熊谷 洋一
  • 株式会社イノーバ
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • その他
  • 20-50人未満
社内コミュニケーションの見える化
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

登録された社員メンバーとSNS感覚でコミュニケーションが図れます。
コメントとともにポイント(給与に反映される)も送れるので、業務上のミーティングや会議の場とは違った、カジュアルなやり取りが可能です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

改善というほどではないのですが、アクティブ度合いが見えやすいランキング(コメントや拍手〇位、とか)があると盛り上がりそう。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

40名程度の会社ですが、部署をまたいだ業務があまりなく、顔は知っているが何の仕事をしているのかわからない状況でした。Uniposのやり取りをみて、他部署メンバーの仕事の理解もすすみ、人間性も見えるので、コミュニケーションの面で非常に効果はあるのかと思います。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

社員同士の連携を強めたいと思っている企業にとっては良いツールではないかと思います。

Yamasaki Kunito
  • 株式会社マイベスト
  • 会計・経理
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 50-100人未満
社内のコミュニケーションが活性化します
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

slackと連携していて誰が投稿したか簡単にわかります。
称賛を送り合う文化ができやすくなると思います。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

自己紹介機能があるのに、社員全員のが一覧で見れないのが残念です。
ぜひ一覧で見れるようにしてほしいです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

周りが何をやっているか分かりづらいときも、Uniposで誰がどんなことをやったかわかって、会社全体の一体感がでてきます。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

30人くらいを超えて、隣の人がなにやっているかわかりにくくなってきたら入れるのを検討してもいいと思います。

その他の製品

user
  • 株式会社リンクアンドモチベーション
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • 経営コンサルティング
  • 100-300人未満
社内でのコミュニケーション促進。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

チーム内同士の感謝や謝罪などのコミュニケーション促進を図る。ポイントをもらって、それを送り合うというシステムがいい。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

スマホでの使用の際に、送る人を検索する画面で、送る人の一覧を出してほしい。検索ではなく選択の方が楽。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

コミュニケーション促進によるチーム内での関係性の強化。また大事にしたい行動指針の浸透にもハッシュタグにより促進。

user
  • Retty株式会社
  • 開発
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 100-300人未満
社内コミュニケーションを活性化してくれるツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

社内のメンバーに対して軽いインセンティブが送れるツール。直接言うのはちょっと気が引けるけど、、みたいなときにアプリやSlackで感謝の気持ちとともに送ることができる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

ユーザーページの項目が増えるなど、自己表現ができる領域が増えると、みんなもっとハマってくれる気がします。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内のコミュニケーションが活性化しました。スタッフへの感謝の気持ちも伝えやすく、ポジティブな循環が生まれました。また、他メンバーからの評価が可視化されるので、メンバーへのフィードバックや評価などのマネジメントにも活用できます。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 300-1000人未満
社内活性化に繋がっています。
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

業務内で感謝をしたい際にポイントを送り合える、社員数が増えると埋もれてしまいがちな感謝も社内でアピールできる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

今のところ運営会社さんに改善して欲しいポイントは思いつきませんが、業務に関係ないことでもポイントを送りあっていることがたまにあるので、活用ルールを人事が定めた上で利用を開始すべきであると思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

使い始めは「感謝すること」が社内に公開されることに抵抗を感じましたが、
普段あまり知る機会がなかった感謝すべきことにも気づかされるので、いいきっかけになっています。
初めて話す社員の方に少し手伝ってもらった際など、
感謝の気持ちとポイントを送ることで、コミュニケーション活性化にも繋がっています。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 宣伝・マーケティング
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 50-100人未満
社内のありがとうを可視化し称え合う文化を形成できます
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

普段はあまり話題に出ないが、〜さんはチームのためにこんな素晴らしいことをしてくれていますなど、埋もれがちな賞賛したい働きや行動を、
組織的に共有しそれを称え合う文化を形成できる点です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

サービス自体の課題ではないですが、導入して称え合う文化を作って終わりではなく、サービスを使う側が継続して実践をしていく必要があるので、
組織単位での協力が必要になります。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内に称え合い、お礼を言い合う文化が形成できました。
また自分が知らなかった、他部署の方の賞賛に値する行動などを知ることができ、それをきっかけに会話が生まれたりと、
社内のコミュニケーションの活性化を実感しています。

user
  • Retty株式会社
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 100-300人未満
社内のマイクロタスクを可視化するサービス
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・個人目標などに関する大きなタスクのみならず、普段の小さなタスクに対してインセンティブとともに感謝を伝えることができる
・他部署で活躍している個人がわかりやすくなり、マイクロなタスクがライトアップされる

改善してほしいポイントは何でしょうか?

ほとんどないですが、
・プロフィール機能が充実するとより、他者を知る機会になるかもしれない
・週次の社内ランキングなどが見えるとよりいいかもしれない

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

・誰でも感謝の気持ちを伝えやすくなり、それが循環することでよりポジティブな雰囲気が社内に流れるようになった
・普段関わらない人がどういう業務をしているかわかりやすくなった

石間 美紀
  • ログリー株式会社
  • 人事・教育職
  • ユーザー(利用者)
  • 情報通信・インターネット
  • 20-50人未満
社内コミュニケーションが活性化されます!
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

2018年の9月くらいから利用しており、まだ半年も経過していませんが社内のメンバーに気軽に「ありがとう」が言えるコミュニケーションツールですので、Uniposのポイントが切れてしまう金曜日には感謝のメッセージで溢れかえるSlackをみると温かい気持ちになります。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

スマホから投稿がPCのブラウザ画面と同じになるので、操作しづらいです(私個人の場合かも知れません)
基本的に社内にいるときPCを開いて投稿しております。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

普段見えない部分で頑張っているメンバーに対し、周りのメンバーがUniposを通じてトークンエコノミー(ポイント)を送れるシステムなので、
なかなか成果のアウトプットが見えにくい業務担当者個人のモチベーションアップにも繋がっていると思います。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

元々社員同士のコミュニケーションが低すぎる会社ですと、導入しても浸透が難しいのかもしれません。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他専門職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
良いサービス
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・気軽に他の部門やチームメンバーに感謝を伝えることができる
・成果給として支給されるものの、いやらしくないギリギリのラインでピアボーナスが設定されている
・メールでお知らせしてくれるため、サービスにアクセスしていなくとも自身に称賛があったことを把握できる

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・グループ全員に対して感謝を示したい時に、グループ設定したい
・画像や動画で、感謝の瞬間を共有できるようにしたい
・プロフィールを見られるようにするなど、従業員の情報をよりわかりやすくすると更なるコミュニケーションにつながりそう

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

過去、別サービスを利用して、社員の良いところや、Missionに対して貢献度の高い動きをフィードバックする文化があった。
が、社員数が300名を超えたくらいから、投稿にムラが出たり、メンバー同士のつながりが希薄になった、という声が挙がるように。
Uniposが導入されたことで、これらの動きがオープンに、いやらしくなく、手軽にできるようになった。
結果的に、何か感謝したいことをされた時に「Uniposしとくね!」というような笑い話からコミュニケーションを円滑にすることができるようになった。