非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • 情報通信・インターネット
  • 20人未満
まだ発展途上中。でも利用価値あり
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

チャット+社内SNS+ビデオ会議 のような感じのツールです。
チャットは社員とのデータ交換の場としても利用できるのがGood!

改善してほしいポイントは何でしょうか?

だいぶ良くなってきてはいますが、まだ重い感じです(リソースを多く消費)
Web版はもっと動きが重い感じです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社員同士のコミュニケーションツールとして情報交換やデータ交換の場として活用しています。
使う人と使えない人の差が開いているのが課題です。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • プロジェクトマネージャ
  • IT管理者
  • ソフトウェア・SI
  • 100-300人未満
チームコラボレーションのハブとして
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

従来のチャット・オンライン会議に加えて、チーム単位のスレッドでの会話、ファイル共有ができて便利である。また、コンセプトにもあるとおり、チーム単位での気軽な会話に使うことができ、いちいちかしこまったメールでの連絡をする必要がない。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

ファイル共有、外部ユーザ招待などのセキュリティ設計が難しい。管理方針の決定前に勝手にOneDirve for Businessが使われ始めている。また、アドオンが自由に導入できるような利便性は良いポイントである反面、ユーザ主導で進んでしまう環境がIT管理担当としては怖いと思うところがある。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

外部メンバを招待して利用することで、メールのようなかしこまったコミュニケーション以外で外部メンバ(顧客、協力会社)とやり取りができ、無駄なアポイントの調整が減った。

その他の製品

白井 理一朗
  • 株式会社グッドテック
  • 経営・経営企画職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
Office365+αを一つにまとて業務改善ができる
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

Office365との連携が完全なコミュニケーションツールです。Office365グループを土台としたチームで、文字チャットや、ビデオチャット、チャットの録音録画、ファイルのやり取り、Office以外のアプリとの連携が可能です。
Teamsのチームの作り方は、Sharepoint Onlineで新規サイト(これがOffice365グループとなります)を作成し、Sharepoint Online上で、(必要であれば)OneNoteや、Plannerを追加します。その後、Teamsで、「チームを作成」から「既存のチームをテンプレートとしてチームを作成します」で先ほど作成したOffice365グループを選択することでチームを作成する方法をお勧めします。
チームは、チャネルを作成して分けることができます。ただし、参加メンバーはチームごとになります。チャネルに、普段利用するアプリを「タブ」として登録しておくことで、何個もアプリを立ち上げなくても業務を行えます。
また、Web版だけでなく、アプリ版もあり、より快適な操作が可能です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

タブを開いた時の表示速度を改善して欲しいです。タブを切り替えるたびに新しく読み込みするため、読み込みに時間がかかることと、前回作業していた場所が初期化されてしまいます。
より多くのアプリとの連携を進めて欲しいです。現状はWebページタブか、PowerAppsで作成して連携するしかなく、業務で利用するには厳しい場合があります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

Office365を土台としているため、ITスキルが低い事務の方から、開発者の方まで、同じアプリでやり取りができるため、オープンでフラットな関係になります。また、文字チャットであるため、声をかけづらい相手や、ちょっとした疑問などをいつでも聞け、それに対し色々な方が反応できるため、業務のミスが減り、また、時間短縮にもなりました。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

管理者側で用意する場合は、SharepointサイトでOffice365グループのサイトを作成し、Teamsのチームを作成する方法が良いと思います。
閲覧・編集できるメンバーは、チーム単位となりチャネル毎には設定できないため、それを考慮して作成するようにします。
チームの分け方は、人事部門と開発部門でメンバーが異なる場合は、人事部チームと、開発部チーム、さらに全員参加できるチームも作成します。
チーム内のチャネルは、一般チャネル(チーム作成時にデフォルトで作成される)はオープンなものとし、遊びの会話もあれば、使い方の会話などどんなことでもやり取りできるようにします。
プロジェクト(業務)毎に別のチャネルを作成し、プロジェクトの会話をメインとします。他のプロジェクトのメンバーも見えることで、潜在的な問題なども発見されやすくなります。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(その他)
  • ユーザー(利用者)
  • 精密機械
  • 300-1000人未満
これは便利です
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・チームメンバーとの情報共有するには便利。
・コネクターが便利です。
 セキュリティ関連のツイートをフォローしてます。試し・・・程度でやってみたにですが、
 意外と便利です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

デスクトップアプリケーションは・・・メモリ消費が多いと感じます。
起動するまでも、チョット遅いですし。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社長が率先して利用を推進しています。
こういった道具は・・・トップが利用を推進すると社内標準ツールになるのが早い。
プロジェクトチームの情報共有、ドキュメント管理等々が進みました。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

コラボレーションツールは多いですが、動作がモッサリしている部分を除けば・・・
機能的に不満はないです。
Office365を導入しているなら使うべき。

石嶋 浄
  • SBクリエイティブ株式会社
  • 営業・販売・サービス職
  • IT管理者
  • 放送・出版・マスコミ
  • 100-300人未満
Officeとの高い連携性
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

直感的なユーザインタフェースが魅力。Officeのユーザなら15分ぐらいデモを見せれば使えるようになる。boxではExcel共有のファイルサイズで5MBの制限があったが、Teamsならば30MBまで使えるなど制限が少ない。Officeでファイル共有をする場合、本製品を検討しない理由がない。例えばExcelのレガシー共有は、Officeのバージョンアップに従ってだんだんとサポートが打ち切られているので、SharePointか本製品を導入しないとファイル共有は難しくなってきている。このほかOutlookが拡張され、宛先の在席状態がわかるなど細かな拡張がなされる。テレビ会議も可能とslackに対抗しうるサービスになっている

改善してほしいポイントは何でしょうか?

拡張機能の多くが日本語化されておらず、ヘルプ(ボット)が日本語非対応のため、多くのユーザが拡張機能を使いこなせていない。また本製品に限ったことではないが、クラウドにファイルを保管するため、フォルダ構造に慣れたユーザは「ファイルがどこにあるか?」と迷子になる。共有中に派手なエラーを出してTeamsとOfficeが落ちることがあり、共有ファイルが分岐すると逝ったエラーが発生することがあるので、もう少し安定性に力を入れて開発してほしい。また日本語ドキュメントの充実を望みたい

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

各種資料の共有や複数人での同時編集、リモートワーク、今風なチャットによるコミュニケーションによる風通しの良さ。上下関係の厳しい組織だとチャットは使わない方がいいかもしれない