長い実績と高い普及率。技術情報がネット上にありふれているので、トラブルの回避も割と容易である。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

近年はライセンスが高騰している印象。HCI環境などを構成するにはそれに適したライセンスが必要だが、正直サーバより高価。かなりのVM数(数十台以上〜)を管理するような環境でないとコストメリットがでない。小規模はAWSなどのIaaSの方がコストパフォーマンスが良い。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

物理マシーンの時代と比較すると、サーバの構築のスピードは格段にアップした。バックアップやスナップショットを駆使すれば、やり直しも何度も可能。ただしこれだけIaaSが一般的になっている時代では、もはや当たり前のことかもしれない。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

最近はHyper-Vも安定しメジャーになっていて、Windowsを扱う分にはライセンス上のメリットもある。また各種IaaSも扱いやすいものになっている。導入の際には、オンプレミスであることの必要性と管理するサーバの規模を元によく検討した方が良い。

user
  • 株式会社ATGS
  • ITコンサルタント
  • ビジネスパートナー
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
  • 販売関係者
サーバーの仮想化といえば
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・サーバーの仮想化全てに言えることですが、社内で管理するハードを削減できる。
・他仮想化ソリューションに比べ、動作が安定している。
・Webコンソールを利用した際、ストレス無く操作できる。(vSphere6.7から急激に軽くなった。)
・仮想マシンテンプレートを作成することでサーバーの大量展開が楽に実現できる。
・メモリ重複除外、Thin Provisioningなどを利用することでホストサーバ以上の割当ができる。(推奨はしていない)

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・Remote Consoleを利用した際の解像度がおかしいなど安定性がないようにみえる。
・導入コストが高く、お客様理解がないとHyper-Vに価格競争で負ける。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

・複数物理サーバーを利用している場合、物理サーバーの利用数を削減することができる。
 物理サーバーの利用数を削減することでハードウェアのトラブルの絶対数を減らすことができる。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

サーバーの仮想化を検討しており、予算に余裕がある場合はVMware vSphere即決だと思います。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他情報システム関連職
  • ビジネスパートナー
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
  • 販売関係者
仮想化といえば VMware vSphere
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

実績が一番あり、定番の仮想化環境ソフトではないでしょうか。安定もしておりどこの環境でも利用できると思います。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

vSphereクライントがアプリベースより、Webクライアントベースに移行されました。当初は出来ない事も多々ありましたが改善してきております。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

物理サーバの集約に伴い、スペース・消費電源・管理対象機器の削減などの面でコストカットにつながります。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プロジェクトマネージャ
  • ビジネスパートナー
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
  • 販売関係者
一昔前までは仮想化技術のデファクトスタンダードだった
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

古くからある仮想化技術であり、安定した信頼性を維持し続けている。
ライブマイグレーション等、仮想化技術のメリットを世に知らしめてくれた製品。
資格試験及び受験対策も充実しており、仮想化技術を一から学ぶのに最適な製品。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

価格が高価な点。
以前とは異なり、Hyper-Vがまともに動作するようになったため、無償で提供されるMS社に対抗するには今の技術を維持したまま価格を抑えるしかないと考えられるため。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

認定試験(v4)に合格後、システムの導入を実施した。
受験対策で勉強した点を実務で活かし、大きなトラブルなく導入出来た。
スナップショット機能が顧客からも評判良く、ベンダ視点でも完全なバックアップにはなり得ないものの、システム変更作業の前後に簡易的に実施出来、必要十分に有用だった。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

スナップショット機能。
簡単かつ迅速に実施出来る一次バックアップ機能であり、非常に優秀。
ライブマイグレーション機能。
仮想サーバ部分を起動したまま別の物理ホストへ移動する機能であり、パッチ等をローリングアップデートする際に有用。

user
  • 伊藤忠丸紅鉄鋼
  • 社内情報システム(CIO・マネージャ)
  • IT管理者
  • 総合卸売・商社・貿易
  • 300-1000人未満
オンプレミスでのサーバー仮想化として利用
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

これまでのオンプレでのサーバー運用がVMwareの機能によって別次元で楽に運用が可能になるという点。例えばHW障害時のvMotionでの切り替えが非常に簡単で衝撃的だった。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

オンプレで使う分にはあまり改善して欲しい点はないが、オンプレミスという世界観からクラウドに置き換わっていく中で、オンプレとクラウドをシームレスにつないで移行していく機能をさらに拡充していって欲しい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

これまでクラスタリングで冗長化を取っていたサーバーを、VM機能を使って非常に楽に構築し直すことが出来た。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プログラミング・テスト
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
サーバー仮想化といえばvSphere
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・物理サーバー1台の中に仮想サーバーを複数台(サーバースペックによる)作成することが可能。
・OSのテンプレートイメージを一度作成すれば、テンプレートイメージからの展開が行え、作業効率向上。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・他製品と比べると少々コストが高いので、導入のハードルが高い。
・Web Consoleが安定性が低い。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

・複数台物理サーバーがあるような環境であれば、物理のスペースが空き、電気代周りの金額もかなり抑えられました。
・運用保守の観点から言うと、やはり管理がしやすい為、作業効率が向上しています。

user
  • 株式会社LIXIL
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • 建築・鉱物・金属
  • 20人未満
旧来のアプリの仮想化(クラウド化)については、これ。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

仮想化のパイオニア&改善の歴史が長い為、一般のパブリッククラウドでは動かせないシステムの仮想化もかなりできます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

パブリッククラウド、オープンソースハイパバイザーの機能向上で低価格ライバルが増えてきているので、今となっては価格(ライセンス費用)がネックになってきていると思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ハードウェアサポート切れのレガシーシステムを延命することができ、システム入替までの期間を延ばすことができています。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 保守・運用管理
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 100-300人未満
テストや仮想環境構築になくてはならないツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

製品として使用するほぼ全てのOSを仮想環境として扱えるため、製品テストや疑似環境構築などでとても便利。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

仮想基盤としてのソフトだが、上に乗るOSについても各社と連携してセットで使えるようなメニューを用意して欲しい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

環境構築の手間とハードウェアにかかるコストを削減できている。仮想環境なので、移行や構築についても物理環境より手間がかからない点も良い。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

物理環境のみという企業も少ないかと思いますが、仮想化ソフトのデファクトスタンダードかと思います。本番環境での稼働実績も非常に多いので安心して使え、無駄なリソースの削減もしやすくコストメリットもあると思います。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他の設計
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
冗長性、拡張性、パフォーマンスに優れている
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

構築した仮想マシンに情報を付与し、ファイル分けが可能。
仮想マシンを仮想基盤間でマイグレーションすることが無停止で実施可能。
とあるイベント発生時にメールで通知するなど細かい監視の設定が可能。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

管理GUIにHTML5版がリリースされているが、
Flash版と違い画面の構成が違ったり、設定出来ない機能があるなど不安定である。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

物理機器を運用している環境とは違い、管理画面からサーバの稼働状況を一目で確認、コンソールも管理画面の一覧から接続が可能となる。
ハードウェアの情報も管理出来るため、工数削減を実現できた。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • IT管理者
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
まずは無償で。高機能版は有償で。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ライセンス体系がわかりやすいです(2018年12月時点)。物理CPU毎に1本必要という、シンプルなものです。機能は多岐にわたりますが、vSphereで動作する仮想アプライアンスが、他ベンダからも提供されている点も魅力です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

vSAN、NSX等、仮想化の範囲を広げる程に増加するメンテナンス工数を、低減したいです。安定稼働にはパッチ適用作業が欠かせませんが、その作業自体がこれらインフラ製品のリスクにもなるというジレンマがあります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

「まずは無償で。高機能版は有償で。」
最近では当たり前となった販売手法を早期から取り入れてシェアを拡大した製品です。単純にESXi(無償版)を利用するだけでも物理サーバ集約が可能であり、コスト低減にかなり役立ちます。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • ユーザー(利用者)
  • その他
  • 100-300人未満
小規模から大規模にも対応できる仮想環境
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

機能が多く、ゲストOSやハードウェアの適用範囲も広いです。
VMwareだけの機能も多く、シェアNo.1だけのことはあります。
サポートも他社に比べると良い方だと思います。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

少し前のバージョンからWebの管理ツールしかサポートされなくなりましたが、使いづらく、分かりづらく、重いです。
特殊な機能はバージョン毎に削られることも多く、その機能を使っているからバージョンアップが出来ないなどあるようです。
あと、Snapshot機能が負荷が高く不安で、あまり使いたくないです。
また、導入やサポートのコストが高く感じます。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

導入後は安定して動作しています。
古いシステムを仮想環境へ移行する際に、古いOSやLinux以外のOS(CentOS5、FreeBSDなど)が問題なく動作しました。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

以前はvCenterはWindowsサーバが必須でしたが、今はLinuxベースのアプライアンスでの導入が可能です。
大規模の仮想環境をお考えでしたら、VMwareは検討から外せません。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他情報システム関連職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
  • 販売関係者
仮想化には必須
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

簡単に仮想環境の構築ができるというところがポイントではないでしょうか。
また、安定稼働しているという点も高評価です。
耐障害性も高く、サポートもしっかりしています。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

常日頃から改善され続けているというイメージです。
当初はなかったネットワークの仮想化なども実装されてどんどんと高機能になっています。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

以前は山ほどあった物理サーバをあっという間に、数台にすることが可能です。
ハード保守の手間もなくなりますし、電気代なども削減できます。
高スペックのサーバを数台用意するだけでいいので、物理サーバを購入する金額がかなり削減できます。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

これから仮想化を検討する場合は、言わずもがなですが、
必ず候補に上がってくる製品となります。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • IT管理者
  • 情報通信・インターネット
  • 50-100人未満
安定したオンプレ基盤が作れる
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

実績もあり、安定している仮想環境を構築できる。
vMotionによるライブマイグレーションは安定しており、ノートラブル。メンテナンスや機器のリプレイス対応も容易になった。
vCenterサーバを構築する際、以前はADと専用のWindowsサーバを立てる必要があり、規模が大きくなると商用DB製品が必要、さらに構築自体も難しいとハードルが高かった。
しかし、アプライアンス版の登場により追加コスト無く、容易にvSphereのフル機能を利用できるようになった。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

新機能は追加ライセンスやEnterprise Plus版が必要となり、Standardは本当に標準機能しか無い点。
仮想環境を作るだけなら標準機能だけで十分ではあるが。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

サーバ統合によるコスト削減。
1台あたりの物理サーバのコストは大きく上昇したが、複数の仮想ゲストOSを収容することで、同じ台数の物理サーバを買うのと遜色のない価格に収まる。
また、管理コスト・データセンターラック・電源費用を削減することができた。