オンボーディング・デジタルアダプションとは

オンボーディング(onboarding)とは組織やサービスに新たに加入したメンバー、ユーザーに対して、サポート支援を行い、より早い定着化を図る活動を指す。

オンボーディング活動は主に、
・人事担当が、新入社員に仕事の進め方やルール・文化など、いち早く慣れさせるための教育プログラム
・ソフトウェアやサービスにおいて、ユーザーがいち早く使い方に慣れ、習慣化できるためのチュートリアルや、理解を深めるコンテンツの提示
の二つに分けられ、このようなユーザーへのデジタルツールの定着支援はデジタルアダプション(Digital Adoption)ともよばれる。

特に昨今、サブスクリプション型のツール・サービスが増えてきていることから、ユーザーの解約を防ぐためにも、このオンボーディング活動やデジタルアダプションが極めて重要である。

またオンボーディング活動やデジタルアダプションをシステムが促進、自動化してくれるオンボーディングツール、デジタルアダプションツールが存在する。ツールを導入することで、自社サービスにおけるクライアントのツール活用状況を把握し、自動的にページ上にガイダンスを表示させたり、作業を自動化することなども可能となる。これによりユーザーの満足度を高め、解約率防止につながる。もちろん、対クライアント向けだけでなく、自社内の社員に向けて活用することも可能。


オンボーディング・デジタルアダプションの機能一覧


基本機能

機能 解説
ナビゲーションの作成・表示 企業ITの操作の定着化のために、システムを操作する際に、画面上に操作方法を順に表示する「ガイド」や、入力箇所にカーソルを重ね合わせた際に入力ルールをポップアップ表示で簡単に説明する「ツールチップ」などのナビゲーションをノーコードで作成・リアルタイム表示できるデジタルアダプションツールがある
IT活用の分析 ITの利用状況、定着化スコアなどが分析でき、それぞれの状況に応じたチュートリアルを提供できるツールがある
カスタマーサクセス支援 SaaSのオンボーディングにおいて「カスタマーヘルスに応じた自動サポート」や、「顧客のSaaS利用状況や設定状況の進捗管理」などの一連の業務を行い、詳細な分析や工数削減、対応範囲の拡大などが実現し、カスタマーサクセス業務の効率化が可能なツールがある


オンボーディング・デジタルアダプションの基礎知識

オンボーディング(onboarding)とは組織やサービスに新たに加入したメンバー、ユーザーに対して、サポート支援を行い、より早い定着化を図る活動を指す。

オンボーディング活動は主に、
・人事担当が、新入社員に仕事の進め方やルール・文化など、いち早く慣れさせるための教育プログラム
・ソフトウェアやサービスにおいて、ユーザーがいち早く使い方に慣れ、習慣化できるためのチュートリアルや、理解を深めるコンテンツの提示
の二つに分けられ、このようなユーザーへのデジタルツールの定着支援はデジタルアダプション(Digital Adoption)ともよばれる。

特に昨今、サブスクリプション型のツール・サービスが増えてきていることから、ユーザーの解約を防ぐためにも、このオンボーディング活動やデジタルアダプションが極めて重要である。

またオンボーディング活動やデジタルアダプションをシステムが促進、自動化してくれるオンボーディングツール、デジタルアダプションツールが存在する。ツールを導入することで、自社サービスにおけるクライアントのツール活用状況を把握し、自動的にページ上にガイダンスを表示させたり、作業を自動化することなども可能となる。これによりユーザーの満足度を高め、解約率防止につながる。もちろん、対クライアント向けだけでなく、自社内の社員に向けて活用することも可能。


オンボーディング・デジタルアダプションの機能一覧


基本機能

機能 解説
ナビゲーションの作成・表示 企業ITの操作の定着化のために、システムを操作する際に、画面上に操作方法を順に表示する「ガイド」や、入力箇所にカーソルを重ね合わせた際に入力ルールをポップアップ表示で簡単に説明する「ツールチップ」などのナビゲーションをノーコードで作成・リアルタイム表示できるデジタルアダプションツールがある
IT活用の分析 ITの利用状況、定着化スコアなどが分析でき、それぞれの状況に応じたチュートリアルを提供できるツールがある
カスタマーサクセス支援 SaaSのオンボーディングにおいて「カスタマーヘルスに応じた自動サポート」や、「顧客のSaaS利用状況や設定状況の進捗管理」などの一連の業務を行い、詳細な分析や工数削減、対応範囲の拡大などが実現し、カスタマーサクセス業務の効率化が可能なツールがある