絞り込み検索 検索条件をクリアする
非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(開発・運用管理)
  • IT管理者
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
クラウドというよりもASPサービスとしての勤怠管理システム
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

勤怠管理システムと社内で利用するであろう掲示板やファイルライブラリなどの機能が一通りよういされており、そこまで細かな要件を求めなければ無難に利用できます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

利用が集中する出勤時間帯や退勤時間帯および月末月初はシステムが全体的に遅く不安定になり、まともに利用できないことが多くなってきた。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

オンプレミスで社内にサーバー等をよういするとどうしてもサーバー自体の御守が必要になったり接続元が限定されてしまったりするが、クラウドであればそれらを気にする必要がなくなった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 300-1000人未満
分単位で勤怠時間をできるのはよい(フレックス勤務中)
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

フレックス&裁量労働制の勤務体系でそれぞれ利用しましたが、勤怠管理が手間なく行えるので利便性に優れています。在宅勤務時にも対応しているので、従来の勤務体系だけでなく、多様化するワークスタイルにも適用できる柔軟性もよいです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

有休申請した後に日報提出を申請するなど2度手間がかかるので、有休・特休取得時には日報が不要となると申請する側も、承認する側も楽になると思います。日報申請時、直行・直帰のチェック枠があるのですが、それ以外にもフリー項目(例:在宅勤務)が設定できるようになると良いです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ワークフローの併用により、有休申請など勤務関連の申請から日常的な勤怠管理が一元化され、利用者にとっては効率よく勤怠の記録を残せるようになったと思います。フレックス勤務なので、勤怠時間を分単位で管理できるのも良いです。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

導入時には、社内の勤怠ポリシーにあわせた利用方法を社内スタッフ向けに手厚く説明した場を設けたほうがよいと思います。一回理解すれば、その後は比較的な楽な運用だと思います。

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 総務・庶務
  • ユーザー(利用者)
  • その他小売・卸売
  • 100-300人未満
見た目がわかりやすい管理画面・ワークフロー
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

勤怠管理とそれに伴う申請を管理できる。申請と勤怠管理が直結しているため、使用者側も手間が省ける
まずは勤怠管理からIT化を始める会社も多いと思うが、使用者にとって馴染みやすいUIなのは助かる

改善してほしいポイントは何でしょうか?

実際の勤怠時間と、残業申請の時間の整合性をシステム側でとってほしい。
「直行申請」を出したあとに「直帰申請」を出すと「直帰申請」で上書きされる
その場合は「直行直帰申請」として提出しなければならず、使用者側に無駄な手間がかかる。
ここはすぐにでも改善してほしい

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

紙ベースのタイムカードの準備、給与計算、集計に何日もかけていたが、CSV出力できることにより非常に短時間ですむようになった。
自分や部下の勤怠状況が見れるので、労働時間に対して意識が高くなった

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • その他サービス
  • 100-300人未満
クラウド勤怠管理
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

各種勤怠管理とそれに伴う申請を一元管理できる。承認レベルも分けられるため、一般社員には一次承認者と二次承認者を、役職つきのメンバーには一次承認者だけを割り振ることも可能。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

登録した勤怠と申請に対して上長確認を入れられるが、ここでのエラー確認が限定的なのが難点。エラーが出ず上長確認を入れられたのに、勤怠締めの最終段階でエラーが発生することがある。主に登録と申請が一致していないというもので、ここさえ改善されれば、と思う。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

日々の残業時間を管理でき、かつ月間での累計残業時間も日々チェックできるのが便利。タイムカードではできなかったことで、36協定に抵触しないよう勤怠管理を徹底できるようになった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • その他サービス
  • 100-300人未満
勤怠管理が簡単!便利!
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

スタッフの業務状況の管理が容易になり、勤務状況の把握や、欠勤、有給取得状況などスムーズな管理ができる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

残業の承認をする際に、実際の勤務登録状況がわからないため、確認するためには別ウィンドで開く必要がある。整合性をシステム側でチェックしていただけるとありがたい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

残業時間を削減していくため、設定した時間を超えるとアラートのメールが自動的に届くことが便利。部下の業務時間を一覧表示させることができるため、労務管理に役立っている。