CMS・ホームページ作成のITreview Grid

 CMS(コンテンツ管理システム)とは、デジタルコンテンツの作成、編集、公開、保存を一括管理するシステムのことをいう。HTMLやCSSといったWebページの記述やWebサイト構築に関する専門知識がなくても、テキストや画像を用意するだけでWebサイトを制作してコンテンツを配信できる。テンプレートをベースにWebサイトを構築する仕組みになっており、複数人が作業分担しながら統一感のあるWebサイトを作成することも可能だ。コンテンツ更新やデザイン変更も容易なので、状況に応じて迅速な更改が必要なデジタルマーケティング施策を打つ際にも有効になる。

 最近は、メール配信機能、リード(見込み客)管理機能などを備えたCMSツールも登場し、MA(マーケティングオートメーション)ツールとの融合が進みつつある。


CMS・ホームページ作成の導入効果


統一感のあるWebサイト制作が可能

 CMS・ホームページ作成の導入による最大の効果は、使いやすく操作性に優れ、見た目にも統一感のあるWebサイトが容易に制作できることだ。テンプレートをベースに必要なコンテンツを配置するCMSでは、Webに関する専門知識がなくてもWebサイトの更新や修正が行える。コンテンツを配置する場所が決まっているので、ページデザインやテキスト作成などの担当者を複数人で分担しながら作業しても内容の抜け漏れがなく、統一感のあるデザインのWebページを作成、公開することができる。

マーケティング施策としても有効

 CMSに用意されているテンプレートは、Web技術の標準化団体であるW3C(World Wide Web Consortium)標準に準拠したHTMLコードを生成する。このような標準作法にのっとったWebサイトは、現在検索エンジンが高い評価を与えるため、検索結果上位に表示されやすくなるという効果、すなわちSEO対策を実現する。検索エンジンの検索結果から流入してくる新規のリード(見込み客)獲得が期待できるようになるなど、CMSの導入はマーケティング施策の手段としても非常に有効だ。

Webサイトの制作コストを大幅削減

 Web技術に詳しい人材のいない企業では、Webサイトの構築やコンテンツの更新を外部の制作会社へ委託しているケースが多い。そのコストは決して安価ではなく、企業にとって大きな負担になっていることもある。CMSを導入すれば、初期デザインを専門の制作会社に外注したとしても日々のコンテンツ更新・追加は自社で行えるので、Webサイトにかかる制作コストを大幅に圧縮できる。また、外注せずに更新できるので、より早いタイミングで最適なコンテンツを提供できるようになる。


CMSの対象ユーザー


導入検討、利用ユーザー
 ・Webサイトの制作と維持管理を担当するWebサイト開発・運営担当
 ・Webサイトによるマーケティング活動に取り組むマーケティング担当


CMS・ホームページ作成の機能一覧


Webサイト制作支援

機能 解説
テンプレートの作成 ヘッダやフッターなど、Webサイト上のほぼ全てのページで共通する要素と、ページごとのレイアウトをテンプレート化して保存、活用できる
WYSIWYGエディタ アイテム(写真や表)やコンテンツをドラッグ&ドロップの操作により自由に配置でき、配置した見栄えがそのままをHTML形式に変換する
リッチテキストエディタ 文字のフォントやサイズ、色などテキストの書式を「Word」のような手順で容易に設定でき、作成したテキストを自動でHTML形式に変換する
プラグイン、ウィジェット、アプリ Webサイトのニーズにガジェットやモジュールをページに組み込める
モバイルデバイス最適化(レスポンシブ対応) PC版のWebページだけでなく、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスに最適化されたWebページが作成できる
多言語対応 複数の国・地域の言語をサポートする
ECサイト対応 Webサイトにオンラインストアを追加するECサイト機能を提供する


Webサイト公開の自動化、支援

機能 解説
公開開始、終了日設定 作成したコンテンツ(Webページ)について、公開日や公開終了日を事前に設定できる
コンテンツリポジトリ コンテンツの編集、タグ付け、承認、保存、公開/非公開を管理するリポジトリを用意する
承認プロセスの作成 ページの制作担当者や編集者、承認者などの間でワークフローによる承認プロセスを作成し、記事の差し戻し(修正依頼)や、掲載の承認が行える


Webサイトの運用管理

機能 解説
サイト分析 ユニークなページビュー数、ユーザー数などの情報を提供する
制作物管理 ブログ、ニュースレター、オウンドメディアなど制作物のコンテンツを管理する
バージョン管理 同じコンテンツのバージョン(世代)、公開履歴を管理する
アクセス許可 管理者が役割に応じて権限を設定し、担当者に許可した内容のみを表示する
内部検索 キーワード、メタデータ、タグなどに基づいてコンテンツを検索できる
API 他のアプリケーションと連携するためのAPIを提供する





CMS・ホームページ作成の選定のポイント


ツールごとの違い

・オープンソースCMS
 Webサイトを構築してコンテンツを管理するのに必要なCMS機能のソースコードが無償で公開されているツール。コーディングに精通したプログラマーがカスタマイズを行うことで、自社に最適なCMSを作り上げることができる。機能拡張のためのプラグインやモジュールも多く、無償で入手することが可能。ただし運用は自己責任であり、基本的にサポートはない。

・パッケージCMS
 ソフトウェアベンダーが提供するパッケージ製品のCMSツール。CMSに必要な機能があらかじめ搭載されており、ベンダーによる手厚いサポートが期待できるが、当然のことながら導入および保守契約にコストがかかる。SaaS型のクラウドサービスとして提供されているCMSツールもある。

導入形態

 CMS・ホームページ作成ツールは、公開するWebサイトとは別のサーバを立てて導入することが一般的。自社データセンターのオンプレミス環境でWebサイトを運用している場合でも、クラウドサービスのCMSツールを利用したり、CMSツールだけを外部のホスティングサービスに置いたりできる。

価格形態・契約形態

 オープンソースのCMSツールを利用する場合、導入からカスタマイズまで全て自社で行えるのならばコストはかからない。オープンソースCMSツールを利用しながら第三者のサポートを受けたいときには、サポートサービスのみを提供するベンダーと別途契約すればよい。パッケージ製品やクラウドサービスのCMSツールの場合は、提供ベンダーから手厚いサポートが受けられるが、初期導入費用の他に保守サポート料が必要になる。


CMS・ホームページ作成のシステム要件・他システムとの連携方法

一般的な導入方法・導入環境、注意点

 社内にWebエンジニアを抱えている場合はオープンソースCMSを利用して高度な運用が可能だが、専門家が不在の企業はパッケージ製品を選んだ方がよいといえるだろう。コストを重視する場合は、クラウドサービスを選択することになる。また、導入前には実際に利用する担当者が使い勝手や、必要とする機能の有無を比べながら比較検討を行うことが望ましい。

CMS・ホームページ作成移行時の注意点

 CMS・ホームページ作成ツールを新規導入、リプレースする際には、これまで作成、運用してきたコンテンツを新CMSへ移行する必要がある。コンテンツの総量が多ければ多いほど作業量も増加する。移行のためのツールが提供されている場合は移行作業の負担は大幅に削減されるが、そうでないツールも多いため、移行前には全てのコンテンツを移行するのか、そうでなければどのコンテンツを移行するのかを、事業貢献度や公開(掲載開始)日、SEO検索順位などといった要素を掛け合わせて抽出する必要がある。

 また、CMS導入・リプレース時のコンテンツ移行作業を請け負うベンダーやサービサーも存在するため、自社のリソースに余裕がない場合は依頼するのも1つの方法だろう。

他製品との連携効果

 CMSツールは、MA(マーケティングオートメーション)ツールと組み合わせて利用することが一般的であるため、最近はマーケティング機能を備えたCMSツールも多く存在する。また、Webサイト管理・Webページ制作機能を備えたMAツールもあり、その機能差は小さくなりつつある。

CMS・ホームページ作成のメニュー

CMS・ホームページ作成の基礎知識

 CMS(コンテンツ管理システム)とは、デジタルコンテンツの作成、編集、公開、保存を一括管理するシステムのことをいう。HTMLやCSSといったWebページの記述やWebサイト構築に関する専門知識がなくても、テキストや画像を用意するだけでWebサイトを制作してコンテンツを配信できる。テンプレートをベースにWebサイトを構築する仕組みになっており、複数人が作業分担しながら統一感のあるWebサイトを作成することも可能だ。コンテンツ更新やデザイン変更も容易なので、状況に応じて迅速な更改が必要なデジタルマーケティング施策を打つ際にも有効になる。

 最近は、メール配信機能、リード(見込み客)管理機能などを備えたCMSツールも登場し、MA(マーケティングオートメーション)ツールとの融合が進みつつある。


CMS・ホームページ作成の導入効果


統一感のあるWebサイト制作が可能

 CMS・ホームページ作成の導入による最大の効果は、使いやすく操作性に優れ、見た目にも統一感のあるWebサイトが容易に制作できることだ。テンプレートをベースに必要なコンテンツを配置するCMSでは、Webに関する専門知識がなくてもWebサイトの更新や修正が行える。コンテンツを配置する場所が決まっているので、ページデザインやテキスト作成などの担当者を複数人で分担しながら作業しても内容の抜け漏れがなく、統一感のあるデザインのWebページを作成、公開することができる。

マーケティング施策としても有効

 CMSに用意されているテンプレートは、Web技術の標準化団体であるW3C(World Wide Web Consortium)標準に準拠したHTMLコードを生成する。このような標準作法にのっとったWebサイトは、現在検索エンジンが高い評価を与えるため、検索結果上位に表示されやすくなるという効果、すなわちSEO対策を実現する。検索エンジンの検索結果から流入してくる新規のリード(見込み客)獲得が期待できるようになるなど、CMSの導入はマーケティング施策の手段としても非常に有効だ。

Webサイトの制作コストを大幅削減

 Web技術に詳しい人材のいない企業では、Webサイトの構築やコンテンツの更新を外部の制作会社へ委託しているケースが多い。そのコストは決して安価ではなく、企業にとって大きな負担になっていることもある。CMSを導入すれば、初期デザインを専門の制作会社に外注したとしても日々のコンテンツ更新・追加は自社で行えるので、Webサイトにかかる制作コストを大幅に圧縮できる。また、外注せずに更新できるので、より早いタイミングで最適なコンテンツを提供できるようになる。


CMSの対象ユーザー


導入検討、利用ユーザー
 ・Webサイトの制作と維持管理を担当するWebサイト開発・運営担当
 ・Webサイトによるマーケティング活動に取り組むマーケティング担当


CMS・ホームページ作成の機能一覧


Webサイト制作支援

機能 解説
テンプレートの作成 ヘッダやフッターなど、Webサイト上のほぼ全てのページで共通する要素と、ページごとのレイアウトをテンプレート化して保存、活用できる
WYSIWYGエディタ アイテム(写真や表)やコンテンツをドラッグ&ドロップの操作により自由に配置でき、配置した見栄えがそのままをHTML形式に変換する
リッチテキストエディタ 文字のフォントやサイズ、色などテキストの書式を「Word」のような手順で容易に設定でき、作成したテキストを自動でHTML形式に変換する
プラグイン、ウィジェット、アプリ Webサイトのニーズにガジェットやモジュールをページに組み込める
モバイルデバイス最適化(レスポンシブ対応) PC版のWebページだけでなく、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスに最適化されたWebページが作成できる
多言語対応 複数の国・地域の言語をサポートする
ECサイト対応 Webサイトにオンラインストアを追加するECサイト機能を提供する


Webサイト公開の自動化、支援

機能 解説
公開開始、終了日設定 作成したコンテンツ(Webページ)について、公開日や公開終了日を事前に設定できる
コンテンツリポジトリ コンテンツの編集、タグ付け、承認、保存、公開/非公開を管理するリポジトリを用意する
承認プロセスの作成 ページの制作担当者や編集者、承認者などの間でワークフローによる承認プロセスを作成し、記事の差し戻し(修正依頼)や、掲載の承認が行える


Webサイトの運用管理

機能 解説
サイト分析 ユニークなページビュー数、ユーザー数などの情報を提供する
制作物管理 ブログ、ニュースレター、オウンドメディアなど制作物のコンテンツを管理する
バージョン管理 同じコンテンツのバージョン(世代)、公開履歴を管理する
アクセス許可 管理者が役割に応じて権限を設定し、担当者に許可した内容のみを表示する
内部検索 キーワード、メタデータ、タグなどに基づいてコンテンツを検索できる
API 他のアプリケーションと連携するためのAPIを提供する





CMS・ホームページ作成の選定のポイント


ツールごとの違い

・オープンソースCMS
 Webサイトを構築してコンテンツを管理するのに必要なCMS機能のソースコードが無償で公開されているツール。コーディングに精通したプログラマーがカスタマイズを行うことで、自社に最適なCMSを作り上げることができる。機能拡張のためのプラグインやモジュールも多く、無償で入手することが可能。ただし運用は自己責任であり、基本的にサポートはない。

・パッケージCMS
 ソフトウェアベンダーが提供するパッケージ製品のCMSツール。CMSに必要な機能があらかじめ搭載されており、ベンダーによる手厚いサポートが期待できるが、当然のことながら導入および保守契約にコストがかかる。SaaS型のクラウドサービスとして提供されているCMSツールもある。

導入形態

 CMS・ホームページ作成ツールは、公開するWebサイトとは別のサーバを立てて導入することが一般的。自社データセンターのオンプレミス環境でWebサイトを運用している場合でも、クラウドサービスのCMSツールを利用したり、CMSツールだけを外部のホスティングサービスに置いたりできる。

価格形態・契約形態

 オープンソースのCMSツールを利用する場合、導入からカスタマイズまで全て自社で行えるのならばコストはかからない。オープンソースCMSツールを利用しながら第三者のサポートを受けたいときには、サポートサービスのみを提供するベンダーと別途契約すればよい。パッケージ製品やクラウドサービスのCMSツールの場合は、提供ベンダーから手厚いサポートが受けられるが、初期導入費用の他に保守サポート料が必要になる。


CMS・ホームページ作成のシステム要件・他システムとの連携方法

一般的な導入方法・導入環境、注意点

 社内にWebエンジニアを抱えている場合はオープンソースCMSを利用して高度な運用が可能だが、専門家が不在の企業はパッケージ製品を選んだ方がよいといえるだろう。コストを重視する場合は、クラウドサービスを選択することになる。また、導入前には実際に利用する担当者が使い勝手や、必要とする機能の有無を比べながら比較検討を行うことが望ましい。

CMS・ホームページ作成移行時の注意点

 CMS・ホームページ作成ツールを新規導入、リプレースする際には、これまで作成、運用してきたコンテンツを新CMSへ移行する必要がある。コンテンツの総量が多ければ多いほど作業量も増加する。移行のためのツールが提供されている場合は移行作業の負担は大幅に削減されるが、そうでないツールも多いため、移行前には全てのコンテンツを移行するのか、そうでなければどのコンテンツを移行するのかを、事業貢献度や公開(掲載開始)日、SEO検索順位などといった要素を掛け合わせて抽出する必要がある。

 また、CMS導入・リプレース時のコンテンツ移行作業を請け負うベンダーやサービサーも存在するため、自社のリソースに余裕がない場合は依頼するのも1つの方法だろう。

他製品との連携効果

 CMSツールは、MA(マーケティングオートメーション)ツールと組み合わせて利用することが一般的であるため、最近はマーケティング機能を備えたCMSツールも多く存在する。また、Webサイト管理・Webページ制作機能を備えたMAツールもあり、その機能差は小さくなりつつある。