ウェビナーとは

 ウェビナー(Webセミナー)とは、Webとセミナーを合わせた造語で、インターネット上で配信するセミナーのこと。時間を決めて配信を行い、チャットなどを活用して参加者との双方向のコミュニケーションも可能な「リアルタイム配信」と、あらかじめ録画したセミナー動画を配信する「録画配信」の2つに大きく分けられる。画面共有やプレゼン、参加者の音声発言、チャット、アンケートなどの機能を備え、手軽に始められるツールもある。

ウェビナー(Webセミナー)のメリット

ウェビナー(Webセミナー)を導入のメリットとしては以下が挙げられる。

・コスト
会場のレンタルや設営、撤去費用をはじめとしたコストが不要となる。
特に大規模なセミナーになると運営をイベント会社に外注する場合もあるが、ウェビナーの場合は参加者の対応に関わる人員に関しても省力化可能。

・場所
Webでの開催となるため、開催者、参加者ともに場所の制約を気にせずに開催、参加が可能となる。
また、実際の会場を借りる場合、他イベントとのバッティングなどスケジュール調整が必要となるがそのような懸念もなくなる。
参加者側も動画を視聴できる端末さえあればどこからでも参加可能。

・時間
ライブ配信に加え、セミナーの内容を録画し後から配信することも可能なため、スケジュールが合わない参加者へもリーチできる。

ウェビナー(Webセミナー)ツールの無料トライアルについて

ウェビナー(Webセミナー)ツールには無料でトライアルが可能なツールがある。無料トライアルでは購入前に操作感や接続の画質、音質などを事前にチェックできるため、製品の比較検討に活用可能。
無料トライアルのあるウェビナー(Webセミナー)ツール一覧

テレワーク、リモートワークの対応にむけ、同時に導入を検討したいツール

働き方改革により、テレワーク、リモートワークといった在宅勤務の体制構築を進める企業も多い。Web会議システムの導入により、社内外との打ち合わせは対応可能だが、ほかにもインフラ構築や資料の共有といった面で同時に導入をすべきツールがある。
ここではそのツールカテゴリの一例を挙げる。

Web会議
Web会議とは、遠隔地点の相手と音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するツールだ。音声やビデオ通信以外にもテキストチャットや、PCの画面共有、ファイルの送受信などの機能を有するツールが多く、テレワーク、リモートワークの実現にむけて導入が進んでいる企業も多い。

リモートアクセス
リモートアクセスとは、離れた場所からインターネット回線や電話回線を介して、会社のネットワークに接続することである。リモートアクセス機能を使いやすく、また安全に利用できる。

VDI・DaaS
VDI(Virtual Desktop Infrastructure、仮想デスクトップインフラ)とは、PCのデスクトップを仮想化するシステムで、シンクライアントを実現するための代表的な手法の1つ。VDIは、デスクトップ(OSやアプリケーションの処理などPCのソフトウェア一式)をハイパーバイザー上の仮想マシンとしてサーバ上で実行、その結果をネットワーク経由で端末に転送する。

VPN
VPNとは、"Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)”の略で、仮想の専用線による安全なインターネットアクセスを実現する技術を指す。離れている拠点間で同一のセグメントによる通信が可能になるほか、リモートアクセスVPNにより、拠点と離れた場所からでも企業内ネットワークへの通信が可能となる。

ビジネスチャット
ビジネスチャットとは、ネットワークを介したリアルタイムコミュニケーションを実現するチャットツールのうち、ビジネス用途に特化したものを指す。
社内の情報共有やコラボレーションにも役立てられるよう、スケジュール/タスク管理やファイル共有などの機能を搭載する製品・サービスも少なくない。

プロジェクト管理
プロジェクトの目標やスケジュール、プロジェクトチームのタスクを管理するシステムのこと。プロジェクトマネジャーは作業量、作業負荷の可視化、生産性の監視、リソースの最適化など複数のプロジェクト、及びチームとメンバーの状況を追跡して達成度や問題点を分析し、目標に向けた方向修正や改善活動に利用する。

ウェビナーの機能一覧


基本機能

機能 解説
参加登録 参加者はウェビナーへの参加を事前登録でき、ホスト(主催者)は登録者の承認や出席確認などの管理が可能
記録(録画) 終了後に視聴したり、Webサイトへ掲載したりできるよう、ウェビナーを記録できる
アンケート/投票 ウェビナーを実施中にリアルタイムでアンケート/投票を実施
ライブチャット 参加者がチャットを介して相互にリアルタイムでのやりとりを行える
ブランディング 企業ロゴの追加などのカスタマイズ機能により、Webサイトや招待メールなどをブランディングできる
ロールベースのアクセス制御 おのおののリソースやツールに対して、参加者の役割(権限)にもとづいたアクセス制御を適用できる


ウェビナーの基礎知識

 ウェビナー(Webセミナー)とは、Webとセミナーを合わせた造語で、インターネット上で配信するセミナーのこと。時間を決めて配信を行い、チャットなどを活用して参加者との双方向のコミュニケーションも可能な「リアルタイム配信」と、あらかじめ録画したセミナー動画を配信する「録画配信」の2つに大きく分けられる。画面共有やプレゼン、参加者の音声発言、チャット、アンケートなどの機能を備え、手軽に始められるツールもある。

ウェビナー(Webセミナー)のメリット

ウェビナー(Webセミナー)を導入のメリットとしては以下が挙げられる。

・コスト
会場のレンタルや設営、撤去費用をはじめとしたコストが不要となる。
特に大規模なセミナーになると運営をイベント会社に外注する場合もあるが、ウェビナーの場合は参加者の対応に関わる人員に関しても省力化可能。

・場所
Webでの開催となるため、開催者、参加者ともに場所の制約を気にせずに開催、参加が可能となる。
また、実際の会場を借りる場合、他イベントとのバッティングなどスケジュール調整が必要となるがそのような懸念もなくなる。
参加者側も動画を視聴できる端末さえあればどこからでも参加可能。

・時間
ライブ配信に加え、セミナーの内容を録画し後から配信することも可能なため、スケジュールが合わない参加者へもリーチできる。

ウェビナー(Webセミナー)ツールの無料トライアルについて

ウェビナー(Webセミナー)ツールには無料でトライアルが可能なツールがある。無料トライアルでは購入前に操作感や接続の画質、音質などを事前にチェックできるため、製品の比較検討に活用可能。
無料トライアルのあるウェビナー(Webセミナー)ツール一覧

テレワーク、リモートワークの対応にむけ、同時に導入を検討したいツール

働き方改革により、テレワーク、リモートワークといった在宅勤務の体制構築を進める企業も多い。Web会議システムの導入により、社内外との打ち合わせは対応可能だが、ほかにもインフラ構築や資料の共有といった面で同時に導入をすべきツールがある。
ここではそのツールカテゴリの一例を挙げる。

Web会議
Web会議とは、遠隔地点の相手と音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するツールだ。音声やビデオ通信以外にもテキストチャットや、PCの画面共有、ファイルの送受信などの機能を有するツールが多く、テレワーク、リモートワークの実現にむけて導入が進んでいる企業も多い。

リモートアクセス
リモートアクセスとは、離れた場所からインターネット回線や電話回線を介して、会社のネットワークに接続することである。リモートアクセス機能を使いやすく、また安全に利用できる。

VDI・DaaS
VDI(Virtual Desktop Infrastructure、仮想デスクトップインフラ)とは、PCのデスクトップを仮想化するシステムで、シンクライアントを実現するための代表的な手法の1つ。VDIは、デスクトップ(OSやアプリケーションの処理などPCのソフトウェア一式)をハイパーバイザー上の仮想マシンとしてサーバ上で実行、その結果をネットワーク経由で端末に転送する。

VPN
VPNとは、"Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)”の略で、仮想の専用線による安全なインターネットアクセスを実現する技術を指す。離れている拠点間で同一のセグメントによる通信が可能になるほか、リモートアクセスVPNにより、拠点と離れた場所からでも企業内ネットワークへの通信が可能となる。

ビジネスチャット
ビジネスチャットとは、ネットワークを介したリアルタイムコミュニケーションを実現するチャットツールのうち、ビジネス用途に特化したものを指す。
社内の情報共有やコラボレーションにも役立てられるよう、スケジュール/タスク管理やファイル共有などの機能を搭載する製品・サービスも少なくない。

プロジェクト管理
プロジェクトの目標やスケジュール、プロジェクトチームのタスクを管理するシステムのこと。プロジェクトマネジャーは作業量、作業負荷の可視化、生産性の監視、リソースの最適化など複数のプロジェクト、及びチームとメンバーの状況を追跡して達成度や問題点を分析し、目標に向けた方向修正や改善活動に利用する。

ウェビナーの機能一覧


基本機能

機能 解説
参加登録 参加者はウェビナーへの参加を事前登録でき、ホスト(主催者)は登録者の承認や出席確認などの管理が可能
記録(録画) 終了後に視聴したり、Webサイトへ掲載したりできるよう、ウェビナーを記録できる
アンケート/投票 ウェビナーを実施中にリアルタイムでアンケート/投票を実施
ライブチャット 参加者がチャットを介して相互にリアルタイムでのやりとりを行える
ブランディング 企業ロゴの追加などのカスタマイズ機能により、Webサイトや招待メールなどをブランディングできる
ロールベースのアクセス制御 おのおののリソースやツールに対して、参加者の役割(権限)にもとづいたアクセス制御を適用できる