ワークプレイス・イノベーション・プラットフォームとは

ワークプレイス・イノベーションプラットフォームとは、既存のシステムでは対処できないビジネス上の課題を解決するために、開発者と非開発者の双方が利用して生産性を高められる共同開発ツールのことをいう。

ワークプレイス・イノベーションプラットフォームではビジネスリーダーや一般従業員といった非開発者が組織のデジタルポートフォリオを革新しながらアプリケーションを構築し、ビジネスプロセスを自動化するために協力して作業を行える。自由度の高いビジュアルデザインツールを提供し、画面のインタフェース上でモジュールを組み合わせながらアプリケーションを作成できる。

一方、プロフェッショナルの開発者にとってもフルスタック開発を容易にする。ワークプレイス・イノベーションプラットフォームにて開発されたアプリケーションをプログラム言語を用いて機能拡張するなどが可能だ。IT経験に関係なくほぼ全てのユーザーが利用でき、ビジネス要件の急速な変化に合わせて、アプリケーションの構築/カスタマイズ/保守を迅速に行える。

ワークプレイス・イノベーションプラットフォームの定義
・ビジュアルデザインとフルスタック開発ツールの両方を提供する
・アプリケーション管理とセキュアな通信機能を提供する
・クラウドでの展開と、オンプレミスでの展開の双方を実現できる

ワークプレイス・イノベーション・プラットフォームの基礎知識

ワークプレイス・イノベーションプラットフォームとは、既存のシステムでは対処できないビジネス上の課題を解決するために、開発者と非開発者の双方が利用して生産性を高められる共同開発ツールのことをいう。

ワークプレイス・イノベーションプラットフォームではビジネスリーダーや一般従業員といった非開発者が組織のデジタルポートフォリオを革新しながらアプリケーションを構築し、ビジネスプロセスを自動化するために協力して作業を行える。自由度の高いビジュアルデザインツールを提供し、画面のインタフェース上でモジュールを組み合わせながらアプリケーションを作成できる。

一方、プロフェッショナルの開発者にとってもフルスタック開発を容易にする。ワークプレイス・イノベーションプラットフォームにて開発されたアプリケーションをプログラム言語を用いて機能拡張するなどが可能だ。IT経験に関係なくほぼ全てのユーザーが利用でき、ビジネス要件の急速な変化に合わせて、アプリケーションの構築/カスタマイズ/保守を迅速に行える。

ワークプレイス・イノベーションプラットフォームの定義
・ビジュアルデザインとフルスタック開発ツールの両方を提供する
・アプリケーション管理とセキュアな通信機能を提供する
・クラウドでの展開と、オンプレミスでの展開の双方を実現できる